蛮行に及ぶ北朝鮮は恐喝目的の脅し
 親子三代で一国を牛耳り、国民を飢餓状態に追い込んでも平気の平左衛門の狂った指導者金正日。
韓国の民間人の住宅地にまで砲弾を打ち込むという蛮行は決して許せるものではありません。

 北朝鮮の目的は、アメリカや日本、韓国に対して揺さぶりを掛けて経済支援を取り付けようと言うことでしょう。当に、暴力団の恐喝と同じです。

 これまでも、核施設を造っては経済支援を獲得してきました。
今回もまた北朝鮮の要求を受け入れれば、これからも同じことを繰り返します。
 
 腐った指導者の国北朝鮮・・・この国は、内部からの反乱が起きるか、イラクやアフガンのように武力侵略して権力者を倒すしかないのかもしれません。
 戦争は、避けたいものです。
 一番良いのは、北朝鮮国内の正義感に目覚めた集団が内乱を起こしてくれることです。

 
スポンサーサイト
【2010/11/23 23:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<司法修習生の給費制一年継続が決定(28日追記) | ホーム | どこまで●●なの?柳田前法務大臣・・・そして○缶>>
コメント
今回の事件は、核カードとあわせて脅威を印象付けることによって、交渉のテーブルにつかせようとしている、といわれています。これまでも韓国哨戒艦撃沈事件、海上での銃撃戦等もあって、北朝鮮はこれまでの延長線上に考えているのかもしれませんね。
しかし、これまでのような軍人同士の銃撃戦や戦闘とは、今回の事件は違うように思います。
非軍人の民間人が巻き込まれ、島民の避難等が生々しく行われ、また島民がとったビデオ映像などが、世界中のテレビで流れ、
日本のワイドショーまで生々しい映像を流しています。
世論に対するインパクトは、哨戒艦撃沈とは段違いだと思います。
今後の韓国国内の世論、世界の世論に大きな影響を与えるでしょう。
北朝鮮は世界有数の強権的な軍事独裁国家なので、民主主義国の民意を見誤る可能性が高いかもしれません。
北朝鮮の戦略は、今回はうまくいかない可能性もありますね。
これまで日米韓側は、北朝鮮に譲歩してはうまい汁を吸われ、北朝鮮からはこれといった譲歩を引き出してきませんでした。
北朝鮮が従来の延長線上に安易に考えているとすれば、事態は悪い方向に進んでしまうかもしれませんね。
北朝鮮の安易な逆ギレ戦略のエスカレーションは、朝鮮半島の人たちと日本に不幸な結果を招く可能性も有ります。
日本政府としても、我々日本国民にとって注視すべき、最重要テーマになってきました。
【2010/11/24 21:36】 URL | 市を、国を憂う、国民新党支持者 #-[ 編集]
 同感です。
案外、北朝鮮内部でも民間人の犠牲者を出したことで計算違いがあったかもしれません。
 今回ばかりは、韓国も米国も我が国も譲歩することはできないですね。
【2010/11/25 00:26】 URL | 藤井慶峰 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1084-1cc1550f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる