大本山永平寺の焼香師はお断りしました。
 今月28日午前10時から曹洞宗大本山永平寺で焼香師を務めることになっておりましたが、この熊本大分大地震災害の最中に宇土市を離れる訳にはいきませんので15日にお断りの連絡をしました。
 その結果、本山から「1年後の4月28日午前10時30分からの法要にて焼香師を務めていただきたい。従って1年間延期と言うとでお願いしたい」と改めて申し入れをいただきましたので快諾致しました。
 災害の最中ですが、ご報告を申し上げます。
市民の皆様と共にこの大災害の苦難を乗り越えて行きます。
スポンサーサイト
【2016/04/24 23:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボランティアの皆様と救援物資に感謝
熊本大震災が始まって1週間が経ちました。
この間、多くのボランティアの皆様、全国から届けられる救援物資のお陰で市民の命を繋いでいけていることに深く感謝致します。
 私は、地元轟地区公民館の避難所にて市の職員、長崎県から災害派遣で来ていただいているふたりの職員さんのお手伝い、避難者のご支援をさせていただいております。
 昨日、とても嬉しいことがありました。
7,8年前に曹洞宗の大本山総持寺で布教講演をさせていただいた時から御縁をいただいた栃木県矢板市のお寺の奥様からメールにて「矢板市からの救援物資が宇土市へ届けられると新聞に載っています・・・」と新聞の切り抜きを添付してご連絡をいただきました。
 その物資の一部が轟公民館に届いたのです。
矢板市は、今月10日に市長選挙があり三つ巴の結果、43歳の斉藤市長が18日に初登庁されたばかりと言うことです。
就任後、直ちに宇土市への救援物資を決定していただいたのこと誠に有難いことと感謝致しております。
 全国の皆様が被災地に思いを致してくれています。
市民一丸となって力を合わせて乗り越えましょう。
【2016/04/22 08:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
水あります。必要な方はご自由にお持ちください。
水が必要な方は停電していない間は、拙寺の井戸水は使えます。
宇土市神馬町708番地法泉寺です。
山門入り直ぐ右手に蛇口があります。
必要な方はご自由にお使い下さい。
また、本堂裏手墓の水道も同じ井戸水です。
80メートル掘っていますが、飲用する場合は、念のために煮沸して下さい。
私は、生水を飲んでいますが、念のために煮沸していただきたく思います。
【2016/04/17 15:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
熊本地震について近況報告
 この度の熊本地震で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
また、犠牲になられた方とご親族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。
 多くの皆様から電話やメール、ライン、フェイスブックでも安否確認やお見舞いのお言葉を頂戴致しましたことについても感謝しお礼申し上げます。
 
 昨夜の9時26分頃、NHKのニュースを見ておりましたら突然ドンドンと激しく突き上げられた後に横揺れが来て、「家が倒壊するのではないか」と言う恐怖心から外に出ようとしたところ、家内が、水屋の扉が開こうとしているのを必死に押さえておりました。
 水屋は、金具で倒れないように固定しておりましたから倒れることは無かったのですが、中の食器やコップが横揺れの力で飛び出そうとしていたのでありました。
 家内が押さえた時には、既にいくつかのコップや皿が飛び出して割れていましたが扉を押さえた結果、僅かな被害ですみました。
 私の部屋の書棚の本や書類は、足の踏み場もないほど散乱しています。
 また、本堂も高さ80センチほどの金属製の灯篭が倒れて壊れました。
花や燭台、御位牌、供物なども散乱して酷い状況でした。
まだまだ、余震が続いておりますので片付けられず、高いところに置いてあるものは下に降ろして壊れないようにしております。
 寺の裏手のお墓は、灯篭と墓石がかなり倒壊して酷い状況です。
機械を使わないとどうしようもないのでこれも修復にはかなりの時間を要します。

 一方、熊本市東区平山のやすらぎ県民霊園は、吉田石材さんに確認して頂いたところ、「一基も倒れていない」とのご報告をいただいております。
 やすらぎ県民霊園のお客様には、このブログでご報告を致します。

 姉が益城町の安永に住んでおりますが、姉婿は書棚の下敷きになり大変だったそうです。家の倒壊は免れたものの惨憺たる有様だそうです。
 明日の午後から天気が荒れ模様ということで心配しております。
これ以上、被害が拡大しないことを切に願っております。
【2016/04/16 00:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大本山永平寺に一緒に行きませんか
曹洞宗大本山永平寺に焼香師として拝登します。 一緒に行きませんか
4月28日の午前時10時半から大本山永平寺(福井県吉田郡永平寺町)で高祖大師報恩大授会法要の焼香師(法要の導師)を勤めます。
焼香師は、永平寺の管主様に代って導師を勤めることです。
本山から特別に招請がなければ行くことができない名誉なことです。
二度とない機会ですから団体参拝団を組みます。(あと2名募集します)
4月26日から28日まで2泊3日の団体旅行を企画します。
(旅行日程について)
日程は、26日の午前中に九州新幹線で福岡空港へ。
福岡空港12時50分発~石川県の小松空港14時着で行きます。
小松空港から石川県金沢市内等を観光して加賀温泉に泊り、27日は福井市内など観光し午後3時に永平寺に拝登して永平寺に泊まります。
28日の午前10時半からの法要の焼香師を勤め、昼食後、永平寺を出て福井市内観光後小松空港へ移動し、17時20分発で福岡空港へ、新幹線で熊本に帰ります。
予算は、おひとり6万円~7万円程度です。
問い合わせは、0964-22-1209まで。
【2016/04/02 00:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる