FC2ブログ
ガソリンを使った凄惨な放火殺人事件に深い悲しみと強い怒りを覚えます。
 18日、京都市でビルの事務所内にガソリンを撒いて放火するというとんでもない放火大量殺人事件が起きました。
放火された会社は、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区にあるスタジオで70人の従業員が働いていたそうで、約半数の33人が亡くなり、他の殆どの人達も重軽傷を負っているということです。
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、重軽傷者のご回復を心からお祈り致します。

警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以後では最悪だそうです。
京都府警によると、身柄を確保された男は運転免許証などから関東在住の41歳で「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、放火殺人事件として調べているそうですが、何と残酷なことを、怒りが湧いてきます。
 ガソリンとは、本当に恐ろしいものです。揮発性が高く僅かな火花でも大爆発を起こします。瞬時にして周辺の物を炎で焼き尽くします。一度爆発したら水での消化は殆ど不可能です。

 灯油とか潤滑油として使うオイル等は、布とか紙に沁み込ませないと単体だけでは比較的に燃え難いものですが、盃一杯よりもス少ない量のガソリンを混ぜれば、僅かな火の気でも一気に燃え盛ります。それ程、怖いものなのです。

 どんな理由があってこのような凄惨な事件を引き起こしたのか分かりませんが、余りにも愚か過ぎます。
 犠牲者の皆様も突然、このような凄惨な事件に巻き込まれるとは、想像だにしておられなかったはずです。
本当に悲しくて遣り切れない思いがします。
 
 
スポンサーサイト
【2019/07/19 00:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
映画「新聞記者」を観よう。嘉島のイオンシネマでやってます。
映画「新聞記者」を観に行きました。
多くの映画は、観客が少なくがら空きですが、日曜日とはいえ、多くのお客様が来ておられました。それだけ、衆目を集める映画だということでしょう。
 この映画は、本当にスケールの大きい奥の深い映画でした。
恐らく、安倍総理がご覧になったら度肝を抜かれて悶え、のた打ち回るのではないかと思います。
 安倍政権が戦後政治の中でどれ程、醜悪で危険な政権であるかを表しています。映画の中では、加計学園問題も架空の名前で描かれており、大学設立の本当の目的が、化学兵器研究であり、設立する法人が総理の旧知の友であること、許認可権を持つのが文科省ではなく内閣府になっており、総理の意向に従って官僚が忖度します。(この点は、安倍内閣が化学兵器を使うことは憲法違反ではないという閣議決定を行ったことと全く符合します)それをマスコミにリークしようとした官僚が自殺に追い込まれ命を落とします。
 女性記者(吉村・シム・ウギョン)は、内閣の不正を暴くために奔走しますが、内閣情報調査局で働く勇気ある職員(杉原・松坂桃李)はこの国を守るために命を懸けて自殺した先輩の思いを受け継いで行きます。
後は、是非とも自分の目でご覧頂きたいと思います。
【2019/07/13 09:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
参議院議員選挙、みんなで投票に行こう。
私は、命懸けで足尾鉱毒事件と向き合い、被害者と国民の為に生きた政治家、清貧と言うより赤貧に生きた田中正造翁を深く尊敬しています。
今、この国と国民の未来を考えた時に、何をしなければならないか、本気で考えて見ませんか⁉
政治は、私たち国民の生活を大きく左右します。
私は、こども達やこれから生まれてくるこども達に顔向け出来ない生き方はしたくありません。
選挙を棄権することは、これからの自分達の未来を無条件に政権に委任することです。
若者が夢も希望も持てない、結婚して家族を持ちささやかな幸せさえ感じることの出来ない、年老いて行く自分が不安で不安で堪らない社会を受け入れることです。
どうか、必ず選挙に行って下さい。
家族揃って投票所に行って、こどもさんに「選挙は、政治に参加する大切な機会であり、自分達の未来を託す人、政党を選ぶ大切な事だ」と教えて下さい。
お願いします🙇⤵
【2019/07/13 09:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
参議院議員選挙「あべ広美」候補を応援します。
明日7月4日(木)は、参議院議員選挙の公示日です。
5日の午前8時から宇土市役所前で「あべ広美候補」の街頭演説会を開催します。
多くの皆様のご参集をお願いします。
 私は、平成6年9月に長崎から宇土市に帰って来ました。
当時からしばらくは、先般亡くなられた園田博之代議士を支持しておりました。
 しかし、今の自民党は、嘗ての自民党ではなくなりました。特に小泉内閣の郵政解散選挙後、福田内閣はまだしも、安倍内閣になってからというものは、国民生活より大企業と富裕層の為の政治、アメリカの傀儡政権と化してしまっています。
 「TPP断固反対」と言って農家を騙し、アメリカの多国籍業モンサント社の遺伝子組み換え作物、グリホーサート除草剤、農薬等の規制緩和、種子法の廃止などで農業、林業、漁業も破壊される政策を続けております。このままでは、我が国の食料需給率は益々低下し、第一次産業も破壊されていしまいます。水道の民営化によって外資の参入を認め命の水さえ売り渡そうとしています。もう安心安全な食べ物もなくなります。それは、国民が健康を維持できなくなるということを意味します。
 労働法制を見ても、労働者派遣法を改悪し、低賃金で不安定な雇用社会にして若者から結婚、マイホーム、子育てなど夢も希望も奪っています。政府の「少子化対策・・・」とは、空理空論に過ぎません。
 一方では、60兆円をも海外にばら撒き、アメリカ国防省の人が「欠陥戦闘機」というF35も爆買いし、アメリカの防衛の為にイージスアショアを買っています。自衛隊員の命を何と考えているのでしょうか。
消費税率を引き上げ、年金、社会保障は切り捨てて国民生活を破壊しています。このような政権を支持することは出来ません。
【2019/07/03 14:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる