スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
未熟な馬鹿青年達の愚行で尊い命が奪われた・・・京都の無免許暴走事故
居眠り無免許少年の車が児童の列に

 本当に怒り心頭に達する事件です。
一晩中走り回った餓鬼共が居眠り運転で尊い命を奪ってしまいました。
眠たくなったら車を止めて寝ればよいものを・・・本当に腹が立ちます。

犠牲に慣れたお子さんと若いお母さんとお腹の赤ちゃんの御冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
【2012/04/23 22:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
熊本市桃尾霊園に対抗して50万円で販売します・・・やすらぎ県民霊園
 熊本市平山町のやすらぎ県民霊園の特別企画として5㎡68万円を50万円で50区画のみ販売します。
熊本市営桃尾霊園(5㎡60万円)に対抗して思い切って値下げします。
但し、4月末日までの限定です。
お墓をお求めの方はこの機会にお求めください。また、御墓をお探しの方を御紹介下さい。
やすらぎ県民霊園
【2012/04/20 00:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
玉川啓さんの福島第一原発からの報告・・・フェイスブックより転載です。


玉川 啓


今日、第一原発の現場に入りました。

業務上の守秘義務もありますが、書けるだけ書かせて頂きます。

重要免震棟で説明を受け、骨組みだけになっている4号機、3号機​を間近に見てきました。
本日の最高値は1,000μsv/h。異次元の世界です。

素直な感想としては、進んでいるが進んでいない。そして進んでも​いるということ。
重要免震棟は線量の確保ができていますが、一歩外を出ると高い線​量であることは紛れもない事実。

そのような中で前司くんをはじめ、最前線でこの事故を押さえてい​こうと、尽力している方々がいること、当然のこととして仕事をし​ている方々がいることが、自身にとって大きな励みになりました。

間違いなく言えることは、現場の支えがなければ、東日本は吹っ飛​んでいました。
今でも千本近くの燃料棒がむき出しの燃料プールに残っており、格​納容器よりも危険な存在です。
今回の事故は、いい意味では上澄みの爆発。燃料自体の反応で燃料​そのものが飛び散っていれば、われらが八王子メンバーでさえも当​事者になっていたという甚大さを実感しました。

そして、誤っていけないのは、今回の事故は最悪ではなかったこと​。
重要免震棟がギリギリ半年前に完成していなければ、現地での対応​は不可能であり、間違いなく今の日本はないということ。幸いなこ​とに最悪を免れることができたという、恐ろしい事実をもっと皆で​共有すべきと感じます。

いいですか、本当にぎりぎりの状態でした。今、それぞれの事業を​どう展開させていくかといった議論をしていますが、それは奇跡的​なラインが守られたから出来る話にすぎません。
隅田であれ、八王子であれ、日立であれ、東京全体であれ、おそら​く西日本であれ、紙一重だったのです。そしてしっかり対応しなけ​れば、これからも紙一重であり続けるのです。

ふくしまが当事者というのは明らかな誤解。本当に日本全体が当事​者となるべき問題なんです。きっとこれを実感はできないでしょう​。キツメのトーンになってしまいますが、共有できる皆さんだから​あえて言います。
この重さを心に刻みつけてほしい。

その上で、当事者としてやはり皆さんにはかかわってほしい。
当事者として、外部支援者ではなく、自分自身が自分自身の仕事や​ライフスタイルをどう見直していくか、この原発に依存するエネル​ギー消費の仕事やライフスタイルの在り方を、真剣に考えるしかな​いと感じます。

むき出しの鉄骨を見て、改めて事態の深刻さを痛感しました。テレ​ビとは明らかに違うのです。そして、その現場で体一つで作業して​いる方々がいます。
その中には被災者がいます。
われわれ日本人はそういった方々に今この時も支えられているので​す。

改めて福島を支援するということが誤解であることを実感しました​。
逆に福島の地で今を支えていること、それによって日本が支えられ​ているのです。

だからこそ、この問題は皆がまさに当事者なのです。
東京にいては分からない。福島市にいては分からない。

ゆえに分からないではなく、想像を働かせる、思いを巡らせるしか​ないのでしょう。

第一原発の構内でわれらの前司さんの伊達重機のクレーン車と運命​的にすれ違いました。逃げない彼らがいる。そういった人がいるか​ら、普通の生活が送れている。それは今も変わらない。

皆さん、原発が収束していないというのは事実。そして福島の問題​ではないことを、しっかりと共有しましょう。ふくしまの問題と考​えること自体が誤りだと、本当に痛感しています。

それが私の今日の報告です。
【2012/04/15 22:36】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
やさしい禅に親しむ会のお知らせ
お知らせです。
26日(木)18時30分より20時まで、博多グリーンホテル2号館会議室で
曹洞宗九州管区センター主催の「やさしい禅に親しむ会」で講話をします。
演題は「生死を明らめる」19時から20時までてす。
参加費は1,000円。当日直接会場に御越しください。
【2012/04/10 12:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
月曜坐禅会講話「供養を受くるものの用心」
皆さん、おはようございます。
花まつり法要と花まつりコンサートも無事に終わりました。
今日は、月曜日で早朝座禅会でした。
先週は、佐賀に出張中でしたから休みましたが、二週間ぶりの坐禅会、新鮮な感覚がありました。
 今日の講話は
「供養を受くるものの用心」
 出家人は必ず人の施を受けて喜ぶことなかれ、また受けざることなかれ」 故僧正栄西禅師は「人の供養を受けて喜ぶことは仏制にたがふ、喜ばざるは檀越(檀家)の心にだがふ」と言われた。
 この故実用心は、我に供養するに非ず、三宝に供養するなり。かるが故に彼の反事(かえりごと)には、「此の供養は三宝定めて納受あるべしと」というべきなり。
 出家人は、人から布施を受けて、慎みなく喜んではならないし辞退してもならない。

 私も、お葬式のお布施の額について相談を受けることがしばしばあります。相談者は、拙寺の檀家様以外もしばしばあります。
 それに対する私の回答は、お寺次第では金額を決めておられる場合、「請求書」を出されるお寺もあるようですが、その場合は別として、亡くなった方に対してご遺族の皆様がして上げたいだけなさったら良いでしょう。お布施と言うのは、「お礼」ではありません。故人のご供養の為に仏法僧(お釈迦様や仏様、法はお釈迦様の教え、僧とはお釈迦様の教えを修行して体現し、人々に伝えてくれる僧)の三宝に供養して、その布施功徳をも故人の為に回向(えこう・回し向かわすこと。振り向けること)ですから、多かろうが「沢山有難うございます」とも「少なかったですよ・・・」とも言いません・・・と言います。
 たまに「御経料」と書いてくれる方がおられますが、売り物ではありませんから「私のお経を買うのならば、この金額分のお経だけ上げましょう。いくら入ってますか?」これは、笑い話のようですが、こんな会話が成り立つことにもなります。(笑)
 世間の人々の多くは、お布施を「お礼」と考えていますが、そうではないのです。和尚の中にも「お礼」と考えている方がおられるのも事実ですがそれは間違いだと言えます。 
 お布施は、三宝供養ですから全て宗教法人の収入になります。
 住職や寺院の職員は、「給与」として生活費をいただいておりますから、源泉徴収して所得税を納めています。
 宗教法人と個人とは、別人格であります。
【2012/04/09 09:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
第15回、花まつりコンサートのお知らせ
 花まつりコンサートのお知らせ
4月8日13時30分より15時まで。
法泉寺 本堂 宇土市神馬町708番地
ヤマハエレクトーンプロ奏者 新井田聡子さん。(北九州市在住)
テーマは、人権・平和・環境です。
入場無料 どなたでも参加できます。


以下は、7日の朝の追記です。
 おはようございます。(フェイスブックに書き込みしたものです)
明日の花祭り法要と花祭りコンサートの準備に追われています。
法要だけなら大したことないのですが、コンサートはなかなか大変です。
  平成10年の4月の花祭りコンサートから開催し続けて15回目になります。
 体力気力の減退と役目柄増え続ける仕事の為に準備が年々負担に感じるようになりました。
「もう止めようか」と毎年思うのですが花祭りコンサートが終わると、皆様の喜びと来年の花祭りコンサートを待ち望む声に「やって​良かった」と言う思いと「またやるか」と言う思いが湧いて来ます(*⌒-⌒*)
 きっと、一年後も同じことを考えていることでしょう。
(⌒∇⌒)​皆様、良き週末をお過ごし下さい。
【2012/04/07 07:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
経済発展と引き換えに棄てられた「人間性」・・・腐った国、中国(6日追記)
暴漢に襲われ瀕死の女学生を田に遺棄

 この記事を是非読んでください。
中国と言う国は、改革開放政策によって急激な経済発展を遂げて居ます。
予想していたことではありましたが、ここまで腐ってしまっては、孔子も孟子も嘆き悲しんでおられることでしょう。
 私は、この国の汚さに反吐が出そうです。
 金金金、守銭奴に堕した国民は、人の命はどうでも良いと思っているようです。
 人間性の欠片もない守銭奴の国民は、人間の優しさも温かさも捨ててしまったようです。
 
 あぁ・・・嘆かわしいです。
 またまた、嘆かわしい事件のニュースです。

腐った人間が腐った油を売る
【2012/04/06 14:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
佐賀県神埼市に出張中です。
528815_282983928442318_100001921408664_607571_24723284_n.jpg
おはようございます。
31日の午後から、佐賀県神埼市神埼町の東楽寺様に来ています。
9ケ寺で9年に一度回ってくる「大巡番法要」が東楽寺様で修行されています。
1日40分、20分休憩して更に40分の法話をしております。
 宿泊は、吉野ヶ里町の卑弥呼の里温泉ホテルで、温泉に入らせていただいております。

今日の佐賀県吉野ヶ里町、神埼市神埼町は快晴です。
3日間の法要最終日、14時から50分の法話をして終わりです。
夕方には、宇土に帰って檀家様の御命日に行きます。
 こうして、様々な地域に呼んでいただき好きな話が出来ることは幸せなことだと思います。
 感謝感謝です。

写真は、東楽寺様です。近年中に本堂を建て替えられる予定だそうです。
【2012/04/02 07:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。