スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
プロ野球アジアシリーズ サムスンに逆転負け・・・秋山監督の大チョンボ
 今回のアジアシリーズ、日本勢5連覇をミスミス逃したソフトバンクホークス。
 この采配ばかりは、秋山監督の大チョンボ、相手をなめきった采配が招いた当然の結果だと言わざるを得ません。
 アジアシリーズの決勝戦、日本勢5連覇を賭けた大一番に何故、和田や杉内、山田、ホールトン、摂津などの先発投手を先発させなかったのか? 
 野手陣も若手中心でした。
 予選リーグで完封したことでサムスンをなめ切っていたとしか思えません。
 今回の采配と結果ばかりは、日本チャンピョンとして情けないとしか言いようがないと思います。

 ソフトバンクの実力は、絶対にアジアNO1だと思っていただけに情けないやら腹が立つやら怒り心頭に達しています。

 秋山監督、修行が足りませんなぁ・・・。
スポンサーサイト
【2011/11/30 01:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大坂維新の会の勝利をどう見るか。
27日に決戦を迎えた大阪の「ダブル選挙」で、市長選挙では橋下徹氏、府知事選挙では松井一郎氏と、「大阪都構想」を掲げる2人が当選しました。
 民主党や自民党、共産党まで一緒になって支援した候補者が大差で破れたことは今後大きな波乱を招きそうな気配です。
 今回の大坂維新の会の勝利は、これまで不正や税金の無駄遣い繰り返してきた大阪市と大阪府、そして期待を裏切り続ける既成政党に対する府民の反発が維新の会に流れた結果の勝利だと思います。
 
 私は、橋下氏の行政の二重構造を廃止して無駄を省く大坂都構想については理解できます。
 来春、熊本市が政令指定都市としてスタートしますが、これは、熊本県の中に新たに「県」が出来るようなものですから熊本市選出の県議会議員にどれだけの意味があるのか?また、沢山の県議が必要なのか?ということになります。
 私は、将来の道州制を考えて州都を目指す為には政令指定都市になるべきだと考えていましたから今更、政令市を批判するつもりはありませんが、県議定数については大きな見直しが必要だと思います。

 さて、橋下氏の考えについて、同調できないのは、教育行政に対する考え方です。
校長の公選制の導入や教師に対する思想統制を強めるようなやり方は決して容認できません。
 
 改革が必要なことは当然ですが、独善的に、強権的な手法が強過ぎると独裁者となりますからしっかりと注視していかなければならないと思います。
【2011/11/29 08:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
天明水の会「緑化推進運動内閣総理大臣表彰受賞」祝賀会
 昨日18時からホテル日航熊本で祝賀会が開催されました。
熊本市天明町は有明かに面しており天明新川、緑川の河口にあります。
 豊かだった有明海の恵みによって採れていた魚介類が激減し、海苔の養殖もアサリ貝も採れなくなった。
 その原因が海の汚染、汚濁にあることに注目し、川の源流の山々の森林の再生が川と海の再生になるなることに注目し20年前から山に植林活動を続けておられます。
 その活動に賛同し協力する団体、個人が集まって大きな運動となっているのです。

写真は、祝辞を述べられる参議院議員の松野信夫先生、天明水の会の方々です。
衆議院議員の野田毅代議士も祝辞を述べられ、蒲島知事や多くの首長からも祝辞が寄せられていました。
moblog_270ac1cd.jpg
moblog_e27a66f0_20111128095746.jpg
昨日18時からホテル日航熊本で祝賀会が開催されました。
【2011/11/28 09:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
仏教(お釈迦様と道元禅師の教え)と原発について(28日夜追記あり)
原発と仏教を考える。
1、高速増殖炉「文殊」と「普賢」
高速増殖炉「もんじゅ事業費一兆円超」と指摘・・会計検査院
 世界の原発保有国で高速増殖炉の成功した国はない。危険で困難な事業でこの文殊は作業中のミスで使えない状態がつづいていて復旧も困難。しかし、経費ばかりが掛かっている。

2、お釈迦様の智慧・・・文殊菩薩   慈悲・・・普賢菩薩
   「もんじゅ」はこの文殊菩薩から採ったもので釈尊の教えに反する。

道元禅師 「峰の色 渓の響きも みなながら わが釈迦牟尼の 声と姿と」と天地自然の恵み、お姿にお釈迦様のお姿だと手を合わせ感謝しておられました。

「杓底の一残水 流れを汲む千億人」(永平寺の石門)道元禅師は、湧水を掬って洗面される時に柄杓の底に残った僅かに残った水も「後の世の人の為に残しておくのだよ・・・」と元の水源に返されました。
 この道元禅師の教えを生活の指針にすること。

3、曹洞宗のグリーンプランという全宗門運動
人権  平和  環境

4、お釈迦様の教えから・・・仏遺教経(釈尊の遺言)と正法眼蔵八大人覚

(少欲)汝等比丘、まさに知るべし、多欲の人は多く利を求むるが故に苦悩もまた多し、少欲の人は求めなく欲なければ、即ちこの患いなし。
直ちに少欲すら、なおまさに修習すべし、いかにいはんや少欲のよく諸の功徳を生ずるをや・・・事に触れて余りあり、常に足ざることなし。少欲あるものは則ち涅槃あり。これを少欲と名づく。

(知足)汝等比丘、若し諸の苦悩を脱せんと欲せば、まさに知足を観ずべし。知足の法は、即ち富楽安穏のところなり。知足の人は地上に臥すと雖も、尚安楽なりとす。不知足の者は天堂に処すと雖も、また意にかなわず。不知足の者は富むと雖も而も貧しし。
知足の人は貧ししと雖も而も富めり。不知足の者は常に五欲の為に牽かれて知足の者の為に憐愍せらる。これを知足と名づく。

5、原発は安全なのか? チェルノブイリ原発事故 福島第一原発事故
6、電力は本当に足らないのか? 中村敦夫さん・・・官僚の情報では、火力、水力を止めて「足りない、足りない」と言っている。
7、東日本大震災から学ぶもの
①価値観の大転換 少欲と知足の実践こそが人類を救う。
②いのちを考える
③支え合って生きること(絆)「人」という字が支え合う姿を表しているように支え合う社会の実現。
8、持続可能な社会の実現を目指す
 美しい地球と未来を子供たちに
【2011/11/28 08:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
今も生きている日本最古の上水道「轟泉水道」(ごうせんすいどう)
 宇土市には、348年前(寛文3年、1663年)、当時の宇土藩主細川行孝公の命によって、轟水源(現在、日本名水百選の一つ)の水を宇土城下の武家屋敷、町民の生活用水として使えるようにする為にに造られた総延長4.8キロメートルに及ぶ日本最古の上水道「轟泉水道」があります。
馬門石で造られた水道は、今もなお約100軒の家に清水を運んでいます。
昨日、源泉の轟水源から約3キロメートル離れた最も遠い利用者の家にお伺いして貯枡とそこから流れ続けている水を見せていただきました。
 写真は、その貯枡の写真です。
 池が造られていて10数匹の魚が元気に泳いでいました。
 私は、この日本最古の上水道を全国にアピールして行きたいと思っています。
111125_1631~02
111125_1631~01
【2011/11/26 23:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
少欲と知足・・・お釈迦様の教えから(23日解説を付けました)
お釈迦様の教えから・・・仏遺教経(釈尊の遺言)と道元禅師の正法眼蔵八大人覚

(少欲)汝等比丘、まさに知るべし、多欲の人は多く利を求むるが故に苦悩もまた多し、少欲の人は求めなく欲なければ、即ちこの患いなし。
直ちに少欲すら、なおまさに修習すべし、いかにいはんや少欲のよく諸の功徳を生ずるをや・・・事に触れて余りあり、常に足ざることなし。少欲あるものは則ち涅槃あり。これを少欲と名づく。

人間には、五欲(財産欲・色欲・食欲・名誉欲・睡眠欲)があります。どの欲望も人間にとっては必要ではありますが、貪ると様々な弊害や過ちを犯します。
 人間が欲望を貪れば貪るほど環境や社会を見だしていくことにも繋がります。欲が多ければ多いほど悩み苦しみも多くなるということです。

(知足)汝等比丘、若し諸の苦悩を脱せんと欲せば、まさに知足を観ずべし。知足の法は、即ち富楽安穏のところなり。知足の人は地上に臥すと雖も、尚安楽なりとす。不知足の者は天堂に処すと雖も、また意にかなわず。不知足の者は富むと雖も而も貧しし。
知足の人は貧ししと雖も而も富めり。不知足の者は常に五欲の為に牽かれて知足の者の為に憐愍せらる。これを知足と名づく。

 「唯吾れ足ることを知る」と言う言葉があります。千円を「大金」と思う人もあれば「はした金」と思う人も居ます。百五十億もの金をバクチに使う人にとっては、一億円も「はした金」でしょう。
 足ることを知らない人は、何百億円あっても「足りない」に違いありません。
 人間の欲とは、際限のないものでありますから「限度」が必要です。それが「知足」であります。
不知足の人は、天堂に処すと雖も貧しいし満足できないのです。
知足の人は、地上に寝ることがあっても安楽なのです。不知足の人は知足の人から見ると逆に「憐れ」に見えるということです。
 大王製紙の前会長のニュースを見ると、この少欲と知足の教えがよく理解できると思います。
 
【2011/11/23 22:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
新上五島町に成道会法要説教に行ってきました。
 18日から昨日まで3日間、長崎県の五島列島にある新上五島町の常楽院様に4席の成道会(じょうどうえ・お釈迦様のお悟りを祝う法要)説教を勤めて昨夜帰りました。
 当初18日の16時長崎港発鯛之浦港行きに乗る予定で熊本港から島原に渡りましたが、雨風がかなり酷かったので諫早市の仏光堂に寄り、長崎港に電話して見ると、「全て欠航する」ということでした。
 幸いにも佐世保港から有川港行きの16時40分の高速船が出港するということを教えていただきましたので、急遽、諫早インターから佐世保まで土砂降りの長崎自動車道、西九州自動車道を走ってなんとか間に合いました。
 ところが、海は大しけで船の揺れること・・冷や汗と吐き気とで閉口しながら90分、何とか有川港に着きタクシーで常楽院様に到着し18日の20時からお説教を勤め、19日が昼と夜、20日の昼席を勤めて有川港から14時30分の高速船に乗って無事に帰りました。

 五島列島は、今回で4回目でしたが、離島の生活は本当に大変だと思います。
高校までは地元に行けても大学は島から出ないと行けません。企業も少ないですから就職する為には島を離れて本土に出なければならないということです。
 
 五島から、携帯電話でフェスイスブックに書き込みをしていましたら、FB友達の長崎県南島原市在住の教師、村田さんからメッセージが届き、有川町で酒造場、五島うどん製麺工場の教え子さんが作っている焼酎と五島うどんをそれぞれ届けてくださいました。
 感謝しながら恐縮しております。
 FB仲間からの思いがけないお土産は拙寺の御本尊様にお供えさせていただきました。
【2011/11/21 23:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
不知火龍馬会




 15日の夜は 松橋町で不知火龍馬会の仲間と賛同者が集まって龍馬を追悼する会を開催しました。 この日は、15時から熊本刑務所できようかいし会の会議で「仏教と原発を考える」というテーマで講話をし、17半から受刑者のグループきようかいをしました。
 龍馬会には、熊本竜馬会事務局長、北部町にある篤姫様も休憩した見馬下の門小屋館長の橋本さんも参加してくださいました。
 不知火竜馬会は、龍馬の精神を現代に継承して行こうという思いで、宇土、宇城市の有志5人から始めたささやかな会ですが今回は12人の人が参加してくれました。
(写真をクリックすれば大きくなります)
【2011/11/17 07:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
映画「らーめん侍」の実在モデルと友人の父
 下記にリンクしいるブログ「明日はれるかな」を是非観ていただきたくご紹介します。
 このブログは、城南町で「桂仙ラーメン」を経営する黒木嘉豆子さんのお父さんが、僅か1週間だけでラーメンの作り方を学んだ久留米市の大砲ラーメンの香月昇さんとその妻、ラーメン屋を継ぐのが嫌でデザイナーになったものの父親の死をきっかけに父の後を継ぐ息子の物語を描いた「ラーメン侍」を観た黒木さんが父親と家族について書いておられます。

 このブログを読んで、御本人に会いに行ってラーメン侍の味を食べていただければ幸いです。
「明日はれるかな」
【2011/11/14 22:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇土市消防団の非常呼集訓練
  皆さん、おはようございます。
 今日は早朝5時から宇土市全域で消防団の非常呼集訓練が行われました。
私は、地元第3分団の訓練を視察しました。
消防団員の皆さんのきびきびとした行動に感心しました。
いざという時には、日頃の訓練があってこそ適切な対応ができるのだと思います。
【2011/11/13 07:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
松野信夫参議院議員の国政報告会・・宇土市民会館で
12日(土曜日)の19時から宇土市民会館大会議室で松野信夫参議院議員の国政報告会が開催されます。どなたでも参加出来ますのでお出掛けください。
 野田総理大臣が決断したTPP問題についても説明があるようです。
 この問題については県選出の国会議員は全員が反対でした。
 輸出企業にとっては良いでしょうが農業や漁業、林業、また金融、医療、福祉、サービス、弁護士などの分野は大きな痛手を受けるでしょう。
また、果物や穀物、農産物に対する防腐剤やワックス、洗剤などのポストハーベスト、遺伝子組み換え農産物などが無表示で輸入されて国民の食の安全性が失われることも大きな問題です。
アメリカの要求でされる協定はまず我が国を利することはないと思います。

 それにしても、野田総理の記者会見「TPPに参加する協議に参加する・・・」とか訳の分からないような言い回しで、結局は「参加する」という言い方には「姑息」としか言いようがありません。

 百歩引いて、「参加してどうなのか?ということを検証する為に協議を始める」ということだとして途中で抜けられるのかどうかも疑問です。 国民は、しっかりと監視していかなければならないと思います。
【2011/11/12 00:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇土本町通りの大型貨物車の通行規制について(報告)
 宇土本町通りを安心して通れる道にしたい、安心して買い物できる商店街にしたいという思いで、この1年で2回も一般質問した本町通りの大型貨物自動車の通行規制は、市役所の市民環境部と交通安全対策係の皆さん、そして、議員有志のご協力もあって徐々に実現に向かっています。
 現在、本町1丁目から3丁目の皆さん、一里木町の皆さんに市の方から「通行規制を求める署名」をお願いしてあります。
 これが11月末までで終了し、署名を添えて市長から宇城警察署を通して県警本部、県公安委員会へと要請がなされます。
 もうしばらくかかりますが、なんとか実現しそうです。

 当該地域の皆さんには漏れなくご署名をお願い致します。
【2011/11/10 00:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
知覧町特攻平和会館






 6日の午前中は水俣市の水俣病や障害をもつ方々が働いている作業所とエコパークバラ園、徳富兄弟の生家を視察して鹿児島県南九州市知覧町の特攻平和会館に行き、若くして南の海に散った若者たちの遺書や手紙、遺歌などを拝観し涙しました。
知覧特攻平和会館
水俣市エコパークばら園
【2011/11/07 22:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
平成義塾の交流会 水俣市 湯の鶴温泉です。



平成義塾の交流会で湯の鶴温泉に来ました。今日は、水俣病患者さん達の施設を訪問して語り部さんの話を聞きます。 今回、初めて遠隔地の水俣市で交流会を開催してみましたが、会員も多忙な方が多いのと遠隔地と言うことで普段の四分の一程度の6人でした。
【2011/11/06 07:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
うと教育の日記念事業・ヨーロッパの風コンサート


 3日午後2時より、宇土市民会館大ホールでヨーロッパで活躍する宇土市出身の音楽家のコンサートが開催されほぼ満席に近い観客があり盛会裡に円成しました。
 ピアノは、ウイーンで活躍する森尚子さん、パリで活躍しているメゾソプラノの木下絵美子さんです。
クロアチア出身のメゾソプラノ、サンドラ・フラスチャネッツさんとウイーン出身のテノール歌手マティアス・ラインターラーさんの4人のコンサートで澄み切った声が響き渡り聴衆を魅了しました。

 今回のコンサートは、宇土市と教育委員会、宇土の文化を考える市民の会の主催、市民会館自主文化事業として開催されましたが森尚子さん(昭和31年生まれ・鶴城中・熊本第一高校卒)の同級生の皆さんも実行委員会として協力されたそうです。

写真)上は、コンサートの最後に「ふるさと」を歌っています。
   下は、コンサート後の交流会で家族写真を撮る木下絵美子さん。お父様は木下博信教育長。
【2011/11/04 06:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
11月1日から15日まで曹洞宗九州管区センターテレホン法話を担当しています。
(以下は、テレホン法話原文のままです)テレホン法話092-622-6160
(注)2分50秒から2分55秒内での法話ですから内容がどうしても限られてしまいます。

こちらは、曹洞宗九州管区教化センター心の電話です。
今回は、利行についてお話し致します。
利行の利は、利益の利と書きます。行は行うということで人様の為になる行いをするということです。
 現代の言葉で言うと「ボランティア」とも言えるでしょう。
3月11日、東日本大震災が発生し未曾有の大災害となって2万人余の犠牲者を出しました。震災の直後から全国は元より世界各地からボランティアに多くの人々が駆けつけました。
 道元禅師は、利行について 愚人思惑は利他を先とせば自らが利省かれぬべしと、しかには在らざるなり利行は一法なり遍く自他を利するなりと説いておられます。
 解り易く言いますと、愚かな人は人の為になることをすれば自分が損をすると思う。そうではない、利行は仏法の実践であり遍く自分も他人をも利益をうけるのだということです。
 「情けは人の為ならず 巡り巡りて我が身まで」という諺があります。
この言葉は、人様に情け、つまり良いことをしてあげることは人の為にするのではない。その結果は、巡り巡って我が身に戻ってくるということです。
 私は、自殺防止ネットワーク風というNPO法人の相談員をしていますが、今年の8月のある日、1年ほど前から時々相談を受けていた50代の女性から電話がありました。とても元気な声で「先生、私気仙沼に来ています。私にも何か出来ることがあるのではないかなと思って思い切って来ました。
 被災者の皆様のお手伝いをさせていただいていますが、ここに来て良かったです。私が死のうと思っていたことがちっぽけなことに思えてきました。先生に相談して良かったです。」と話してくれました。
当にこれが道元禅師の利行であります。
【2011/11/02 00:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
TPPに関する元農水大臣 山田正彦先生からのメールを紹介します。
 私は、民主党県連の役員をしている時から長崎県の民主党衆議院議員山田正彦先生とお会いして以来、応援してきました。
 メルマガを送って下さるのですが、今日はTPPについての興味深い内容ですからそのまま紹介します。

(以下は、山田正彦元農水大臣のメール原文のままです)

☆第150回 山田正彦メルマガ☆

10月23日のブログから

カーク代表は、記者会見で
「震災後のこの時期、東京が参加を決めることは期待してない」
と述べている


昨日、友人から平泉の中尊寺の弁慶のお守りをいただいた。
「山田さん、弁慶のようにTPPに立ちはだかってください・・・・」
「有難う」と受け取った。
どうも私に、弁慶が矢を数十本も射られながら、死んでも仁王立ち
になって義経を守った故事に例えて、とことんTPP参加を阻止して
欲しいとの想いだろうか。

ようやく、今回のTPPは、これまでのような通商条約でなく、国の形
そのものが損なわれることになりそうなことが一部のメディアでも取
り上げられるようになった。
米韓FTAを見ても、国民皆保険の制度がすでに自由診療が認めら
れるようになって、米国の営利法人の自由診療病院が認められてい
る。政府もこれまでは、TPP交渉においては医療の公的保険には交
渉の対象外であるといってきたが、先日の厚生労働委員会で、小宮山
厚生労働大臣も米国から公的医療保険において自由診療を求める旨
の要望がきていることを認めた。
オーストラリア、ニュージーランドのケルシー教授らにリークされている
TPPの交渉内容からも医薬品の認証、価格決定に関して、米国のルー
ルを押し付けられていることが明らかになってきた。
国民もこれまでのように安価に薬を入手できなくなろうとしている。

それだけではない。公共調達(公共事業)の分野では、今でも次々に
倒産しているのに中小の土木建設会社は深刻な打撃を受けることに
なる。
TPPはもともとブルネイ、シンガポール、チリ、ニュージーランドの4カ国
が原締結国だが、それをもとに話し合いが続けられている。それによる
と、これまで市町村もWTOでは23億円までの公共工事は国内優遇が
できたが750万円以上の工事では英語と日本語で入札にかけなけれ
ばならなくなる怖れが生じてきた。

食の安全も脅かされる。現在TPPでは遺伝子組み換え食品の表示をで
きないようにするするための話し合いが為されている。政府もそれらの
怖れがあることを、ようやくペーパーで認めた。
残留農薬についても日本はコーデックス基準に従って厳しくしているが、
米国が主導して、発癌性があるとして日本では禁止されているポストハ
ーベスト農薬を認めさせようとしている。厚労省も26の食品添加物につ
いても怖れていること口頭で認めた。大変なことになる。

今、放射能、セシウムなどが食品に含まれて、内部被爆のことが連日
報道されている。米国では輸出用の遺伝子組み換えのジャガイモを芽
が出ないように放射線を照射している。
日本は禁止しているが、TPPに交渉入りすればそれらのジャガイモが
どっと輸入されることになる。

昨日、TBSで弁護士資格のことがTPPでどうなるか放映されていたが、
それだけでない。越境サービスの分野で、医師、薬剤師、建築士、公認
会計士、税理士などの資格が相互承認されることが明らかになってきた。

TPPお化けではない。現実のものになるのだ。
それでも、交渉入りして情報を得てから、日本に不利益であれば撤退す
ればいいと前原政調会長は述べている。しかし玄葉外務大臣も述べてい
るように、一旦交渉入りすれば抜けられものではない。先ず交渉入りする
だけでも高いハードルがかけられている。
あれだけの農業国カナダも交渉入りを望んだが、自国の酪農製品の関税
をゼロにする約束ができなかったばっかりに、交渉入りを断られたいきさつ
がある。
日本も例外なき関税の撤廃、コメなどすべての物品の関税を10年以内に
撤廃することを宣言しなければならない。経産省は当初からの例外が認め
られるようなことを喧伝しているが、そうではない。外務省も関税ゼロの約束
をした上で、交渉入りしてから、コメの関税について例外の可能性がないわ
けではないと述べている。

関税だけではない。米国がねらっているのは、24の分野、金融、保険、政府
調達(公共事業)、知的財産権、投資、紛争解決など多岐にわたる分野での
ルールをTPP参加国で共通にしてしまおうと提案している。
政府のペーパーでも、随所に国内法の見直しが必要になると示唆している。
交渉に入る前に例外なくこれらのルールをマルチの交渉でのテーブルにあ
げることを約束しなければならない。
マレーシアが最後まで政府調達の国内優遇にこだわったが、ルールに従うこ
とを約束して交渉に入ることができた。

しかも、交渉に入るには各国の同意、米国議会の承認が必要となる。これだ
けでも、一旦交渉に入ったら抜けられないことが分るだろう。あまりにも政府
からの情報が不足している。
これでは国会の議論もできない。ましてや国民もTPPとは何だろうと思ってい
るのが現状ではないだろうか。

私達政治家は、後世に「想定外だった」と言わせないようにリークされた情報
を国民に知らせて、徹底的に議論を尽くさなければならない。APECまでに
参加の結論をどんなことがあっても出させてはならない。

考えれば考えるほど、大震災、福島原発事故の直後にこのようなこと言い出
すこと自体許されることではない。
米国のワシントン・トレード・ディリーによれば10月26日の記者会見でカーク
通商代表は「我々はこの交渉を長引かせたくない。政府はTPP交渉をドーハ・
プロセスのように難航させたくない。そのような遅いペースに陥らないためには、
米国政府は現在の参加国(9ヶ国)による構成が好ましい」と述べている。
なんとしても日本がTPPに参加することを阻止しなければならない。

私はそっと「弁慶のお守り」を握り締めた。
【2011/11/01 14:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。