スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
詐欺師まがいの森田健作知事に改革ができるか?
 先日の千葉県知事選挙で当選したタレント森田健作氏は、自民党東京都第二支部の現職支部長であり、自民党からの献金も受け続けていたことが明らかになりました。
 コミニティサイト、ミクシィの毎日新聞に載っていましたが、ミクシィは会員以外は見ることができませんので他の人のブログをリンクします森田健作の疑惑について

 まさに、詐欺師顔負けの偽装無所属です。
 選挙で有権者を騙した者がまともな政治ができるでしょうか?
 最初から、自ら「信頼関係」を潰しているのですから・・・こんな輩が知事とは笑わせ者です。
 
 さよならは誰に言う・・・さよならは正直だった自分に言う・・・さらば正義と言おう。
 これが青春だ・・・   これが政治家だ。

 清潔感のあった森田健作に対しては、好感を持っていましたが、この最低野郎には嫌悪感を感じます。
gooニュース・森田健作は自民党支部長
スポンサーサイト
【2009/03/31 08:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
森田健作氏の千葉県知事当選に動揺は無用・・・正義は民主党に有り
 29日に行われた千葉県知事選挙で、タレントの森田健作氏が当選を果たしました。
自公両党と経済界、官僚はマスコミと攣るんで、この結果を受けての民主党小沢代表に対する辞任要求キャンペーンを展開するでしょう。
 しかし、民主党は全く動揺する必要はありません。

 今回の選挙結果は、タレントでもある橋下大阪府知事、東国原宮崎県知事の誕生と同様に、森田健作というタレントが千葉県を元気にしてくれるのでは・・という期待感と知名度の高さにあったということです。
 
 森田健作氏は、前回選挙の落選から4年間をこの知事選挙に向けて準備を進めてきたのですからこの結果は予測できた当然の結果だと思います。

 実質的には、自民党の支援を受けながら「無所属」の看板を掛けるやり方は如何なものでしょうか?
穿った見方をすれば、自民党の看板を掛けることが候補者にとって決してプラスにはならないということの証明でもあります。

 民主党は、この結果に動揺することなく、確固たる信念をもって、来るべき総選挙に勝利し政権交代を実現すべく邁進すべきです。
【2009/03/30 02:33】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
民主党小沢代表は辞任する必要はない。
 西松建設が政治団体を通して政治献金をしていた問題で、小沢一郎民主党代表の公設第一秘書が起訴されたことを受けて小沢代表に辞任を求める声が与野党から挙がっていましたが、民主党は小沢代表の継続を選びました。
 私は、それが正しい選択であると考えます。
 以前にもこのブログに書きましたが、秘書は「政治団体」からの献金として受け入れているわけでありますから何等違法性はないと言わざるを得ません。
 もし、逮捕起訴が正当であれば、自民党の二階議員や森元総理や多くの議員が責任を問われ、その秘書達が同じ罪で逮捕起訴されるべきであります。
 検察は、二階氏の西松建設からの献金問題についてだけ「捜査」を始めましたが、これは、漆間官房副長官の失言の結果、捜査に踏み切らざるを得なかったということでしょう。
 検察は、二階氏を生贄として、小沢代表の政治資金問題に対する検察の捜査に対する「国策捜査」という批判をかわす狙いがあるようです。

 先日の共同通信の電話による世論調査の結果、小沢代表の対応に対する批判が多いこと、総理に相応しいのが麻生太郎という意見が僅かに上回ったことは、与野党逆転を阻止しようとする政権与党と経済界、官僚、マスコミの作戦の効果が現れたということです。

 しかし、世論は、民主党中心の政権の誕生を願う声が多いことは変わってはおりません。
従って、自分達の既得権益を守りたい政権与党と政権交代を阻止しようとする経済界、官僚とマスコミは、益々牙を剥いて民主党に攻撃を仕掛けてくるでしょう。

 定額給付金が支給され初めましたが、私が彼岸中お伺いした8ヶ寺、10席のお説教中に意見を聞いた結果は、圧倒的に反対でありました。
 また、高速道路の一律1000円についても、二酸化炭素の削減と言う問題からも借金塗れの財政から高速道路会社に通行料の補填として5000億円支払われることについも圧倒的に反対の声が多かったのでした。

 国民は、政府、自公党が考えているほど馬鹿ではないということです。
 税金を使った給付金という「現金買収」か消費税でガッポリ利息を付けて回収する「高利貸し」という愚作を国民は見抜いているということです。

 私も何度か、小沢代表と直接面談し話を聞いたことがありますが、本気で「国民生活第一」を考えておられることを確信しました。
 だからこそ、私は民主党に席を置いて国民生活最優先の政治を実現する為に頑張っているのです。
 
 偏向報道を繰り返すマスコミに騙されないようにしましょう。
【2009/03/29 01:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
山口県長門市の大寧寺
20090327084232
20090327084223

山口県美祢市の刑務所、社会復帰支援センターの視察に行きました。
 その後、長門市まで足を運び、曹洞宗の大古刹大寧寺に参拝しました。 4分咲きの桜が季節外れの冷たい風に寒そうに揺れていました。
 美祢市の社会復帰支援センターは、全国に4箇所、民間の資金と活力を導入して設置された刑務所です。
 この施設は、男女500人の刑期二年未満の受刑者が社会復帰を目指して職業訓練に励んでいます。
 職業訓練や学習時間を確保する為に、食事や洗濯、掃除なども民間業者が請け負っています。
 これまでの刑務所と違って、とても明るい施設でした。
 1000人収容の施設では、約250人の刑務官が必要だそうですが、ここは、民間に委託しているために123人の刑務官と民間会社の社員で運営しているそうです。
 従って、過疎地の美祢市周辺からの雇用が確保でき、食材等も地元産のものを利用していると言うことでかなりの経済効果もあるということでした。
 
 大寧寺は、大本山総持寺(能登)の石屋真梁禅師開山の古刹です。
もう直ぐ、開闢600年を迎えるそうです。なかなか立派な構えのお寺でした。
 
【2009/03/27 08:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
彼岸会説教が終わりました。28日は玉名市の広福寺様です。
 今日、熊本市の国分寺様の彼岸会法要があり私の春彼岸法話も終わりました。
熊本市内5ケ寺、長崎県佐々町と世知原町2ケ寺4席、計9席の彼岸法話でした。
 長崎のお寺さんは、何度もお説教に行ったことがありましたが熊本市内のお寺さんは1ケ寺以外は初めてでした。
 多くの方々との出会いがあり、私としては、楽しく有意義な時間を過ごしていただいたと思っております。
 今月は、28日の13時30分より玉名市石貫の広福寺様の観音講法要の説教を勤めます。
 この法要は、どなたでも参拝できますので興味がある方、観音様の御利益をいただきたい方は是非お参りください。

 広福寺様は、菊池一族が大智禅師を開山に迎えて建立した大古刹です。
 曹洞宗の開祖道元禅師の御袈裟が大智禅師の遺物として残されており、県立博物館にて保管されています。

 ご住職は、自ら御袈裟を縫われたり、座禅修行、農作業にも精を出される素晴らしい和尚さんで私は心から尊敬しております。
【2009/03/25 20:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
WBC世界ペースボールクラシック二連覇の快挙達成・侍ジャパンおめでとう
 昨日は、韓国との決勝戦が午前10時からでしたが、11時から13時までお彼岸の法要と説教でした。
 3回まで1対0でリードしていましたが、説教が終わってテレビを観ると3対2で1点のリードでした。
 帰途、立ち寄った熊本市の保健所の駐車場でしばらくカーテレビで観ておりました。
 9回裏韓国の攻撃の時、マウンドに上がった杉内投手に代えてダルビツシュが登板しました時に思ったことが「やばいぞ」ということでした。
 そして、やっぱり同点に追いつかれましたので・・あぁ-
 しかし、さすがは同点で食い止めたダルビツシュと城島捕手・・・素晴らしい。
延長10回、見事な攻撃で2点を取り、10回裏はダルビッシュが一人だけランナーを出しながらも0点に抑えて見事な勝利でした。
 素晴らしいチームの素晴らしい戦いを見せていただきました。
 感動をありがとう・・・侍ジャパンの皆さん。
【2009/03/25 09:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
阿久根市議選・竹原市長支持候補が上位独占(訂正あり)
 鹿児島県阿久根市市議選の開票結果が出ました。

阿久根市議選開票結果
 竹原市長を支持する候補者全員が上位当選しました。
山田勝氏1227票、松元しげひさ氏1194票、石沢まさあき氏1029票、牛の浜由美し929票、牟田まなぶ氏925票でこの上位5人だけでも合計5304票です。

5300人もの市民が竹原市長支持候補に投票していますから市議会で再度、市長不信任案が可決されたとしても出直し市長選に再出馬する竹原信一氏が再選される可能性もあります。

 市議選挙の場合は、地縁血縁で投票する傾向が高いのですが、その市議選でこれだけの票が集まっていますから市長選挙になけば尚更、自らの意思で投票する人が増えると思います。

 市長反対派議員は、再度市長不信任案を提出し可決するでしょうが、全国の良識ある国民からの批判も甘んじて受ける覚悟が必要でしょう。
 どこの市町村の議員も本気で市民の為に働こうなどと思ってはいないのです。自分の利益優先です。極少数の人が本気で市民の為に働きたいと思っているのです。

 阿久根市の反市長派の議員さん達が自らの保身の為に、不信任案を再可決するのならば、それ相当の身を削ることをしない限り世論は支持しないと思います。

 いずれにしても、この市議選の結果は、阿久根市の将来だけでなく、全国の市町村議員選挙にも大きな影響を与えることは間違いありません。

 私は、竹原市長とその支持者、支持派の議員のご奮闘に敬意を表しこれからもエールを送りたいと思います。

(中面氏は市長派としていましたが反市長派だったようですから外しました)
【2009/03/23 00:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
阿久根市議選、今日投票・市民政治を実現する為に良識ある投票を願う。
 今日は、鹿児島県阿久根市で全国から注目されている阿久根市議会議員選挙の投票日です。
阿久根市民の皆様には、本当に市民の為になる政治を実現してくれる候補者に投票していただきたいものです。
 もう税金を無駄遣いする時代は終わりました。
このままの利権政治、情実政治を続けると北海道夕張市と同様に財政再建団体に陥ることになるでしょう。それは、市民ひとりひとりの大きな財政負担となって帰ってきます。
 つまり、この選挙はそういう大きく大切な選択選挙だということです。
 阿久根市民の皆さん、私は、皆さんの良識を信じたいです。
【2009/03/22 09:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
佐世保の説教から昨夜帰りました。
 19日の夕方から昨日まで、佐世保市の先隣り、佐々町と世知原町(現・佐世保市)のお寺さんの彼岸説教に行ってきました。
 3年振りの教場でしたが、多くの檀信徒の方々が私のことを覚えていただいており嬉しく思いました。
 今日から熊本市内のお寺さんが続きます。
頑張って楽しい法話を致します。
【2009/03/22 08:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
盗人猛々しい・AIGのボーナス支給
 経営破綻を防ぐ為に17兆円もの公的資金の注入を受けたアメリカのAIGが社員や役員に対して総額160億円ものボーナスを支給していたことが判り大問題になっています。
 盗人猛々しいとはこのことでしょう。
 本来ならば、自分の財産も投げ出すべき経営の責任者達が会社の救済の為の資金をぬけぬけと貰っている厚顔無恥な悪党です。
  我が国の金融機関も公的資金を注入して貰って救済されたのに貸し渋りや貸し剥がしをやってます。
 先ずは役員や社員の給与から削減するべきです。
本当に世の中不条理がまかり通るものですね。 
 「恥を知れ」と言いたいです。
【2009/03/19 22:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
闇サイト殺人犯に二人のみ死刑、一人は無期懲役の判決。
 今日、名古屋地裁で、闇サイトで仲間を募って若い女性を車で拉致して監禁、暴行して殴り殺した鬼畜三匹に判決が下されました。
 母ひとり子一人で支え合って生きてきた可愛い我が娘の命を残虐な手段で殺された母親の願いは、娘と同じように鬼畜達に「死刑」の判決が下されることでした。
 しかし、裁判所は、自首した一匹には「自首したことによって事件が明るみに出て解決できた」として無期懲役、二匹には死刑が言い渡されました。

 この無期懲役の奴は、どちらも控訴しなければ最低でも30年間服役することになりますが三食と寝る場所を与えられて生き延びていくのです。
 私は、刑務所で彼らを相手にしていますが、和尚という立場でなければ文句なしに「生かしておくのは税金の無駄」と言いたいところです。

 被害者とお母さん、ご親族や彼女の恋人の心情を考えると極刑以外にないと思います。
皆様は、どう考えられますか?
【2009/03/18 21:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
阿久根市議選スタート・トンデモ議員ご紹介します。良識ある投票を。
 ブログ「エピクテトスの悩み」エピクテトスの悩みに阿久根市のトンデモ議員の実態があります。 

 ブログや職員給与の公開で話題を呼んでいる竹原信一市長に対する不信任案可決による議会の解散に伴う鹿児島県阿久根市議会議員選挙が昨日告示され激しい選挙戦が始まったようです。
 今日の新聞によると、定数16人に対して前職11人と新人12人が立候補し、市長不信任案の再可決に賛成派が14人、反対派が7人、保留2人となっているそうです。

 この結果をみると、選挙結果の如何に拘わらず竹原市長に対する不信任案の再可決が成立しそうな気配です。

 私が見る限り、竹原市長の行動は、若干「やり過ぎ」の面はあるとは思いますが概ね正論であると思います。
 「エピクテトスの悩み」ブログを見ていただくと分かるように、トンデモ議員達がやっていることは明らかに「詐欺行為」であります。領収書を偽造してまで政務調査費を私的流用とする彼らの常識が問われます。こんな議員を選んだ市民の責任でもありますが最終的に市民一人ひとりの負担となって帰ってくるのです。

 阿久根市民の皆様、いや、全国の有権者の皆様には本当に国民・市民の為になるのはどの候補者か、どの政党かをしっかり判断していただきたいと思います。
【2009/03/16 08:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブルートレイン最終便・・・懐かしい思い出。
 昨日、熊本発東京行の寝台特急はやぶさと大分発東京行寝台特急ふじの最後の列車が上下それぞれラストランを終えました。
 私が最後にブルートレインに乗ったのは、今から30年も前のことです。
 当時は、熊本発東京行は「みずほ」で鹿児島と東京間が「はやぶさ」でした。
私が乗ったのは「みずほ」で熊本駅始発でしたが平成6年に廃止されたようです。

 昭和54年の5月、2年間の修業を終えて帰った私は、東京港区芝にある曹洞宗宗務庁で、6日間、年3回開催される布教師養成所に入所することになりました。
 5月のある日、まだ25歳の私は、剃髪して頭はピカピカ、改良会(略式の法衣)に下駄履きで出かけました。
 当時は、飛行機を利用する人が増加する一方で、時間のかかる寝台特急は利用客が低迷していたようです。

 熊本駅から乗車すると向かいの席は、偶然にも小学校時代からの同級生のお父さんでした。
日が暮れるまで談笑して過ごしましたが、いざ寝ようとすると「ガタンゴトンガタン・・・・・」と線路のつなぎ目を踏むたびに車輪から耳元までうるさい震動が伝わってきて眠れませんで長ーい長ーーい夜を過ごしました。
 今なら、酒を飲んでグースカグースカ寝るところですが、何分、品行方正な修行僧ですから(でした)から車窓から過ぎ行く景色を眺めて過ごしたものでした。

 睡眠不足のまま宗務庁に着くと、「方丈さん、下駄履きはできませんのでこのスリッパを履いてください」と職員から言われて「坊さんらしくしてきたのに・・・」などといささか不満でした。
 そして、6日間缶詰状態で研修を受けて再び東京駅から「みずほ」に乗ると・・・・・・・なんとなんと、またまた、向かいの席は、往路と一緒で同級生のお父さんだったのです。お互いにびっくり、しゃっくりでした。
 一緒に東京へ来て、それぞれ6日間を東京で過ごし、また同じ列車の同じ席で帰ることになっていたのでした。
 その方は、今もお元気でお過ごしです。

 私は、ブルートレインを利用するのをこの時で止めました。理由は、16時間もかかるということと震動がうるさくて眠れないことです。
 昨日で廃止されたブルートレインのニュースを見ながら30年前の東京行きを懐かしく思い出しました。
 昨夜、NHKでブルートレインの特集を放送しておりましたが、この列車は、多くの人々にたくさんの思い出を作り人々の歴史を刻んだのです。
 私にとっても、今は懐かしい思い出です。
【2009/03/15 16:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
「河野義行さんの講演」部落解放県民共闘会議九州ブロック総会
20090314175048
 昨日の午後1時半から今日の昼まで宮崎市のホテルで部落解放県民共闘会議九州ブロック総会が開催されました。
 部落解放県民共闘会議は、連合に参加する労働組合や政党、部落解放同盟によって組織され、部落差別を初めとする様々な人権問題に取り組んでいます。
私は、民主党熊本県連合会の人権担当幹事として県民共闘会議の副議長という立場で参加しました。
 総会には、九州各県の役員や幹事など約100名ほどの参加者がありました。

 総会後には、1994年6月27日夜から28日にかけてオーム真理教が起した松本サリン事件の被害者でありながら、被疑者として取り調べを受け、更にマスコミの報道でも犯人扱いされると言う人権侵害の重大な被害を受けられた河野義行さんが「報道と人権」という題で講演されました。
 当時44歳だった河野さんは、オーム真理教による長野地裁の裁判官を狙った猛毒のサリンガスを使った殺人事件によって奥様は脳死状態になり、自らも視野狭窄や嘔吐、倦怠感と激しい頭痛に襲われながらやっと命を繋ぎとめることができたのです。
 幸いにも、おふたりのこお子さんは重症にならずに済んだそうですが、当初から「犯人」扱いされ医師が「事情聴取は2時間が限度」と警察に言ったのにも関わらず1日7時間を超える事情聴取を何日も続けられ「自白」の強要までされたそうです。

 マスコミも、河野さんがいつ犯人として逮捕されるかということに注目し、勝手に河野さんの人物像を極悪人の如く捏造していったそうです。
 全く覚えの無い無実の罪でしつこく追求されても頑張り通せたのは、愛する家族、重症の奥様を自分が守っていかなければならないという強い信念と会社が多くの誹謗中傷を撥ね退けて自分の無実を信じてくれたことだったそうです。

 松本サリン事件から半年後の1995年3月20日の地下鉄サリン事件によって真犯人がオーム真理教であったことが判明して無実が証明されたのですが、報道や社会の風評によって「犯人」として傷つけられたは自分と家族、親族、会社や会社の仲間、友人・知人まで深い傷を負わせることになったということです。

 石川一雄さんが無期懲役で服役した「狭山事件」も警察もマスコミも偏見と差別による捜索であり報道でありました。
 身代金を受け取りに現れた犯人を取り逃がした警察の大失態の後で、犯人として疑われるべき人が自殺した結果、「生きた犯人を捕まえる」という警察の目的の為に「仕立て上げられた犯人」つまり「冤罪事件」であると思います。
 
 人間もいつ被害者になるか逆に「加害者」「犯罪者」に仕立てられることになるのか分かりません。また、マスコミの影響の恐ろしさ故に慎重の上にも慎重な報道をしていただきたいと思いました。
【2009/03/14 17:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
企業献金は全面禁止にすべき
 いつまでたっても「政治と金」の問題はなくなることがありませんね。
 何故そうなるのかは、皆さんもご承知のことと思いますが、選挙に金がかかるというのが一番の原因でしょう。
 選挙に金がかかるから政治家は金を欲しがる。
 有権者が金を欲しがるから金を渡して自分の立場を有利にしようとするのです。
 選挙に出るからには接待し金を配るのが当たり前と思っている候補者も有権者もいます。

 長い自民党支配下のこの国では、野党系議員は別ですが、自治体議員から国会議員までピラミッド型の支配構造が出来上がっています。
 全てではありませんが、国会議員から自治体議員、首長に金が下りてくるの構造があるのです。自治体議員や首長は、国会議員の選挙の時には有力な支持者・運動員として機能するのです。
 「政治資金」は正当な政治活動や選挙資金にしか使えませんから「裏」で動く金は「裏」で集めることになります。
 この「裏金」が長い間「当たり前のこと」としてまかり通ってきたのです。

 個人献金をする理由は、単に「立派な候補者だから頑張って欲しい」と思ってのこともありましょうが、中には、「出世したい」という下心から首長に対して献金する自治体職員も現実としているようです。

 企業献金は、会社の利益の為に献金するのですから「利益誘導」を期待してのことであることは明らかです。
 今、民主党の小沢代表や自民党議員と西松建設の企業献金が大きな問題となっておりますが、これも、小沢代表が自民党時代から引きずる人脈・金脈があってのことでしょう。この問題を、民主党に対する評価に直結するのはいささか難があると思います。
 私は、ザル法である「政治資金規正法」を改正して、一切の企業献金を禁止するべきだと思います。
 小沢代表の政治資金問題は、法律で認められた政治団体からの献金として個人後援会に入れていたのが、検察の主張では「西松建設からの企業献金であり違法だ」ということです。
 小沢代表側は、「企業献金と認識していたら最初から政党支部で受け入れていた」と正当性を主張しています。
 こんな問題が起きるのも、「企業献金」を認めているからであります。「ざる法」と言われる「政治資金規正法」の欠陥と言えるかもしれません。
 この際、政治資金規正法を改正して企業献金は全て禁止すべきだと思います。
 そうすれば、企業から支出されたお金がどんな形で政治家に渡ろうと、それは「賄賂」として取り締まりの対象となります。

 何の為に「政党助成金」ができたかをもう一度、考えてみるべきだと思います。
【2009/03/12 02:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
重大犯罪の時効は廃止すべき。
 15年前に新潟で起きたパチンコ店従業員女性の強盗殺人事件が昨日、時効を迎えたそうです。
殺害された女性の夫が仏壇の前で手を合わせながらその時を迎える様子がテレビで放送されました。
 心中を察すると心が痛みます。
 「被害者の遺族には時効はない」というのが現実です。何年経とうと被害者が帰らないのですから時効は受け入れられないと思います。
 もし自らが被害者、被害者の家族であったなら到底、時効は受け入れられないと思います。
 我が国には、殺人罪についても時効があります。かつては15年で時効でしたが、2005年1月1日から改正されて25年になりました。

 率直に言って殺人罪や強姦罪など人の生命を奪う、人間の尊厳を著しく傷つける凶悪犯罪については時効を無くすべきだと思います。
 殺人を犯したものが時効の成立によって逮捕されるかもしれないと言う恐怖心から解放されノウノウと生きていくことは、被害者やその家族の心情から考えるととても認めることはできません。
 被害者がどんなに月日が経とうとも生き返ってくることができないことと同様に侵した罪から絶対に逃れることはできないはずです。

 犯人は、生きている限り、常に逮捕され裁き受けると言う恐怖心を持ち続けるべきだと思います。
 本当に精神の腐った悪党は、反省することを知りませんから生きている限り恐怖心を与え続けるのがひとつの刑罰であると思います。時効について
【2009/03/10 08:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
阿久根市竹原市長の職員給与公開についての世論
 阿久根市長がインターネット上に職員給与を公開していることについて世論の評価は賛否が分かれているようです。
 テレビで興味深い評価があったようです。阿久根市長の職員給与公開、橋下大阪知事は評価
【2009/03/09 00:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
馬脚を現した自民党・・・「政府高官」の「自民党には波及しない」発言(追記有り)
 民主党の小沢一郎代表の公設第一秘書が「政治資金規正法違反容疑」で逮捕されたことに関連して、「政府高官」というお方が「自民党議員に波及する可能性はないと思う」という発言をしたことが報道され、大きな問題となっております。
 東京地検特捜部と接触していないものが、このような重大な事件に関して単なる想像で発言できるものでしょうか。
 接触して、それなりの情報交換をしているか、或いは「指揮」しているかしない限りこのようなことが言えるはずはありません。
 また、検察庁の職員が捜査情報を口外することは公務員の守秘義務違反になりますからこれこそ由々しき問題です。
 マスコミが「政府高官」という場合は、内閣官房副長官、元警察庁長官漆間巌氏のことだそうです。
 元警察庁長官となれば、検察庁に「指揮命令」することなど簡単なことでしょう。東京地検特捜部と連絡を取り合っているからこそ、捜査情報を入手することも可能になるはずです。
 「自民党議員には波及しない」という発言は、「自民党議員には手を出すな」という命令を伝えるメッセージとも受け取れますし、「小沢自民党を追い詰めているのは俺だ」ということを伝えるメッセージにも受け取れます。
 いずれにしても、この方は、自己顕示欲が強く自慢せずにはおれない性格のようです。言い方を変えればお人好しということです。

 この発言によって、検察庁は、西松建設から献金を受けていた自民党議員に対して捜査に着手しなければならなくなりました。そうしなければ、公平さを欠くこくになり世論の批判が検察庁や政府に向かうことになりますから墓穴を掘ったということでしょう。

 また、マスコミも世論誘導報道が酷過ぎるように思います。
現時点で検察官、捜査関係者が捜査情報を公開するはずはない訳ですから、想像や周辺のいい加減な情報で世論を誘導することは止めていただきたいものです。
 報道の中立公平性も司法の公平中立性もこの国から消え失せたようです。国民世論を誘導しようとする姿勢が見え見えで恐怖心すら覚えます。

 かつて官僚を目指す若者たちは、本気で国を思い民を思う滅私奉公の精神が旺盛でした。この頃は、全員とは言いませんが、天下り利権、渡りに見られるように、私利私欲でなったものが多いようです。
 崇高な精神の持ち主も官僚機構の中で抑圧されて流されるのでしょう。
 それが我慢できなかった多くの若者が民主党の衆議院議員候補者の中に居ます。
彼等は、政治の改革から国民生活優先の政治を実現しようとしているのです。

 今回の、西松建設の政治献金問題は、限りなく「国策捜査」の可能性が高いようです。
【2009/03/08 16:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
映画「おくりびと」に感動しました。
 今日は、午後から、女房と映画「おくりびと」を観にいきました。
土曜日ということもあってのことでしょう、映画館はかなりの親子連れで賑っていました。
 会場は、これまで私が行った中で最も多い部類に入る6、70人ほどのお客さんがおられました。
 
 私も住職という職業柄、人の死に向き合うことが多い訳ですが、「おくりびと」という職業も私たち以上に人の死とその死に向き合う人々と接することが多いと思います。
  
 主人公の小林大悟(本木雅弘)が、求人広告を見て面接に行った会社は「旅のお手伝い」をする旅行会社ではなく「旅立ちのお手伝い」をする「納棺師」の会社だったのです。
 なり行のままにその仕事をすることになり、さまざまな人々の人生、さまざまな人生を背負って死んでい行った人々の旅立ちのお世話をすることになります。

 性同一性障害でニューハーフだった息子をわが子として受け入れることのできなかった父親が、自ら命を絶った息子が「女性」として死に化粧をしてもらい、すっかり綺麗な娘として旅立つ顔を見て「やっぱり俺の子供だった・・・」と我が娘を受け入れ泣きながらお礼を言います。
 妻に先立たれた中年の男性が「ありがとうございました。今日の女房が一番綺麗でした・・・」と言って感謝の言葉を述べます。

 最後は、子供の時に自分と母親を残して他の女と逃げて行った父親の死亡の知らせに拒否するのですが妻(広末涼子)と会社の事務員(余貴美子)に促され遺体を引き取りに行き自ら納棺します。
 記憶のない父親の顔ですが、父親の固く閉じられた右手の平には、幼いころ川原で遊んだ時に自分が渡した小さな石ころが握られていました。
 大悟は、父親であることを改めて確認し、しかも、父は自分のことを思い続けていてくれたことを確認するのです。
 
 この映画には、葬祭に携わる職業ということで「偏見や差別」というものも描かれています。
人の死は、何も特別なものではありません。人は生まれた時から死ぬという絶対不変の理の中で生きているのです。
 送る人と送られる人、送る人もいつかは送られる人になるのです。その厳粛な儀式、その時を飾るのが「おくりびと」であり、葬祭に携わることであり決して偏見の目で見られる職業ではないのです。

 この映画の素晴らしさは、人の死を尊厳とユーモアを取り入れながら描き切っているところだと思いました。
 感動すること間違いありません。是非、観ていただきたいと思います。
【2009/03/07 17:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
藤井慶峰のオフィシャルサイトを作りました。
 私のホームページを作りましたので覗いてみてください。
リンクの一覧の一番上「藤井慶峰のホームページ」からお入りください。
これから充実させていきたいと思っております。
【2009/03/06 21:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
3月のお説教・講演のお知らせです。
 3日午後1時30分より

八代市坂本公民館 (旧・坂本村公民館)

人権講演会「命を語る楽しい人権講話」


 3月18日午前11時より熊本市上林町 宗岳寺様

 彼岸法要と法話
「お施餓鬼の心」

19日午前11時より

 熊本市坪井 泰陽寺様 彼岸法要と法話 
「お彼岸の心」

 20・21日午前11時と午後1時より 彼岸法要と法話

 長崎県佐世保市吉井町洞禅寺様 「お彼岸法話」

     佐々町 東光寺様
 「お彼岸法話」


22日午前11時より 熊本市坪井 峰雲院様 

彼岸法要と法話


 24日 午前11時より  熊本市高平町浄国寺様 

   彼岸法要と法話 


 25日午前11時より 熊本市国分町 

   国分寺様  彼岸法要と法話


28日午後1時より 玉名市石貫 広福寺様 

観音講法要と法話


 聴聞ご希望の方は、お参りください
【2009/03/06 19:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
民主党に対する検察庁の政治謀略か、解明すべきは郵政民営化利権疑惑だ。
 民主党の小沢代表の公設第一秘書が政治資金規正法違反で任意による取調べをされることなくいきなり逮捕されました。
 政治資金規正法違反容疑でいきなり逮捕されるというようなことは殆ど無かったことでありますから、今回の東京地方検察庁の動きには違和感を感じます。
 
 まず、次期衆議院選挙では民主党や野党が過半数を確保し政権交代が実現する可能性が限りなく高いことから民主党に対するイメージダウンと民主党に対する直接的なダメージを与える為にやっていることが考えられます。
 民主党中心の政権が樹立することは、「官僚支配」の打破に繋がり、「官僚利権・特権の剥奪」に繋がりますから官僚にとっては、何としても阻止したいことでしょう。

 いつの時代も、社会が大きく変わろうとしている時には、必ず抵抗する勢力、時代に逆行する勢力が、あらゆる手段を駆使し権力を振りかざして抵抗するものです。
 逆に考えれば、民主党や野党が本当に国民生活優先の政治を実現しようとしていることの証左であり、自公政権と官僚支配が自らの利益を優先する利権政治である事の証左でもありましょう。

 もし検察庁が「正義」をかざすなら、郵政民営化利権こそ解明すべきだと思います。
国民の財産である、かんぽの宿の不正売却疑惑や郵政関係不動産の不当な安値での売却など、どう考えても民営化以前から仕組まれていた計画としか思えない問題です。
 巨大な利権を貪る巨悪が存在することは明らかです。検察庁は、この問題こそ解明すべきではないでしょうか。

 小沢代表の政治資金問題によって、すっかり、郵政民営化利権、かんぽの宿売却問題がマスコミの話題から消えようとしています。
 これこそが、小泉・竹中一派とその支援グループが狙っていたことです。

 また、自民党を離党して新しいグループを作った渡辺衆議院議員や武部元幹事長など小泉一家は、信頼を無くした自民党から離れていく国民の票を民主党にやらない為の「偽装改革集団」を作ろうとしているのです。
 国民は、決して騙されてはならないと思います。

 小沢代表の政治資金問題は、昨日の記者会見での話が事実であり、強制捜査をされる理由は無いと思います。

 植草一秀さんが詳しく書いておられますので是非、ご覧ください。

 植草一秀ブログ
【2009/03/05 00:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
中2社会科テストに「川辺川ダムに賛成か反対か」不適切問題を出題
 今朝の熊本日日新聞に、教育関係者の非常識を露呈する記事が載っていました。
 県中学校教育研究会社会科部会が作成した中学2年生向けの社会科テストに、川辺川ダム問題について、賛成か反対かを回答させ、その理由を記入させる問題が出されたそうです。

 マスコミの世論調査なら分かりますが教育機関のテストとしては、誠に遺憾極まりない不適切な設問と言わざるを得ません。
 
この問題は、同部会の教師7人が昨年の夏休みから検討し11月に作成したそうです。
 人吉球磨地域の中学校では13校がテストを予定。8校がテストを実施したが、この内球磨郡内の中学校では、担当教師が「賛否を問うもので教育の中立性が保てない不適切な問題」として回答欄に車線を引いて解答させないようにしたそうです。
 また、他の5校はテストを取りやめたそうです。

 この問題について、県教育委員長は「時事問題として取り上げたのだろうが、データや資料の判断材料を示さず、単純に賛否とその理由を聞くような題材ではない」と不快感を示したそうです。

 出題した部会の部会長は「県民の大きな関心事であるダム問題を出題することで社会への関心を高め、公民的資質を育てたかった」と意図を説明し「さまざまに意見が分かれた問題について賛成、反対で答えさせたのは配慮を欠き、大変申し訳ない」と謝罪したそうです。

 川辺川ダム問題のように、賛否両論があり、どちらが正解なのか結論を出せない問題を出題する先生方こそが「公民的資質が育っていない」と言えないでしょうか。

 こういう教師と部会長こそ再教育の必要がありますね。
【2009/03/03 08:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
九州電力の原発計画に反対する。
 今朝の熊本日日新聞に、九州電力が3番目の原発建設を計画しているという記事が載っていました。
 その候補地の一つが、熊本県の天草市だそうです。
 それこそ、昨日、牛深に行った時に通った河浦町(旧・牛深市の隣町)だそうです。
 九電の原発計画は、何度もあり、今回で4度目だそうですが、いつも、根強い「反原子力」に対するアレルギー反応で反対運動があって実現しなかったとのことです。

 この問題について、私は「原発絶対反対」の立場を明確にし、なぜ反対なのかをこのブログで表明し多くの「原発反対」の同志を募りたいと思います。

①原発には多くの危険性がともないます。
 もし、日本というこの国を第三国が攻撃しようとしたら全国の原子力発電所をミサイルで攻撃すれば、手間も経費も掛けずに壊滅させることができます。
 見方によれば、原子力発所は、日本列島を破壊する為の原子爆弾を仕掛けているようなものです。

②原発を建設する莫大な費用を、太陽光発電や風力発電、ダムを建設する必要のない小型水力発電などの自然エネルギー利用の補助金としいて使ったり、投資する方が遥かに経済効果も環境対策にも効果があるはずです。
 わざわざ、危険性の高い原発を建設する方が遥かに非経済的・非効率的であります。

③原発は必ず賛成派と反対派の対立を引き起こしますから地域住民の人間関係さえ破壊してしまいます。

④「原発は安全だと」根拠のないことを言う人たちがいますが、「安全だ」というのなら、電力消費の大きい大都市部に近い場所に造るへきです。
 その方が送電効率を損なわない為にも絶対に有効です。
 しかし、原発は、すべて人口密度の低いへき地に建設されています。言うなれば、「原発は危険である」ことの証明でもありましょう。

⑤耐用年数を過ぎた原発を安全解体する方法はありません。
原発を造る技術はあっても、安全に解体処分する方法は確立されていません。私は、よくこんな危険なものを造ったものだと思います。
 ロシアのチェルノブイリ原子力発電所は爆発事故で大量の放射能を放出しました。その影響は、今だに続いているのです。被爆した人々がガンや被爆による後遺症で苦しみ死んでいっています。

⑥放射性廃棄物を処分する場所がありません。
 地球上を放射能汚染に染める危険性を常にもっているということです。

 こんな危険なものを、わずかな経済効果?の為に誘致しようというのは愚かな考えです。
経済効果は、一見ありそうに見えますが、現実はマイナスにしかならないことを認識するべきです。
 

 

 

 
【2009/03/02 14:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
建仁寺の観音像窃盗犯逮捕、仏像戻る
 今年の1月に、京都市東山区の臨済宗建仁寺派本山建仁寺から盗まれた観音像が三重県の会社社長宅から発見されその社長が盗んだ犯人として逮捕されたそうです。
 仏像が無事でなによりでした。
 しかし、信仰の対象である仏像を盗むとは・・・とんでもないバチあたり野郎です。
 盗むこと自体が罰当たりな行為でありますが、この男、元気でおれたことを感謝しなければならないでしょう。
 「仏罰」を受ける前に逮捕されたことは、この男にとっては「幸い」なことだったと思います。

 拙寺でも、もう随分前のことですが、門の前に祀られていた金毘羅大権現様の仏像が盗まれまして未だに行くえ不明です。
 きっと、犯人は、水難か火難に遭って非業の最期を遂げていることでしょう(笑)

 
 建仁寺の仏像窃盗犯逮捕・朝日新聞ニュース
【2009/03/02 14:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
牛深市は、蓮華草と様々な花が咲いていました。
 昨日は、檀家さんのご先祖様のお遺骨を取りに牛深まで行ってきました。
牛深まで行くのは初めてのことでしたが、片道2時間45分ほどの遠い道のりでした。
 牛深は海峡を挟んで鹿児島県の長嶋と接していますから、やはり南国なんです。
 田圃には蓮華草が咲き誇っていました。
 真っ白なモクレンの花も満開で、桜やスイセン、多くの花々が一足早い春の訪れを伝えていました。

 檀家さんは、祖父の代に牛深から宇土市に農地を求め移住され、いよいよお墓も移されたのです。
 牛深のお墓は小高い丘の上にあり眼下には紺碧の海が広がり対岸には長島の島々を観ることができました。
 一方、新墓も丘の上に立っており眼下には不知火海が広がっています。
 おそらく、今月3日に三回忌を迎えられる先代さまが故郷と同じ海の見える場所を選ばれたのだと思います。
 人間にとって、故郷というのは幾つになっても恋しいのでしょうね。
【2009/03/02 09:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
旅たちの春
 毎年のことですが、1月2月は、あっと言う間に過ぎ去って3月を迎えました。
「桜3月帰り道・・・」3月は、旅たちの季節です。
 今日は、近所に住む方が母親の祥月命日のご供養に午前7時にお参りになりました。
高校三年生娘さんが今日が卒業式だということで、家族が揃ってお参りできる時間が7時だということで予約してこられたのです。
 
 一緒にお参りした息子さんは今年大学卒業ということですが就職は未定ということでした。世界同時大不況の時だけに大変なようです。
 
 話は変わりますが、今年の春はひと月ほど早いような気がします。
皆さまもお気づきのことと思いますが菜の花が既に咲き誇っているのです。
 だいたい、3月末ころから4月上旬が満開ですから花まつりの花御堂を飾るのに菜の花はたくさん使っていますが花まつりの頃には散っているのかもしれません。
 これも、温暖化の影響ですね。
【2009/03/01 09:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。