スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
被災地の瓦礫処理で放射能の拡散をして国を滅ぼしてはならない。
 被災地の瓦礫処理を前提とした北九州市の試験焼却の為の瓦礫の搬入を阻止しようとしている人達の中から2人の逮捕者が出たと報道されています。
 この問題、どちらに正義があるのでしょうか?
 国の緩い規制値1kg当たり100ベクレル以下と言っても1トンになれば10万ベクレル、100トンでは、1千万ベクレルというように焼却すればするほど蓄積されていくのが放射能汚染です。
 焼却場のバグフィルターでは放射能の放出を止めることはできません。
 瓦礫処理の問題は、決して「人情論」で語ってはならないと思います。 

 瓦礫の広域処理は、放射能汚染を拡大することに他ならないのです。
放射能で汚染された国土で健康な生活を続けることは困難だと言えます。
子供達に、これから生まれて来る子供達に放射能汚染を引き起こしてから何と言って詫びればよいのでしょうか?
 詫びて済む問題ではないのです。

 被災地の復興は、国全体で考えなければならない問題でありますが、瓦礫処理は「放射能汚染を絶対に引き起こさない」という観点から考えるべきです。
 政府と東電は、「福島第一原発の爆発事故によって汚染された地域には戻れない」とはっきり宣言して移住地を提供し住宅の提供や生活保障をすべきだと思います。
 例えば、全国にある過疎地帯に町ごと移住させるのです。
 汚染地域に住民を帰還させることは、住民を「安全だ」と欺き、「被爆者」を生み、不幸に落し込むことに他なりません。
 汚染瓦礫こそ、汚染地域に集積して拡散を防ぐべきだと思います。

 水俣病問題でも、特措法で7月末で申請を打ち切り水俣病問題を終わらせようという姑息な意図が見え見えです。
 今、天草の人々や水俣、芦北地方の山手の住民が水俣病の症状を訴え申請しています。
魚は海を回遊します。決して水俣の海にだけじっとしている訳ではありません。
 山手の人達は、水俣で取れた魚を買って食べた人達です。

 瓦礫の広域処理は、放射能汚染を拡散することであり被災地でない地域まで「被災地」にしてしまうことだと言うことを政治家はしっかりと考えるべきです。

(追記)
静岡県島田市が被災地の瓦礫処理を実施して二つの小学校が放射能で汚染されました。

島田市の放射能汚染
スポンサーサイト
【2012/05/22 23:17】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
<<親思う心に優る親心・・・涙が止まらない | ホーム | 月曜坐禅会講話「坐禅と病」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1342-f87f137f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【被災地の瓦礫処理で放射能の拡散をして国を滅ぼしてはならない。】
 被災地の瓦礫処理を前提とした北九州市の試験焼却の為の瓦礫の搬入を阻止しようとしている人達の中から2人の逮捕者が出たと報道されています。 この問題、どちらに正義があるの... まとめwoネタ速neo【2012/05/23 04:35】


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。