宇城地区保護司会の研修・・・福岡市の更生保護施設と福岡拘置所
 今日は、宇城地区保護司会の研修会でした。
午前八時に宇城市役所を出発して福岡市の更生保護施設「福生会」に行きました。
参加者は、宇城地区の保護司30名と宇城広域連合の職員2名です。
 更生保護施設と言うのは、刑務所から満期又は仮釈放て出所した人の中で帰る場所のない人、帰る場所があっても旅費がなくて帰れない人、仕事を見つけれることが困難な人を3カ月程度、衣食住を提供し、日雇労働などに従事させて「貯金」をさせて社会復帰を促すための施設です。
 熊本市にも「更生保護会」の施設があります。
 福生会には、現在18人の人が社会復帰を目指して頑張っているそうです。ご承知の通り、現代の社会情勢は厳しいものがあります。まして、刑務所帰りとなれば、雇う側も引いてしまいますが、それでも協力事業主は雇ってくださるのですから有り難いことです。
 昼食は、ホテルヒルトンシーホークで開催中の宇城の産物を使ったランチを食べました。
 魚介類や野菜を使った上品な料理を御馳走になりました。

 午後からは、福岡拘置所でした。
拘置所は、刑が確定していない「被疑者」や「刑事被告人」を収監しています。刑が確定した者でも短期の被収容者が洗濯や清掃、食事を作る為に収監されています。

 ここには、九州で唯一「刑場」があり、死刑囚も収監されています。
今日は、拘置所長が自ら所内を案内してくださいました。

 犯罪のない社会を願うばかりでありました。
スポンサーサイト
【2011/02/24 19:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日、得度式をすることになりました。(追記)終わりました。
2011_0218_235013-CIMG0295.jpg
2011_0220_115501-P1080128.jpg
 今月1日から毎朝、坐禅と朝課(朝の勤行)を勤めている23歳の青年が16日の朝、朝課が終わってから「正式に得度してください」と申し出をしました。
 この半月間、一日も欠かすことなく勤めてきて覚悟もできたようですすから得度式をすることにしました。
 坊さんは一生涯「修行」です。
 今回、2人目の弟子を育てることになりましたが、むしろ弟子に育てられているのは師匠である私の方だと思います。
 弟子を育てることは、自らも律することが必要です。
自分ひとりであれば、自分自身を甘やかしてしまうこともあります。例えば、深夜まで酒を飲んだり、深夜まで仕事をしたりすると「昨夜は遅かったから少し寝よう・・」等と言う誘惑にかられます。
しかし、弟子が来るとなればどんなことがあっても一緒に努めなければなりません。
そういう意味でも「弟子に育てられる師匠」です。

 弟子に育てられる愚僧です(笑)

(追記)20日の11時半からご両親と妹さんも参列されて無事に得度式をしました。
本人が、御両親に対して礼拝した時と私が剃髪、授戒した時には私自身も感激しました。
23歳の若者が発心したのですから・・・必ず立派な和尚に育てます。
【2011/02/19 08:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
菅政権を打倒しよう・・・減税日本と民主党(国民生活第一派)を結集せよ
 国民を裏切り増税路線、官僚利権温存を図る菅政権を打倒する時が来たと思います。
 昨日、民主党の16人の国会議員が会派離脱届を提出しました。彼らの行動にこそ大義があると思います。

 私も、政権交代しなければこの国は救えないという強い思いから民主党で頑張ってきました。
 自民党政権を打倒して国民生活第一の政治を実現することに傾注してきましたが菅内閣は、嘗ての自民党政権と同様に官僚利権を温存し、「無駄を省く」と言いながら中途半端なままです。

 もう、菅内閣を打倒しなければ、この国はいよいよ救えない状況になる可能性があります。
民主党は、増税・マニフェスト修正の菅一派と増税反対・官僚利権廃止・国民生活第一派に分割すべきです。

そして、政界再編し新たな二大政党「増税日本党」対「減税日本党」(仮称)の対立関係に持ち込み国民生活第一の政治を実現するべきだと思います。
【2011/02/18 09:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
菅汚染民主党解体すべし・・・ 政界再編の時

 検察庁が二度にわたって「不起訴処分」にした小沢一郎元民主党代表の政治資金問題。
検察庁が「不起訴」とした問題について、「推定無罪の原則」を無視して、あくまで「小沢攻撃」を続ける菅一派の悪党どもです。
 菅直人とその一派に汚染された大義なき、正義なき民主党です。

 小沢一郎元民主党代表に対する「党員資格停止」という民主党の処分が強引に決められました。
ここまで酷い民主党は最早解体すべきでしょう。

 参議院選挙惨敗の責任を取らない菅直人民主党代表こそ処分すべきでしょう。「恥知らずの空き缶総理」としか言いようがありません。

 
 
【2011/02/16 14:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
参禅会のお知らせ・・・どなたでも参加できます。
 今月1日から毎朝、弟子入り希望の23歳の青年と一緒に朝の座禅とお勤めをしております。
 これまで、何人かの方から座禅会の開催のご要望を聞いておりましたが、この機会に毎朝座禅会のご案内を申し上げます。

 時間は、午前6時半から7時半まで(暁天座禅)と朝の勤行を勤めます。
希望者は、午前6時半前に拙寺までお出でください。

(注)4と9の付く日は、座禅は休みますので7時からの勤行だけします。
 尚、23歳の青年は、今朝の勤行の後で正式に出家得度したいと決意を語りましたので来週には「得度式」を行います。
 この青年は、ご両親が友人であり強力な私の支持者でもあります。
小学校から剣道を続けており次女と一緒に道場で剣道修業に励んでおりました。
なかなか忍耐力としっかりした心構えが出来ていますので得度させることにしました。

 私にとっては、二人目の出家の弟子になります。
きっと、良い和尚になると思いますし育てます。
【2011/02/16 08:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
新幹線の試乗会に参加しました。
 3月12日に営業運転を開始する九州新幹線熊本から博多間の試乗会のご案内をいただきましたので参加しました。
 午後4時43分に出発した電車は各駅停車で博多まで約40分で到着、帰りは新鳥栖駅だけ停車して熊本まで直行約34分ほどで到着しました。
 シートも内装もしっとりとした上品な質感がありました。

 これまで博多に行く時は、リレーつばめか有明で行ってましたが新幹線になると寝る間もなく着いてしまいます。
 一泊の出張も不要になり日帰りがほとんどになりそうです。

新幹線の全面開業は、人の流れ、物流にも大きな変化をもたらしそうです。
【2011/02/12 22:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
県議会議員選挙への姿勢は「住職としての立場」を最優先します。
 四月の県議会議員選挙、宇土市選挙区については住職としての立場を最優先して前面に出て運動することは控えたいと思います。
檀家様のご意見も訊いた結果、出した結論です。

(追記)
 今月6日、上村さんの事務所開きがありました。私もご案内をいただき出席を求められましたが寺の仕事の関係もあり欠席しました。
 メールで欠席の報告をしておりましたが、メッセージ披露の中で「議員団(支援する)の代表」ということで私を紹介されたと聞いておりますが、私は了解しておりません。
 確かに「支援する議員団の代表をして欲しい」という要望は他の議員よりありました、私は「首は縦には振りません」とお断りしました。
 誤解を招きますので明らかにしておきます。

 


 
【2011/02/12 22:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇土大太鼓フェスティバル実行委員会の第21回県民文化賞受賞祝賀会



昨日の18時30分より宇土市民会館大会議室で元松市長はじめ実行委員会のメンバー、多くの来賓、関係者が参加して開催されました。 私も来賓としてご案内をいただきましたので参加しました。
写真は 太鼓を叩く元松市長と参加者です。(写真をクリックすると大きくなります)
【2011/02/11 08:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
轟地区消防団の推戴式
 昨夜17時30分から宇土新町1丁目の三浦亭で轟地区振興会会長や堀内市議会議長、宮原宇土市消防団長など多くの来賓を招いて開催されました。
  私も地元選出の市議会議員としてご案内をいただきましたので出席しました。
 これは、27日に開催される市の消防点検に出場する3分団第3班の団員を激励する為に開催されたものです。
 19時10分には中座して知事との夢語り談義に出席しました。
【2011/02/07 06:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
熊本県地域づくり推進協議会・・知事との夢語り談義





 6日夕方18時30分から宇土市民会館大会議室で熊本県地域づくり推進協議会主催の「知事との夢語り談義」が開催されました。
 蒲島知事をお招きしも鹿児島や佐賀県唐津市、福岡市など県内外から約150名の方々が参加されました。
 この行事は、年一回、知事公舎の中庭で開かれていましたが今年は宇土市で開催されました。
 写真はその一部です。クリックすると大きくなります。
【2011/02/06 22:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる