台風被害お見舞い申し上げます。凄い怖い台風でした。
 台風15号により被災された皆様にお見舞い申し上げます。
台風の目が宇土半島を横断する形で八代海から有明海を走り抜けて行き、熊本県にとっては最悪のコースでした。
台風の速度が45キロぐらいでとても速かったから少しはましだったのかと思います。
あれだけの暴風でノロノロと行ってくれたらもっとひどい被害が出ていたと思います。
それでも、木や竹がなぎ倒されてどこもここも大変でした。
電話線も切断し、やっと27日の夕方に修理に来ていただき回復したことでありました。
拙寺も木の枝や竹が折れて25日は、一日中女房と後片付けに追われました。
今日は、朝から熊本市平山町のやすらぎ県民霊園の台風被害の後始末に行きました。

車庫やテラスの波板も飛ばされたり割れたりして今もそのままです。
屋根瓦は、釘止めやコ―キングで飛ばないように施工していましたので割れた瓦は2枚だけで済みました。
地球温暖化の影響で、益々大型台風が発生するようです。本当にこれからどうなるのかと心配でなりません。
スポンサーサイト
【2015/08/28 00:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
刑務所でお葬式
 20日と21日は、宇土市議会便り編集委員会(各常任委員会委員長4人)の視察研修で広島市と福岡市を訪問しました。
宇土市では、議会だよりの点字版と音声版を発行しておりません。
編集委員会の会議の中で、視覚障害や聴覚障害の方々にも議会便りの点字版と音声版を届けるべきではないかという意見で一致し。先進地である広島市と福岡市を訪問したのでした。
 両市とも平成4年から対応しておられると言うことで大変参考になりました。

 さて、広島市役所での研修が終わって直後に熊本刑務所から電話があり「受刑者が亡くなりました。曹洞宗のお寺が菩提寺だそうですから御葬式を22日の午前9時から刑務所でお願いできませんか」ということでした。
 受刑者のお葬式や受刑者の依頼による法要は、教誨師が勤めることになっておりますので承諾せざるを得ないのであります。

 お葬式は、刑務所長や副所長、部長など幹部クラスの方々10名程度とご遺族が2名だけ参列されました。
寂しいと言えば寂しいお葬式ですが、世の中にはお葬式も出せない人も多くおられますから、税金でお葬式をして貰えるのですから有難いものだと思います。勿論、いくらかはご遺族に請求すると言うことでした。
 因みに、私はボランティアです。

 ご遺族も罪を犯した親族のお葬式ですから、親戚にも言い辛いことで、心はさぞかし重たい事だと思います。
人間の価値は、「如何に生きて如何に死ぬか」と言えるかもしれません。

 
【2015/08/22 18:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる