スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
菊池恵楓園の法話

皆さん、お疲れ様です。
 今日の菊池恵楓園の法話は、友人の住職が「慶峰さんがあんなに緊張していたのは初めて見た」というぐらいに緊張しました。
 正直言って、聴衆が何百人だろうと緊張することは殆どありませ​ん。
緊張した訳は、ハンセン病について、私達宗教者が差別に加担し、療養所においては、悪しき業論を説き、諦めを説いてきた歴史があり、現代でも説法の内容次第では同じ過ちを犯しているという現実​があるからです。
 ハンセン病問題を理解していない布教師は、知らないが故に平気で入所者の心の傷に触れるだけでなくえぐってしまうことがあるのです。
 従って、今日の法話は、私自身が過ちを犯すということではなく、「宗教者としての謝罪」から始めななくてはならなかったからです。

 そして、大般若法要は入所者の皆様のご健康と息災を祈る法要であることを話し、しかしながら世の中は「諸行無常」ですから何が起こるか分からない。
 今この時を、大切に事故に遭わないよう、病気しないよう気を付けて生きること。
幸せの種を播く三つの田圃「三福田」について話しました。

 三福田とは、
敬田・・・天地自然や多くの人々の力によって支えられて生かされていることに感謝しへり      くだった生き方をすること。
恩田・・・受けた恩を忘れないこと。「受けた恩は石に刻め、した恩は水に流せ」と教えら     れます。
悲田・・・慈悲の心で人と接することです。慈悲行に生きることです。

「情けは人の為ならず 巡り巡りてわが身まで」という教えがあります。
 人さまに対して良きことをすることは結局は、自分や自分の周りの人に良い形で帰ってくるんだと言う意味です。
 勿論、良きことは「果報」を求めてやると徳を損じます
スポンサーサイト
【2012/01/30 18:58】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
今日の講話、栄西禅師の美言 

 皆さん、おはようございます。
早朝座禅会でした。
 今日の講話は、臨済宗の開祖栄西禅師が修行僧達にお話しされた​ことについての話です。
 ある時、禅師が修行僧たちに語られました。
 「お前達がこの寺で衣食を得て修行出来ていることを予(栄西禅​師自身のこと)が与えていると思ってはならない。皆、諸天(仏様​)の供するところなり。私は取り次いでいるだけだ。また、それぞ​れ一期の命分具足す。奔走することなかれ。我が恩と思うことなか​れ」と
修行に専念するように話されました。

 僧侶は本来、自ら生産活動や物品の売買をして財貨を得ると言う​ことをしません。
 本来の僧と言うのは、自ら修行(修養)に励み、仏法(お釈迦様​や祖師方の教え)を学び、それを人々に伝え、ともに修行すること​によって人々にやすらぎや生きる道標を説くものであります。
 在家の方々が財施(食べ物や衣類、布地、お金などの施し)をし​ていただくから修行に励むことができます。
 その財施とは、住職に対して上げられるのではなく、仏法僧の三​宝に対して上げられるのであります。
 栄西禅師は、そのことを説示し、一生の間に必要なだけ備わって​いるのであるから会食の為に心身を労したり住持たる自分に感謝し​てはならない。
 ただひたすらに修行に専念しなさいと教えられたということです​。

 僧侶として、肝に銘じたい教えであります
【2012/01/30 09:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
菊池恵楓園の法要
 お腹の調子は、絶食したのが良かったようで少しずつ回復しています。

 明日は早朝座禅会、12時30分から菊池恵楓園で曹洞宗主催の大般若法要です。
法要が終わってから約30分間の法話を担当します。
恵楓園で法話をするのは初めてですが、正直言って非常に難しいと思います。
90年に渡る国の隔離政策によって人として生きる権利を奪われ父にも母にもなれなかった方々にどんな言葉が心に響くのでしょうか?
正直言って、私にも難しいです。ハンセン病の人権問題の一応専門家であるが故に悩みます。
 私は、入所者の皆様と長く付き合っています。
入所者の皆様が少しでもやすらぎのある余生を送っていただきたいと願っています。

 私の友人がカーネーションを栽培しています。彼の御好意で母の日には、毎年300鉢を超えるカーネーションを入所者の皆様に届けています。
 そのきっかけは、研修でお世話になっている入所者の女性に何かプレゼントしたいと思って、母の日にカーネーションを届けました。
 その時「私達は子供を産むことが許されなかったでしょう。だから、カーネ―シション貰うのは初めてよ・・・」と涙を流しながら喜んでいただきました。
 その時に、こんなに喜んでいただけるのならと思い、毎年続けています?。
明日は、そんな私の思いをお話ししたいと思います。
【2012/01/29 22:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
おはようございます。
おはようございます。
今から寺の仕事に行き、10時から宇土市日赤婦人会の会議に来賓として出席します。
13時から15時まで菊池西部市民センターで講演。
17時から宇城市で会合・懇親会。
19時から八代で郵便局職員さん達の会議に出席し懇親会まで務めます。

 休ませたい胃肝臓が「もう飲み過ぎ喰い過ぎはいかんぞう・・・」と言っているようです。

 皆様が幸せな一日を送れますよう祈ります。
【2012/01/28 09:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
早朝座禅会講話
月曜早朝座禅会でした。
 今日の講話は、唐太宗皇帝の話で、臣下の魏徴が「人民共が陛下​の影口を申しております」と皇帝に言いました。
 皇帝は「自分に人道に基づき博愛の心をもって天下を治める心掛​けがあって、しかも人民に悪く言われるのは心配することはない。​もし、その心掛けもなくして人から誉められるならば、それこそ心​配しなければならない」と答えられたそうです。

 仏道修行に励むものが世の愚かな人々に悪く言われるのは何ら差​し支えはない。しかし、僧形ながら、道心もなくして人々から「道​心の厚い僧」と言われることこそ恐れるべき事だ道元禅師は話され​ました。
 道元禅師は、修行者に対して話されたのではありますが、人間の​生き方として考えなければならない教訓だと思います。
【2012/01/23 13:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
人権講演の予定をお知らせします。
 風邪の方もかなり良くなってきました。
昨日は、八代の悟真寺様で宗務所師範会「詠和会」の稽古があり体調不調を押して頑張りました。
今日は、かなり良くなりましたがもう一息で完治すると思います。

 今月は、28日(土)の13時から15時まで菊池市の西部市民センターで人権講演をします。
演題は「命を語る楽しい人権講話」です。
 どなたでも参加できるようです。

 30日(月)の13時から菊池恵楓園のやすらぎ会館で大般若法要後の法話を勤めます。
熊本県の曹洞宗寺院で毎年開催している法要です。
 入所者の皆様と職員の皆様のご健勝と世界平和と国民の幸せを祈る法要です。
【2012/01/21 10:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
やすらぎ県民霊園特別格安価格は一応今月末まで
やすらぎ県民霊園

 やすらぎ県民霊園では、限定5区画のみ50万円から提供していますが、一応今月末までで終了する予定です。
 霊園をお探しの方は、この機会に是非御来園いただき御検討ください。
【2012/01/19 21:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
風邪ひいて体調不良です。
 3日ほど前から咽喉のイガイガが段々と酷くなり鼻水が出るようになりました。
今日の午後、体温を計ったら38.9度もあり、病院で診察して検査を受けました。
その結果は、インフルエンザではないということでひと安心しましたが鼻水は相変わらずです。

皆様も風邪ひかないようにご注意ください。
【2012/01/17 22:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
奇跡の人との再会

「奇跡の人」との再会
 昨夜は、宇土市商工会主催の「新年賀詞交歓会」でした。
JAうと支所の2階で開催された会には、元松市長、九谷県議、松村参議院議員、宇土市議会議員他150人余の方々が参加され賑やかな交流会となりました。

 私は、飲まないつもりでしたが、「つもり」はあくまで「つもり​」でしかなく、何時もの通り飲んでしまいまして、おまけに1人で​宇土駅前の停車場というスナックに寄りました。
 ここのママさんが素敵なお姉さま(私より先輩です)で、年末もご挨拶していませんでしたから寄ったのですが、そこになんと奇跡の人Aさんが居たのです。

 このAさん、最近まで交通事故によって頸椎を損傷し歩行困難で車椅子生活をしておられたのです。
 北海道から障害者用の特殊な乗用車で四国の88か所霊場巡りをして宇土に来られ轟学園の寺尾勇さんが取り組んでおられる「米ぬか酵素風呂」に這入られていたら全身に「ズキ―ン」という電気が走る様な衝撃を受けたそうです。
 その後、起き上がって見ると・・・なんと、全く動かなかった足が動き立てるようになり、自らの足で歩くことができるようになったそうです。
 主治医の先生に電話で報告したところ「あなたの障害で歩ける訳​がない・・」と最初は信じていただけなかったそうですが経緯を説明すると驚き「世の中には、医学でも科学でも解明できない奇跡があるものです」と納得されたそうです。

 恐らく、この文章を読まれた方も信じないと思いますが頭と嘘を言わない(笑)私が見た現実です。

 私が、この方に会ったのは6日だったのですが、まさか停車場で再会するとはお互い思ってもいなかったことでした。
【2012/01/12 09:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
銀河カレッジの成人式が開催されました。
 10時半から宇土市にある社会福祉法人銀河の会の成人式が開催され3人の新成人がお祝いに駆け付けた方々を含め約50人の祝福を受けられました。
私は、銀河の会の評議員と市議会議員として参加しました。
 宇土市の元松市長や社会福祉協議会の太田事務局長が来賓として祝辞を述べられた後、3人の新成人が挨拶をし保護者がそれぞれこれまでの御苦労やお子さんについての思いとお祝いの言葉を述べられました。
 3人とも障害を抱えて家族で頑張って今日の祝福を受けられたのですが、想像を絶するご苦労があったのだと思います。
 銀河カレッジの仲間達と力を合わせて自立への道を歩んで行かれることを希望し、また出来る限りの支援をさせていただきたいと改めて思いました。

 
【2012/01/10 14:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇土市の成人式がありました。
 8日、午前10時から宇土市民会館大ホールで宇土市の成人式が開催されました。
 新成人は401名で30名の宇土市在住の新成人達が4回にわたる運営会議を開催して式の準備から司会進行まで執り行いました。
 式典中は、騒ぐ人がひとりもなく厳粛な雰囲気の内に約50分の式典を終えました。
終了後、来賓の方々の中から「立派な式典だった・・」という感想が多く聞かれました。

 宇土市の若者は、実に素晴らしいと感じました。
【2012/01/09 08:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
連合熊本新春旗開き・賀詞交換会
 昨日は 18時30分からニュースカイホテルで連合熊本の新春旗開き賀詞交換会が開催されました。
私も連合推薦議員として参加しました。
会には、蒲島知事、民主党、社民党の国会議員、推薦市長、推薦議員、連合加盟組合関係者300人が参加しました。
連合熊本の手嶋会長は、県知事選で蒲島知事を全力を挙げて応援することを表明されました。
私も蒲島知事の一期目の政治手腕、政治姿勢を大いに評価して支持します。
【2012/01/07 10:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
第89代学生横綱正代直也君の祝賀会




 今夜は、昨年11月に開催された全日本大学相撲選手権大会で優勝して第89代学生横綱の栄誉を獲得した地元出身の正代直也君の祝賀会でした。

 正代君は、私の地元宇土市神馬町馬場の生まれで宇土小学校、鶴城中学校、熊本農業高校から東京農業大学に進みました。
 小学校時代から抜群に強かったので期待しておりましたが、期待通りの成績を挙げてくれました。
将来、大相撲に進んで立派な関取りになってくれることを期待しております。
(写真をクリックすると大きくなります)
【2012/01/05 21:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年の小崎侃さん制作の干支人形です。私は、檀家様への年始回り中です。
CARMMYJD.jpg
 版画家小崎侃さん制作の干支人形です。
長崎の蛇踊りをモチーフに作られています。
残り10個あります。必要な方は取りに来られるかメールでお申し込みください。
価格は2,000円です。


 正月3が日ご祈祷した大般若祈祷札とカレンダー、曹洞宗の冊子「禅の友」を檀家様一軒一軒回って年始の挨拶回りをしています。
 6日までかかります。
 今日から、御用はじめですが交通事故等ご注意ください。

 人生、一寸先は闇です。自分で注意するしかありません。
【2012/01/04 08:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
年頭に当たって
 また新しい年を迎えました。
 今年は、東日本大震災で二万人もの方々が犠牲になられたのでお祝いの言葉は控えさせていただきます。
大晦日の午後11時半から除夜の鐘を撞き0時40分ごろから大般若祈祷法要と大震災の犠牲者のご供養を勤めました。
 今年が災害のない良い年になることをお祈りした次第です。

 今回は始めて、二番目の弟子が帰ってきて手伝ってくれましたので随分と助かりました。

 今年も何卒よろしくお願い致します。
【2012/01/01 02:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。