FC2ブログ
いのちを語る⑮脱走・・・そして殺人犯に
 菊池恵楓園内に設けられた刑務支所に無実の罪で収容されていたBさんは、実家に残してきた幼い娘さんのことや母親のことが心配でなりませんでした。彼の手記によると、この娘さんは、恋愛結婚した最初の妻との間にできた子であり、妻子を愛していたそうです。ところが、妻の家族がBさん一家の貧しさを疎み無理やり引き裂くように別れさせたのだそうです。別れさせられた後もこの妻とは度々会っていたそうです。
 昭和27年6月16日の朝、洗濯中に、我が子に会いたい、家族に会いたい一心で開いていた裏木戸から抜け出したのです。しかし、看守はハンセン病患者には近寄りたくなかったのでしょう。追いかけて来なかったそうです。
 我が家の近くに行くと、警察の厳しい警戒が敷かれ、家に近付く事はできませんでしたが「可愛い我が子と母に会うまでは捕まってなるものかと」頑張りました。
 そして、7月7日、開墾問題(注①)の会議に出かけたAさんが山道で惨殺体で発見される事件が発生しました。Bさんの手記によると逃げ迷っていたのでこの事件のことは全く知らなかったということです。
 この殺人事件が、「逃走中のBが恨みで殺したのに違いない」という憶測が警察や村人達の心の中に広がって行きました。
 何も知らないBさんは、12日の朝、自宅から100メートルほど離れた畑の小屋の中に身を潜め家に近付く機会を狙っていた時に警察官に発見され包囲されてしまいました。村人達も集まってきて、母や弟、妹の青ざめた顔もありました。Bさんは夢中で小屋を出ると崖を飛び降りて畑の中を逃げました。
「あにさん、あにさーん」と言う妹の声が聞こえたのと同時に「パンパーン」と銃声が聞こえ、右ひじに激痛が走ってもんどりうって倒れました。警察官は、彼の体には触れないように手錠をかけたそうです。
 包囲された状況の中で、しかも、何の凶器も持っていない人間に対してその体に向けて拳銃を発砲する。こんなことが許されるのでしょうか?ここにも「らい患者は殺しても良い」という偏見と差別意識が働いていたと思います。
(注①)開墾問題
 戦後、山林解放の時のこと、部落外の人間に土地を取られるよりは、開墾適地として申請し、部落が増反許可を出して、部落中に土地を配分した方が良いというAさんの呼びかけで、山持ちの家は皆、開墾適地の申請をした。しかし、増反が認められたのはAさんただ一人だった。
結局、他の人達は土地を失うことになりAさんだけが得をすることになった。その為、Aさんは他の人達から恨みをかう事になった。
 殺された当日は、この問題で会議が開かれAさんは、他の人達から責任を追及され土地を分配するよう迫られたが拒否した為に決裂した。
スポンサーサイト



【2007/02/10 02:07】 | ハンセン病 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いのちを語る⑯いのちはこうして裁かれた | ホーム | いのちを語る⑭社会的背景「無らい県運動」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/108-b25d75e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる