松野信夫参議院議員宇城地区国政報告会
 皆さん、おはようございます。昨夜は、宇土市民会館で宇城地区の松野信夫参議院議員の国政報告会を開催されました。600名を超える市民が参加していただきました。
 開会の挨拶を野口宇土市議、主催者挨拶を宇城地区選対本部長の高木県南クリニックの高木先生、ご支援のお願いを民主党選対本部長の加藤参議院議員、連帯の挨拶を宇城市選出の鬼海県議、中山宇城市議、そして私が致しました。
 また、元松宇土市長からも祝辞が届けられました。
挨拶の内容については。事前に中山市議がTPP関連、私が憲法関連について話すことを決めておりました。私の挨拶を公開します。勿論、原稿は見ないで話しましたのでいくらか違う部分があることを御断り致します。

「皆様、こんばんは、只今ご紹介をいただきました宇土市議会議員の藤井です。月日が経つのは早いもので、6年前の参議院議員選挙でも松野信夫先生の人格、徳坊、お人柄に魅かれて全力を挙げて応援したことを遂昨日のことのように思い出します。
 さて、皆さん参議院は「良識の府」と言われますが、私もつくづくそう思います。
 今年の憲法記念日だったと思いますが、安倍総理と自民党の石破幹事長が自衛隊の戦車に戦闘帽を被って記念写真を撮っているのを見ました。また、安倍総理がプロ野球読売巨人軍の終身名誉監督の長島さんと松井選手の国民栄誉賞授与式を政治的に利用した時に着たユニフォームに96の番号、つまり、憲法の改定発議条項の番号を付けていたこと、そして、ブルーインパルスの戦闘機に乗った写真では、戦闘機の番号が731でありました。この731と言うのは、我が国が中国に派遣していた関東軍第731部隊、中国人に対する化学兵器や細菌兵器の生体実験を行い、生体解剖など人道的に許されないことをやって来た「悪魔の731部隊」と呼ばれた部隊の番号でありました。これらの安倍総理の行動には各方面から批判の声が挙がりましたが、私もこれが総理大臣することか常識的に考えて、決して許せない行為だと強い憤りを感じたものです。
 自民党の憲法草案を見ると恐ろしさを感じます。そもそも、憲法は国民の基本的人権を保障し、国家の権力の乱用を防止するものでありますが、自民党の草案は、国民の権利を制限し国家権力行使を容易にしようとするもので正反対で異質なものであります。
 昨年12月の衆議院選挙で僅か16パーセントの得票率の自民党が圧倒的多数を取ってしまいました。小選挙区比例代表制の衆議院選挙は、選挙制度の弊害で極端な結果が出るものであります。もし、今度の参議院議員選挙与党を勝たせてしまったら憲法9条が改定されて戦争をする国になってしまうかもしれません。国民の権利が著しく制限されてとんでもない国になってしまうかもしれません。なんとしても、それは防がなくてはなりません。
 その点でも、今回の参議院議員選挙は極めて重要な選挙であります。
 私達の子供や孫たちが住み難い国になってしまうかもしれません。それは、絶対に防がなければならないと思います。
皆さん、良識の府としての参議院議員には誰が相応しいか、自から明らかだと思います。
 良識的で庶民派、頭は低く希望は高い、常に市民目線の弁護士・松野信夫先生こそ熊本から送り出すべき参議院議員だと思います。皆さん、厳しい戦いではありますが、県民の良識を信じて最後の最後まで戦い抜きましょう。
 私や宇土市議会の同志も共に闘っていくことを御誓いし連帯の挨拶と致します。
有難うございました。」

スポンサーサイト
【2013/06/16 08:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<時局講演会のお知らせです。 | ホーム | 菊池恵楓園へ父の日の薔薇プレゼント>>
コメント
国民栄誉賞授与式での背番号96は、お説の通り、憲法96条の改正をアピールするものだったと思います。しかし、戦闘機の番号731については、ちがうように思います。
731部隊は、戦前の日本軍とはいえ日本の恥部です。日本の総理としては、隠しておきたいこと、できるだけ表ざたにしたくないことです。その隠しておきたい番号をわざわざ使うはずがありません。731の戦闘機を使ったこと自体、総理の念頭には、731部隊がなかったことの証明です。
戦闘機731は、偶然だと思います。総理は用意された戦闘機に乗っただけで何の意図もなかったと考えるのが自然です。ふつうタクシーや電車に乗るとき、車体番号まではチェックしませんね。
この、安倍総理に対する非難は、《坊主憎けりゃ袈裟まで憎し》の類ではなかろうかと、カレエダには思われます。
【2013/07/08 16:05】 URL | カレエダ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1514-1a8a0350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる