自民党新総裁に谷垣氏・・・自民党は変われない。
 昨日の自民党総裁選挙の結果、谷垣氏が自民党新総裁に選ばれました。
 私は、河野太郎氏だけが自民党を民主党と政策で対峙できる政党にすることができると考えていましたから「変わることのできない自民党」という感想を持ちました。

 議員票は、圧倒的に谷垣氏でしたが地方票はかなり河野氏にも入っていました。
良識のある地方の党員は河野氏に新生自民党を期待したのだと思いますが、結果は、旧態依然とした自民党にしかなれないでしょう。
 しかも、献金は激減し、政党交付金も激減しますから「金権政治」が当然の自民党は崩壊していくことは間違いありません。
 
 もう既に、民主党に入りたいという地方議員や政治家を志す人たちが次々に出現しています。
 これまで、選挙では「金を貰うのが当然。接待が当然」と考えていた有権者も変わってくるはずです。

 金権選挙、金権政治の終焉を願うばかりです。

 もし、河野氏が同志達と離党してみんなの党と合流することができればみんなの党は、いずれ多くの支持を取り付け民主党と対峙できる政党に発展すると思います。
 さて・・・河野氏がどう動くか? 私は期待しています。
スポンサーサイト
【2009/09/29 21:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
福岡県朝倉市の三連水車
20090929192756
20090929192753
20090929192750
 今日は、九州四十九院薬師霊場会の年次大祭が福岡県の朝倉市の南淋寺様で開催されました。 終わって、三連水車を見学しました。
 この水車は、農業用水を配水する為に今も使われています。
何とも逞しい水車です。
写真の一枚目は三連水車。
二枚目と三枚目は二連水車です。
 写真をクリックすると大きくなります。
【2009/09/29 19:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
女性教師を食い物にして殺害した卑劣な男・・・極刑を
女性教師を食い物にして殺害

 こんな悪党には「極刑」しかないと思いますね。
 交際相手の女性教師から金を借りまくって学校の積立金にまで手を着けさせ、返済を迫られると殺害して遺体を遺棄した卑劣な男、こんな悪党は反省することはしません。
 生かしておくのは税金の無駄だと敢えて言いたいです。

 こんな悪党を女性教師に紹介した人間も責任を問われるべきでしょう。

 先だって、この悪党がテレビ番組の中で記者から質問を受けているところが放送されましたが、白々しい態度には怒りを覚えました。

 裁判員裁判になりますが、「死刑判決」を裁判員が下せるかどうか注目されます。

 
【2009/09/27 23:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
川辺川ダム中止を表明・前原国土交通大臣
 今日、川辺川ダム建設現場を視察した前原国土交通大臣は、関係市町村長、住民に対して正式に川辺川ダムの建設中止の意向を伝えたそうです。
 多くの県民が反対していたダム建設が中止され、五木村や相良村など関係市町村に対する支援策がこれから具体化することと思います。
 祖父の故郷である五木村の頭地がダム湖の底に沈まなくて済むことを嬉しく思います。
 しかし、地元の皆様に対しては出来る限りの支援策が実施されなければならないと思います。
前原国土交通大臣、川辺川ダム中止を伝える
【2009/09/26 18:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
自民党総裁選・・・自民党の再起はなるか?

自民党総裁選は、3人の戦いが繰り広げられています。
 国会議員199票の内100票を谷垣氏がまとめたそうですが、誰が自民党を再生するのに相応しいかと言えば、私は、河野太郎氏だと思います。

 要は、これまでの旧態依然とした自民党では、民主党との政権争いの相手足り得ないということです。
 旧態依然とした自民党からの脱却を訴える河野氏だけが自民党再生を叶えられる総裁になると思います。

 谷垣氏が総裁になれば、旧態依然とした自民党のままで、二度と政権与党にはなれないでしょう。
その場合、河野氏は離党してみんなの党と合流するか協力関係をつくることになると思います。

 河野氏が総裁になった場合には、派閥の領袖や古参議員は河野氏を見限って分裂する可能性もあります。ただ、この古参議員たちは消えた方が自民党の為でもあり国民の為にもなります。
 
 いずれにしても、今の総裁選を見ている限りでは自民党の再起は難しそうです。

自民党総裁選
【2009/09/25 00:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
第11大栄丸引き揚げ・・・遺族の願いが叶う
第11大栄丸引き揚げ

 今年の4月14日、長崎県平戸沖で沈没して12人が行くえ不明になっていた第11大栄丸の引き揚げが行われました。
 当初、85メートルの海底に沈んでいる船体の引き揚げ作業は財政的に困難と言われていましたが、ご遺族の切なる願いと多くの人達の署名活動、行政、民主党からの働き掛けもあって実現しました。
 船内の捜索は、これからになりますが12人のご遺体が発見されることを祈りたいと思います。

 私も、島原半島の西有家町に14年半居ましたが、その間、東シナ海ではえ縄漁をしていた船から落ちて亡くなられた方のお葬式もしたことがあります。
 遺体が発見できない場合のお葬式は、御遺影と御位牌だけでをお祀りします。
お葬式が済んだら、ご遺族と漁船に乗って海に出て御供物や花を海に流します。
ご家族は、嘆き悲しみ「お父さん届きますように」と願いを込めて流すのです。
 涙なしにお葬式をすることはできません。

 そんなご遺族のお気持ちを察すると第11大栄丸が引き揚げられたことを喜びたいと思います。

 民主党の山田正彦衆議院議員も船体の引き揚げを強く主張しておられましたからきっと安堵されたことでしょう。

 亡くなられた船員の皆様のご冥福をお祈りいたします。合掌
【2009/09/25 00:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
新司法試験合格率低迷・・・「国家的詐欺」という批判も有り
新司法試験、低迷する合格率「国家的詐欺」という悲鳴も

 「法科大学院終了後5年以内に3回以内で合格しないと受験資格を失う」というこの制度は、合格できなかった7・8割の法科大学院修了者の将来を潰してしまう大きな問題です。
 当初の国の計画では、修了者の7・8割が司法試験に合格して法曹資格を取得するとしており、法科大学院もそういうふれ込みで学生を募集していました。

 法科大学院の制度は、従来、司法試験合格後1年6か月間の司法修習生の間は「公務員」として国が給与を支給し、裁判官、検察官、弁護士の研修をさせていたそうですが、国の財政負担を少なくする為に「司法修習」を法科大学院で自己負担でさせた上で新司法試験を受けさせ、合格者には1年間のみの司法修習だけで卒業試験を課し、合格者には法曹資格を与えるというものです。

 つまり、この制度は単に司法制度改革という意味合いだけでなく「財政改革」という面があると言うことです。
 その結果、法科大学院の学生は、国立で70万以上、私学では150万円程の高額の学費を毎年払っているのです。
奨学金や教育資金の融資を受けて学んでいる学生は、卒業時点で莫大な借金を抱えることになります。
 3回の受験で合格しなければ受験資格を失くすという規則は、学生に対して大きなプレッシャーとなり、資格喪失後は、「高額の借金」だけが残ることになります。

 年齢的にも就職が難しい訳ですから何らかの「救済策」を考えるべきだと思います。
今後、大きな社会問題になることは間違いないでしょう。
 政府にも、早期対策を考えていただきたいものです。

 学生の募集に際して、法科大学院を卒業すれば高い確率で司法試験に合格するという錯覚を与えたことは国にも大学院にも大きな責任があると思います。

 「国家詐欺」と批判されるのも無理はないと思います。
 
【2009/09/23 23:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宮崎から無事に帰りました。
 宮崎市内の御寺様の御彼岸会説教から無事に帰りました。
 高速道路は交通量は多かったもののサービスエリア、パーキングエリアも渋滞もなくスムーズに走ることができました。
  
 途中の都城でインターを降り、このブログを読んでくださってコメントをいただき知り合った女性とお会いして一時間ほど喫茶店で環境問題やお互いの社会活動について意見交換をしてきました。
 この女性は、宮崎県では、ノルディックウォーキングや環境活動でテレビやラジオにもよく出演される有名人でした。
 法衣を着た坊さんとデート? したのは初めてのことだったそうです(笑)

 そんな素晴らしい人にプログを読んでいただいているとは・・・誠にありがたいことです。



 
【2009/09/23 22:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
地元で人権講話をします。
 10月1日、20時から21時まで宇土市神馬町の轟公民館で「人権講話」をします。
主催は、轟公民館と宇土市教育委員会です。
 どなたでも参加できるようですからご希望の方はご参加ください。無料です。

 演題は「いのちを語る 楽しい人権講話」です。
【2009/09/22 00:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
御彼岸中の連休・・・心配は高速道路の渋滞
 この連休は、シルバーウィークと呼ぶ連休だそうです。
4月末から5月初めの連休はゴールデンウィークと言いますがこのシルバーウィークはどう言う意味があるのでしょうか。

 21日の今日は、敬老の日でした。敬老の日が入っているから「シルバー」なのかと考えたりもしましたが、シルバーは銀ですから単純にゴールド(金)の次と考えるべきなのでしょう。

 それはさておき、明日は彼岸説教で宮崎市に行きますが心配なのが高速道路の渋滞です。
ETC割引で一律1000円になった為に高速道路の渋滞はかなり酷くなっています。

 高速道路が渋滞したらインターから侵入した途端にどうしようもなくなってしまいます。
途中でう回路にも行けませんし、ひたすら我慢するしかない訳です。
 道路情報に注意しながら一般国道を走ることも考えなければならないと思います。

 民主党がマニフェストに挙げていた高速道路無料化について世論調査の結果は、賛成よりも反対の人が3倍に上っているそうです。
 私も、単純に無料化することには「反対」であると思っています。
理由は、先般のブログに書いた通りです。
 この連休の渋滞を見ても無料化されたら渋滞に拍車を掛けることは間違いないでしょう。
渋滞は、ガソリンの消費を増加させますから温暖中ガスCO2の排出量は増加します。
また、公約の一つでもあるガソリン税の暫定税率の廃止によってガソリンの消費が伸びることも必定です。

 民主党は、まず九州と北海道で無料化を実施するそうですが、試験期間として2、3カ月程度やってみるのも一つの方法だと思います。
【2009/09/22 00:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
自殺防止ネットワーク・風をリンクに追加しました。
 NPO法人 自殺防止ネットワーク・風のホームページをリンクに追加しました。
全国に相談所がありますからご覧ください。
自殺防止ネットワーク 風
【2009/09/20 00:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
「障害者自立支援法」の廃止を明言・・・長妻厚生労働大臣
 この記事は、08年3月28日に書いたものです。
 19日、長妻昭厚生労働大臣が障害者自立支援法の廃止を明言されましたので再掲します。
 やっと、念願がかなうことになりました。政権交代は本当に大きな変化をもたらすものです。

昨夜は、7時から9時まで社会福祉法人銀河の会の評議員・理事会でした。
知的障害を持つ人達の通所作業所が「銀河カレッジ」(ホームページはこのブログからリンクしています)です。
現在、25人の人達がパンやクッキー、ジャムを作ったり、レストラン「昭和カフェ」を営業して生きる力を養っておられます。
 昨夜の会議の中の決算・予算審議の中で「障害者自立支援法」が彼らに重い負担を強いており、厳しい生活に追い込んでいる実態を改めて確認しました。
 彼ら一人一人が1月頑張って手にすることが出来る収入は月額1万円だそうです。ところが、障害者自立支援法によって負担しなければならなくなった「施設利用費」が月額9,200円ですから差し引き800円しか残らないのです。
 信じられないような話でしょう。
 多くの人達が言い続けている「障害者自立支援法」は本当に悪法としか言いようがありません。
 民主党は、既に参議院で同法の廃止を議決していますが衆議院では、与党が未だ審議すらしていないのです。
 私や多くの人が「障害者自立阻害法」と言い続けているこり悪法の早期撤廃を求めなければいけないと思います。

 銀河カレッジで作られた物は、とても美味しくて安いですから多くの方々に食べていただきたいと思います。
 昭和カフェもレトルト調の店内はとても雰囲気が良く、料理も好評で人気があります。
是非、お立ち寄りいただき美味しい食事を召し上がっていただきたいと思います。

 今日は、長崎県雲仙市国見町の常春寺様の法要のお説教を11時からと13時からの2回、引き受けておりますのでこれから出かけます。
 天気が良いので普賢岳がよく見えることと思います。

 このブログを読んで出勤される皆さん、気をつけて行ってらっしゃい。
障害者自立支援法廃止を明言・・長妻厚労大臣
【2009/09/20 00:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
酒井法子の更生を願う
 酒井法子の覚せい剤事件では、間違いであって欲しいという願いも虚しく使用していた事実が判明し落胆してブログに取り上げる気も失くしていましたが保釈されて久しぶりに顔をみましたので更生を願って書くことにしました。
 
 一般の覚せい剤常習者が刑務所や拘置所から帰ってくると「売人」に狙われるのが常でありますが酒井法子の場合は、厳しい監視の目があることは間違いありませんので売人が近づくことは難しいと思います。
 だからこそ、覚せい剤を絶つことが可能だと思います。

 この際、しっかりと反省し更生してもらいたいと思います。
酒井法子涙の謝罪会見
【2009/09/17 23:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
鳩山民主党政権が発足、大変革の始まり
 鳩山内閣の顔ぶれは、適材適所、政権交代に相応しい顔ぶれだと思います。
各省庁への初登庁から記者会見まで「脱官僚」色が明確に出ておりました。

 「国民生活第一の政治」が始まります。
 一昨年の参議院選挙で勝利し、今回の衆議院総選挙で勝利するまで、ひたすらに候補者達を支え続けてきたことを誇りに思います。

 民主党のマニフェストについて、私としても懸念していることもありますが民主党政権の良識によって国民生活にとって最良の形で実現されることを望みます。
私が懸念していることは次の事項です。

①高速道路の無料化について
 温暖化防止の観点からCO2の排出削減ぱどうなのか?
 高速道路の渋滞という問題。
運送業・バス事業者に与える問題。
 高速道路の利用増によりフェリーや鉄道、航空利用客の減少がそれらの企業経営に与える影響の 問題。
 高速道路料金所職員の処遇の問題
 高速道路の維持課管理経費をどうするのか?
(私見)
 温暖化の問題や事業者に与える影響などを検証しながら進めるべき。マニフェストの変更が必要となれば勇気ををもって変更すべきだと思います。

②子供手当について
 児童虐待が大きな社会問題になっている今日、親としての資質の無い喪のも多い、本当に子供の為に使われるのか?
 財源として配偶者控除、扶養控除が廃止されることで大学生や専門学校生、就職浪人、大学浪人、ニートを抱える世帯はかなり負担が重くなる。その点をどうするのか?
高額所得者に対して同様に子供手当が必要なのか?
(私見)
 従来の児童扶養手当、母子加算は存続させる。
 学校給食の無料化や教材費に当てる。
 小学校入学時の制服やランドセルなど必需品を支給する。
 修学旅行費用を公費負担とする。

 教職員を増員し負担を軽減する。
 
【2009/09/17 08:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
明治維新以来の大変革・・・鳩山民主党政権樹立
 16日は、明治維新以来の革命的政治変革をもたらすであろう本格的な政権交代が実現します。
民主党鳩山政権が目指すのは「国民生活第一の政治」です。
 官僚支配と利権政治を排し国民生活本位の政治を実現することです。
勿論、民主党のマニフェストが全て正しいとは思いませんが一つ一つ吟味しながら実現すべきものは実現し、変更を要するものは変更すべきだと思います。

 私自身としては、鳩山政権は、より多くの国民の期待に応え得るものと信じております。

 内閣の顔ぶれが大方決まったようですが発表が楽しみです。

 
【2009/09/16 00:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
教え子に強制猥褻、強姦46件・・・鬼畜教師に懲役30年
教え子脅威猥褻、強姦46件、教師に懲役30年
 教え子に対する強制猥褻や強姦とは呆れた鬼畜野郎です。
 こんな鬼畜野郎が教壇に立っているとは・・・教育委員会の採用担当者も責任重大です。
 被害者の子供達だけではなく家族や同級生、友人達も取り返しのつかない被害を被っているはずです。
 懲役30年が長いか短いか?・・・刑務所でまじめにしておれば20年程度で仮釈放の可能性もあります。
 このような鬼畜は、再犯の可能性が極めて高いと思います。
 もっと厳しい刑にすべきだと思うのは私だけではないと思います。
【2009/09/14 20:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
自民党宮崎県連中山成琳氏を除名処分に
 先の衆議院選挙宮崎一区から強行出馬した中山成琳氏が自民党宮崎県連から除名されました。
分裂選挙を強いられた自民党宮崎県連は、公認申請した上杉候補を公認しなかった自民党本部に対しても怒りは治まらないようです。
 当然と言えば当然のことですが、中山氏に遠慮して上杉氏を公認しなかった自民党本部の無責任さは追求されてしかるべきでしょう。

 中山氏が選挙応援に呼んだ田母神氏の発言も良識ある国民の批判を招いたことは間違いないと思います。その点も検証していただきたいものです。
 自民党宮崎県連、中山氏除名処分に・・・
【2009/09/14 17:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
崩壊する自民党・・・国民から見捨てられる運命
 議員控室の交換に難色を示す自民党
 救いようのない自民党の先生方です。
 衆議院選に惨敗して政権交代が目前に迫っている時に、この我儘は「見苦しい」としか言いようがありません。
 私が自民党が嫌いなのは、全てが金権選挙、金権政治、利益誘導の体質が当然の如くまかり通っているからです。
 そして、この傲慢さです。
 自民党が再び政権に復帰できるとする国民がかなりいるようですが、私は、崩壊するしかないと思っています。こんな政党は崩壊した方がこの国の将来の為だと思います。

 今日の熊本日日新聞の夕刊「ハイ!こちら編集局」に読者からの電話投稿が載っていました。
 投稿したのは、67歳の元会社員の男性です。
「国会控室ドタバタ 難しい自民の再生」という見出しで
「衆議院議員の国会控室の割り振りをめぐって自民党と民主党がもめていますね。自民党は300前後から119議席に減らしたのに、今まで通りの広い控室を要求しているとテレビで知り驚きました。ある議員が『引越し費用がかかる』と答えていましたが、300人で使える部屋を119人で使う方が勿体ないですよ。私はずっと自民党を支持してきましたが、今回は『警鐘を鳴らしたい』と思ってあえて民主党に投票しました。でも、控室をめぐるドタバタ劇を見る限り、自民党の再生は難しそうで残念です」と言う内容です。

 まさにその通りだと思います。
 自民党政治が必要だった時代は終わったということです。
 自民党の良識のある議員、政治家は、古い自民党政治に固執する議員達とは縁を切って新しい政策グループを作るべきです。
 そのグループは、金権選挙、金権政治、利権政治と決別して政策で民主党と対峙することのできるものでなければ大きな政策集団、政党には成り得ません。
 それができた時に初めて、政策論争で政権交代の可能な二大政党制が実現するのです。
【2009/09/10 23:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
坂本龍馬像製作中 小崎侃先生
20090910080124
20090910080122
20090910080120

 8日の午後から長崎市の皓台寺様の開山忌法要に行き、9日の朝から友人であります版画家の小崎侃先生宅にお伺いしました。
 今、写真の坂本竜馬像を製作中です。
この像は、長崎市の丸山公園に11月に建立される予定です。
この石膏の像から鋳型を造って鋳物の銅像ができるのだそうです。

 来年の大河ドラマは「竜馬伝」ですから、きっと長崎は竜馬ファンで賑うことでしょう。
丸山公園のすぐ近くには、坂本竜馬が付けたと伝えられる「刀傷」のある柱がそのまま残されている料亭「花月」があります。

 若き竜馬達が通った花街・遊郭街が長崎の丸山です。勿論、今はありません。
 長崎県は、県の条例でソープランドも営業できないことになっています。
寺町や商店街から丸山への入り口が「思案橋」ですが、「行こうか?」「行くまいか?」と思案した橋があったので思案橋と名付けられたそうです。

 今年の12月には、長崎市へ説教に行きますから完成した竜馬像を見れそうです。
 
【2009/09/10 08:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
エセ宗教に注意しましょう
金沢の宗教法人・ご神体で10億円所得隠し

 宗教法人を買収したり設立したりして「宗教活動」らしき行為をなして、人々を惑わし、高価な物品を買わせたり高額の「お布施」を請求して荒稼ぎしている連中がいます。

 高額な物を買わせたり高額の御布施を請求する「宗教法人」と「宗教家」にはくれぐれもご注意いただきたいものです。

 かつて、統一教会の霊感商法が大きな社会問題となりましたが、他にも相変わらず同様の「サギまがい」の行為を繰り返している輩が居るようです。

 このようなサギまがいの行為をする教団、エセ宗教家に騙されない為には、高額の物品の買い取りや高額の「御布施」を請求されたらまず「ニセ者」と疑うことです。

 もし、このブログを読まれた方で迷っておられる方がおられたら私にメールでご相談ください。
きっと、すっきりと解決できると思います。
【2009/09/08 00:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
民主党熊本県連常任幹事会
 6日(日)13時30分から衆議院選挙後初めての常任幹事会が開催されました。
 多くの常任幹事が日焼けした顔を並べました。
中でも私の日焼けが一番酷かったように感じました。
 初当選を果たした福嶋健一郎、後藤英友氏も元気な顔を見せてくれました。
福嶋氏はすっかり日焼けしていましたが後藤氏はさほど日焼けしていないような気がしました。
 体質も皮膚の質も異なりますから一概には言えませんがどちらもよく頑張ったということでしょう。

 今回の衆院選は、政権交代への第一歩であり国民生活第一の政治を実現する為の大変革への第一歩でもあります。
 また、来年7月の参議院選挙への戦いも始まりました。
熊本選挙区の候補者はまだ決まっておりませんが一対一の戦いに勝たなければなりません。
これから本格的な準備に取り掛かります。

 
【2009/09/07 00:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
横井小楠生誕200年記念講演・6人の講師が語る横井小楠
 今日は、午前10時から熊本市秋津公民館で横井小楠生誕200年記念「6人の講師が語る横井小楠」第1回目の講座が開催されましたので参加しました。
 講師は、郷土史家の荒木栄司先生で演題は「横井小楠の維新方針について」
 受講者は約140名ほどでした。
 
 私は、7年ほど前にも連続で開催された横井小楠塾にも参加しましたので久しぶりの参加でしたが以前お会いした方からも声を掛けられ再会を喜び合いました。

 しかし、参加者の殆どが60代以上の方で40代・50代が10人程度だったようです。

 年配の方々は、時間的ゆとりがあるということと勉強できるということで参加者が多いのだと思います。
 これからの時代を背負っていく世代の人達にも熊本が生んだ幕末の思想家横井小楠とその教えを学んでいただきたいものです。
 次回は10月3日午前10時から。講師は、横井小楠研究家・徳永 洋先生です。
 残念ですが私は、他の行事の講師を受けていますので参加できません。
【2009/09/05 23:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自民政権奪還できる66%・・・読売調査
 読売新聞が行った世論調査の結果、衆院選で惨敗した自民党再び政権をとることができると答えた人が66%に上ったそうです。
 

 私は、自民党が政権を取れるのは民主党が大きな政策の過ちを犯した時か早期に解散をせざるを得ない状況が起きた時以外はあり得ないと思います。

 民主党政権が4年間解散せずに済んだ時には、自民党が勢力をある程度回復し二大政党として拮抗してくるのではないでしょうか。
 恐らく、その時点での逆転はないと思います。理由は、政権与党ではない自民党に対して献金をする企業、団体は確実に激減しますからこれまでのような金権選挙ができなくなるからです。

 まして、民主党政権が主張している企業献金、企業によるパーティー券の購入の禁止が決まれば致命的となりましょう。勿論、民主党や他党にとっても同じことが言えます。
 しかし、それが政治の公平性を保つことになるということです。
 政党交付金も激減しますからこれまでの自民党の金権体質は改善され本当にクリーンな政党に生まれ変わることでしょう。

 それで初めて政策で戦う二大政党制が実現するのだと思います。

 政治家は、本当に国民生活を第一に考え行動し、国民は、目先の利益ではなく国の行く末と国民の生活を第一に考えて行動する政治家に投票すれば必ず良い国になって行くと思います。

 話は変わりますが、長男が法科大学院の研修で熊本市内の弁護士事務所に10日間行くことになり今日で5日目です。
 夕食の時に、一緒に酒を飲みながら法律談義をしましたが、流石に弁護士を志しているだけに専門的で私はとてもかないません。
 親ばかと言われそうですが小学校の4年生から弁護士を志していました。
弁護士と住職を兼職してくれるそうです。多くの悩める人達を救うことができれば和尚としても素晴らしい事だ思います。
 しかし、来年は司法試験というとてつもなく高い山を乗り越えなければなりません。
 親としては、精一杯応援したいと思います。

 酒を飲んで寝てしまいましたので深夜にごそごそ(いつものことですが)ブログを書いております。
 今日は、連合宇城地協の学習会が人吉市で開催され、私は、民主党のマニフェストについて講話をすることになっています。
 学習会ですから、それぞれの項目に対して賛否両論、様々な意見も聞いておきたいと思います。
自民政権奪還できる・66%・・読売調査
【2009/09/04 01:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
民主党の看板撤去・・・ご協力ください
 今日は、富合、城南、宇土市内の民主党の看板の撤去をしました。
 撤去してしまった積りですが、
もし、皆様の近くに看板を見かけられたらお知らせ下さい。
 ご協力をお願い致します。
【2009/09/03 00:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自民党は再び政権を取れるか?
 自民党の歴史的惨敗と民主党の大勝利によって、いよいよ16日鳩山民主党内閣が発足します。
これから4年間、余程の国民に信を問うべき問題が起こらない限り解散はないでしょう。

 これから4年間、自民党がどう変わって行くのかも興味があります。
自民党議員は、小泉チルドレンだけが金権選挙をしなくて済んだぐらいでこれまでの議員は選挙に多額の資金を要していました。
 しかし、これから4年間は野党ですから企業献金も激減することは間違いありません。政治資金を集めることもなかなか難しいはずですから求心力は急速に退化することは間違いありません。

 財政的にもかなり厳しくなることでしょう。

地方議員も自民党に留まるか民主党に行くか?で大いに悩むことでしょう。
じわじわと民主党にすり寄る議員が多くなることと思います。

 来年7月の参議院議員選挙の結果次第では、一挙に自民党崩壊が進むことは間違いありません。

 衆議院総選挙の結果を見てみますと北から南に下がるほど民主党が勝利した選挙区が少なくなっています。
 これも東高西低で、嘗て明治維新を起こした主流派である四国、特に高知県、山口県、鹿児島県が多いように見えます。
 かつて明治維新の時に、明治新政府と戦ったのは徳川幕藩体制を維持しようとした会津藩をはじめとする東北北海道の諸藩でした。
 今は、逆に明治維新を成し遂げた諸藩の末裔たちが民主党政権の樹立に反対し体制維持を図っているようです。
 歴史は繰り返すとは本当のようです。

 4年間民主党政権が続けば、自民党の力も激減することは間違いありません。
 
 
 

 
【2009/09/02 00:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる