スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
自殺防止ネットワーク風の会議
 今月4日の午後1時から5時半まで東京港区芝の東京グランドホテルで自殺防止ネットワーク風の会議が開催されました。
 昨年の会議から1年で全国の相談所も47(ハワイ1ケ所)に増え、キリスト教や天理教の先生方も加わって相談者にとっては受け皿が増えて良い傾向にあると思います。
 しかし、こういう相談所が多忙になることは決して好ましいことではありません。
でも、やっぱり必要なのです。

 自殺する人は、必ず信号を出しています。
 誰かに気付いて欲しいという何らかのメッセージを発しているものです。
言わば「救い」を求めていると言えます。その信号を誰も受け止めてくれなかった時、決行してしまうのです。

 私達、自殺防止ネットワーク風の相談員は、その信号を受けとめるべく24時間アンテナを広げているのです。

 群馬県桐生市の小学6年生の女の子が自殺した事件について、たった今報道ステーションで報道がありました。
学校側の調査報告では「いじめはあったと認められる」しかし「それが自殺の原因だとは把握できなかった」というものです。こう発表する校長の目は責任逃れをしようとする男の目でした。
 この事件が私の町で起きた事件であるならば、この校長に向かって「自分の本当の気持ちを言ったらどうか。ひとりの人間として正直に話したらどうか」と文教厚生委員会に所属する市議会議員として厳しく叱責すると思います。
 いじめはどんな理由があろうと許してはならないのです。自殺した女の子が仲間外しにされ、無視され、いじめられてどんなに辛い思いをしていたのか、教師たるものが、まして、校長たるものが自己防衛のために「嘘」をつくとは「恥を知れ」と言いたいです。こんな教師がいるから学校でいじめはなくならないのです。

 自殺防止ネットワーク風のメンバーは、自ら関わった人を絶対に死なせないという固い決意で頑張っています。もし死なせてしまったら、自らの無力さと無念の思いで悲嘆にくれるでしょうし、その責任を背負って行く覚悟を持っています。
 従って、この校長のような言い訳はしません。
桐生市の小六女児自殺
スポンサーサイト
【2010/11/08 22:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<九州49院薬師霊場会年次大祭・・・大分県別府市 | ホーム | 司法修習生の厳しい現実・・・やはり「給費制度」維持すべき>>
コメント
人間関係の難しいこの時代、究極の悩みを持ちながら生きている人は多数。

こんな時代に自殺防止ネットワーク・風の存在価値は相当なもの。
藤井老師のご活躍の程お察し申し上げております。

また、ほかの相談員のアドバイスに因り生きる希望を見出し自殺を思い留まった人も多数かと。

藤井老師の仰るように、
相談窓口が多忙になることは決して喜ばしいことではありませんが、
悩める人に温かい手を差し伸べられる機関があるということは安心の構えですね。


さて、群馬県桐生市小学6年女子自殺の件ですが
祭壇がまつられていた部屋には、力強い筆跡の書道や巧みな絵がお供えされており、
どうしてこんなに能力のある子が・・・
と 備わった能力も生かされずに生涯を閉じたことに無念の思いでいっぱいでした。

イジメの原因にも繋がるような作文が公開された時には
そのイジメの辛さに耐え切れず、どんな思いで自らの命を絶って行ったのかと思うと
目頭があつくなりました。

それにいたしましても
学校側の対応には些か憤りを感じました。

此の場に及んでまだ!!!・・・そんな思いで学校長の責任逃れ説明を聞いておりましたが、
体裁を繕う言い訳はほどほどに。  
自ら命を絶った上村明子さんの冥福を心から祈っていたのなら
あのような曖昧な説明は出来ないのではないでしょうか???
校長自ら、命の尊厳を放棄していることに繋がると思いますが。

明子さんを勇気付ける指導は勿論ですが、
イジメをしている児童についても厳しく指導がなされていたならば、
結果は違っていたのではないかと教師の指導力の無さが無念でなりません。

最近「人権」という言葉をよく耳にいたしますが、
イジメは人の命を奪う、生きる権利を剥奪する程の陰湿さがあり、
究極の「人権侵害」と言えますね?
言葉は鋭いナイフ!!

イジメ側に対し子供とはいえ厳しく指導し対処することは、今後の再発防止に繋がり
明子さんへのせめてもの償いになるのではないかと思いますが如何でしょうか?


ここで悩める人たちに励ましの言葉をお届けいたいと思います。

「この世で 最大の不幸は 病や貧しさではなく
   誰からも 必要とされていないと 感じることです」  ~マザーテレサ~

【2010/11/09 22:51】 URL | 妙昌 #-[ 編集]
法泉寺の和尚さんは相変わらず尊い活動をされていますね。感じ入っております。
【2010/11/10 00:01】 URL | カレエダ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keihoh.blog58.fc2.com/tb.php/1074-0d0bc60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。