スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
17日の宇土市議会での私の一般質問を何回かに分けて公開します。(1回目)
17日の宇土市議会での私の一般質問を何回かに分けて公開します。(1回目)
(藤井の質問)                      
本年3月15日に安倍総理がTPP協定交渉に参加することを表明し、4月12日、TPP協定交渉参加に向けた日米協議に合意しました。
TPPは、原則として関税を全て撤廃することとされており、我が国の農林水産業や農山漁村に深刻な打撃を与え、食糧自給率の低下や地域経済・社会の崩壊を招くと共に国土を保全する多面的機能も維持できなくなる恐れもあります。
また、食の安全・安心が脅かされるなど国民生活にも重大な影響を与えることが懸念されるのであります。
私は、先月28日の夜、福岡市で開催された「TPPを考える国民会議」のフォーラムに参加しました。この会の代表世話人は、元日本医師会会長の原中勝征先生、副代表世話人が、元農林水産大臣、長崎県出身の山田正彦弁護士であります。
この日、講演された、ニュージーランドから来日された、オークランド大学のジェーン・ケルシ―教授、アメリカのローリーワラック弁護士、韓国の金弁護士は、それぞれTPP参加による様々な弊害を解説されました。
① TPPは、アメリカが自国の利益の為に創った。「貿易協定」に名を借りた覇権政策である。
② アメリカが中国の経済大国化と影響力を抑え、軍事的、経済的優位に立ち影響力を保つ為。
③ ISDS条項(投資家対国家間紛争解決条項・投資家保護条項)による主権の侵害。
これによって、遺伝子組み換え作物やBSE「狂牛病」等の輸入制限や「表示」することが出来なくなる。従って、国民は選別することが難しくなる。海外企業の進出を制限することも出来なくなる。
韓国の金弁護士の話では、韓国は、米韓FTA(自由貿易協定)を締結して1年になるが160もの国内法を変えさせられた。国、地方公共団体の公共政策がISDS条項に違反しないようにしなければ損害賠償を請求される。
(例)大型店出店規制が訴えられて敗訴し賠償金を払わされた上に「規制法」を変更させられた。
(韓国国会)FTAに反対する議員が国会内で催涙弾を投げつけた。その時、「賛成した議員は、これから韓国の国民が流すことになる多くの涙を自ら流すべきだ」と言ったそうであります。

TPPへの我が国の参加については、アメリカ国内では「日本は、これまでTPP参加国で協議された内容については無条件で受け入れる」と安倍総理が表明したと伝えられております。
ここに、15日の熊本日日新聞にJAグループが出していた「TPPに反対する」という広告があります。「反対です」と言っておられるのですが、当のTPP参加国の中では「日本は無条件で参加すると安倍総理が表明した」と言っていますから、特例品目も何もないのだと思います。
このまま、TPPに参加しますと遺伝子組み換え食品やアメリカのポストハーベストを施された果物が大量に入ってくることは間違いありませんし、我が国の農業が壊滅的な被害を受けることは間違いありません。
そういう観点から、特に本市の農林水産業をどう守っていくかについて現時点で考えておられることをお聞かせいただきたいと思います。経済部長よろしくお願いします。
(答弁・経済部長)
今年3月15日安倍総理がTPP協定交渉に参加することを表明されました。
参加国との事前交渉の結果,全参加国が日本の参加を了承していることは御存知のとおりでございます。
国は,今年の7月から交渉会合に参加見込みであると報道等で承知していますが,交渉の結果がどのような形になるかは,今のところまったく不明な状況であります。
藤井議員の御指摘のとおり,農業,漁業分野の影響について,関税が撤廃となりますと,参加国から安価な農水産物が流入することや,海外の安価な商品が流入することでデフレを引き起す可能性などの多くの懸念材料があります。
また,楽観的な見方ではございますが,米などの重要品目については,聖域として例外扱いにすると聞きおよんでおります。今のところは,具体的な情報開示がないことから,出来る限り情報収集に努めるとともにTPP交渉の推移を注視してまいりたいと思います。
スポンサーサイト
【2013/06/19 09:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<17日の宇土市議会での私の一般質問を公開します(2回目) | ホーム | 時局講演会のお知らせです。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1516-d11672df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。