スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
放射能汚染の実態・・・福島から
20日ほど前、福島市内で寺の住職をしている友人が熊本に来まし​た。
 彼の話によると、ガイガーカウンターを常時携帯しており、​常に放射能を計則しながら歩くそうです。 
 雨水が溜ったところ、落ち葉が重なったところほど放射能汚染が​酷く、警報音が鳴り響くそうです。 そういう危険性の高いところ​を避けて歩くと言うことです。
 彼は、自分も既に食物や飲み物によって内部被ばくしている。
勿論、外部被ばくもしていると言っておりました。 
 落ち葉も焼却することによって5倍程度濃度があがるから燃やせ​ない。
貯めていてもそこの濃度は高いまま・・・。
どうしようもない状況だそうです。 
 政府は「除染する」と言っているが雨が降り、風が吹けばまた放​射能汚染が広がっていく。
これが放射能汚染の現実なんです。 
 大飯原発で事故があり放射能漏れが起きたら関西地方から関東地​方まで間違いなく汚染されこの国の経済も人々の生活も半分は死ぬ​のです。
スポンサーサイト
【2012/07/02 14:26】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(4)
<<福嶋健一郎氏を支持します。 | ホーム | 天木直人氏のブログ・・・読んでいただきたい。>>
コメント
先生としては原発がなくなった分の電力はどうやって補うべきだと考えられていますか?
【2012/07/02 20:43】 URL | #-[ 編集]
 風力や潮力、地熱、ソーラーなどの自然エネルギーによる発電施設の建設を急ぐべきです。
 また、火力発電に使う天然ガス田も新しく発見されたと報道されていますが原子力に頼らない発電に転換すべきだと思います。
 私は、10年前に本堂の屋根にソーラー発電機(3キロワット)を設置しました。
 原子力は、一度建設したら後の管理、廃炉にするのにも莫大な経費と時間を要します。
 一度、大事故を起こしたら取り返しがつかないことになります。そのことは、福島第一原発、チェルノブイリ原発事故で証明済みです。
 また、人間一人ひとりの価値観の転換により生活を見直し省エネルギー社会に転換しなければなりません。既に、貧富の格差が拡大し貧しい生活をしなければならない人達は、否応なしに慎ましい生活をしなければならなくなってきます。金が有る無しに拘わらず生活をも直すことも大切だと思います。
 
【2012/07/02 23:33】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
そうですね
私もなるべく風力等の自然エネルギーで補い、電力が足りない分は火力で補ったりするのがベストかなと思います
ただ現状、太陽光や風力発電、特に太陽光発電は設置や開発にかかるコストが高すぎて発電効率も悪く、開発にかかる電力より発電出来るかも微妙だと、ある大学教授が言ってました。発電効率に関してはたった1~2%上げるだけでも太陽光発電研究者の中ではかなり画期的なことだそうです。また蓄電も出来ないため、太陽が出てない間は他の所から電気を持ってくるか、別の発電に頼らないといけないそうです
また、寿命も早く維持管理コストも莫大だと

現実的に大規模にかつ安定的、長期的に発電できる発電方法としては火力か原子力しか無いことは念頭に入れて置かないといけないなと思います

結局は自然エネルギーで発電量の大部分を補うとなった場合、発電効率が悪く送電網の整備等の設備投資で電気料金は現状の数倍に跳ね上がり、それで経済が萎縮する事がわかった上でも原発事故のリスクのためにそれを許容出来るかどうかですよね。特に太陽光で大規模発電するとなった場合、費用対効果の面で現実的にはかなり厳しいと。

私は最初に言ったように、地震大国日本において、事故が起こった場合には我々の手に負いない甚大な被害をもたらすような原発は極力減らして欲しいし、なるべく自然エネルギーで補いつつ、足りない電力は火力で補えばいいと思います。
【2012/07/03 01:46】 URL | #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
原発は。燃料コストだけが安いのであって、建設コスト、事故が起きた時の賠償金、賠償金では済まない取り返しのつかない事態を招きます。
 また、廃炉にするとしても管理する為の経費、解体する方法がありません。使用済み核燃料の処理についてもまだ解決方法がないのが現実です。
 つまり、原発というのは、未完成な発電設備なんですね。それを「どうにかなるだろう」とい見切り発車で52基も造ってしまった。
 元々、造ってはならないものだったと思います。
 原発利権に群がる一部の人達にとっては手放すことのできない錬金術何だと思います。
【2012/07/03 08:15】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1357-dfce0edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【放射能汚染の実態・・・福島から】
20日ほど前、福島市内で寺の住職をしている友人が熊本に来まし​た。 彼の話によると、ガイガーカウンターを常時携帯しており、​常に放射能を計則しながら歩くそうです。    まとめwoネタ速neo【2012/07/05 00:56】


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。