スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
中山国土交通大臣の暴言は民主党に対する自爆テロ・・・甘く見てはいけない。
 昨日の、臨時国会に於ける麻生総理の所信表明演説は総選挙を意識した「民主党攻撃」の為の演説で、総理大臣の演説とは思えない評価するに値しない内容でした。

 しかし、この演説は、中山暴言と連携した選挙目当ての自民党の作戦ではないかと思います。

 自民党は、麻生総理の秋葉人気と世論調査でも、総理大臣に相応しいのは麻生太郎か小沢一郎か?という質問に対して50パーセントの回答者が「麻生」と答えていることや、国民生活を破壊した小泉元総理の人気が未だに落ちないことを見て、「民主党を徹底的に攻撃する方が有利に働く」と考えたのでしょう。

 自民党は「大多数の国民は無知で、デマでも嘘でも本気にする」つまり「騙せる」と考えているのです。
 中山国土交通大臣が、日教組を批判し、大阪府(大阪市)の職員組合と市長の関係を「癒着していたからヤミ給与があった。財政危機に陥った」と誹謗中傷し、それを民主党と無理やりに結びつけて「民主党が政権を取ればそうなる・・・」と暴言を吐き、民主党攻撃をすることによってマスコミが大々的に取り上げることを想定してのしっかりと練り上げられた作戦だったと考えるのは考え過ぎでしょうか?

 現に、中山氏のところには数多くの激励の電話が掛かって来ているそうです。
 偏見や差別は、多くの場合、間違った情報や風評によって起こります。
 また、政府の政策が間違っていても殆どの国民はそれを「正しい」と理解するものです。
 ハンセン病問題の場合も、間違った情報と風評、そして、国が「無らい県運動」や「隔離政策」などの非人道的な差別政策を行ってきた結果、国民に対して、偏見を植え付け差別を助長し続けたのです。

 このような、国民性を利用したのが今回の中山暴言であり麻生総理の演説であったと思います。
中山国交大臣は、辞任覚悟の民主党に対する「自爆テロ」を行ったのです。

 私は、今回の「中山暴言」を「自民党にマイナス」と考えてはいけない。
 決して甘く見てはいけないと思います。
 
スポンサーサイト
【2008/09/30 02:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
国土交通大臣・・中山成彬(宮崎一区・衆議院議員)東大卒の大馬○
 この件については余りにも馬鹿馬鹿しくて触れたくなかったのですが、やっぱり一言。
 東大卒の衆議院議員でしかも国土交通大臣にもなる人にこれほどの○鹿がいたかと呆れてしまいました。
 しかも、大臣就任の記者会見での差別発言・不見識な発言には驚きました。
 正直言って、敢えて何かの意図があって言っているのだろうか・・・と思っていましたが、ただの無知と馬鹿さ加減を曝け出したたけのことでした。
 大分県の皆様は、隣の宮崎県選出の「先生」から馬鹿にされてさぞお怒りのことでしょう。

 こんな方を任命した麻生お坊ちゃまにも責任があります
【2008/09/27 18:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
麻生新内閣発足・・・これからどうなる?
 予定通りの衆議院選事前運動としてとの自民党総裁選挙をやって予定通り、麻生財閥のお坊ちゃまが自民党総裁に選ばれて総理大臣に指名されました。
 そして、発足した新内閣の6割は「世襲議員」ということです。
 私は、世襲議員が全て悪いとは言いませんが、人間は、親の後姿を見て育ちます。少なくとも、大きな影響を受けて育ちます。
 自民党の国会議員の方々は、地元の企業や大企業、様々な業界団体から寄付金や献金を受けてその見返りとして公共事業についての便宜供与・優遇政策をやってきました。
 そういう点では、「利権政治」を続けてきたということなのです。この構造は、地方政治家までもしっかりと根付いていると言えましょう。
 連合の推薦を貰って、自民党候補者と選挙を戦った議員や市長(首長)が当選した途端に、自民党に擦り寄って行くという人としてあるまじき行為をやるのも「利権」と「寄らば大樹の蔭」と言うことなのです。
 政治家の辞書には「恥」という言葉は、ないのでしょう。
 そういう親の姿を見て育った二世・三世の苦労を知らないお坊ちゃまに、一般庶民の苦労が理解できるとはとても思えません。
 二世・三世の議員は、後援会組織と財産をしっかりと貰って継ぐのですから大した苦労もいらないのです。
 中には、タダ「居るだけ」の議員もいます。
 
 さて、麻生内閣の発足直後の新聞各社世論調査の結果が出ました。
麻生内閣を支持する人は、 毎日新聞45%、朝日新聞48%、読売新聞49.5%、日本経済新聞53%、共同通信社48.6%、という結果です。
 この支持率は、最近の内閣発足時から比較すると最も低いのだそうです。
自民党としては、あれだけの時間と経費を浪費してやった総裁選挙の結果がこれですから・・・「今、解散したら惨敗」ということが分かったはずですから何とかして総選挙を先延ばしにしたいところでしょう。
 見方によれば、あれだけの総裁選挙と事前運動をしたのにこの支持率ということは、小泉・安倍と続いた国民生活破壊政権と無能力福田内閣が、いかに国民生活を破壊し国民の反発を招いているかということでしょう。
 いずれにしても、麻生内閣は遅くとも補正予算成立後直ちに解散に踏み切らざるを得ないと思います。
 先延ばしにすればする程、国民の自民党に対する反発は高まるばかりです。

 また、小泉お坊ちゃまも「引退表明」をされました。すんなり引くかと思いきや・・・次男さんを後継者として次期総選挙に出馬させるそうです。
 政治家が「家業」になったら・・・○鹿でも阿○でも政治家です。
そんなことだから、国民は何時の世も苦しめられるのです。国民が、しっかり考え選挙によってしっかりと意思表示をしなければなりません。
 
【2008/09/26 11:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
麻生太郎総裁・・・予定通り
 昨日、政治の空白を続けた自民党総裁選挙が終わりました。
先日、長崎に出張した時に、長崎2区では、久間章生氏と麻生太郎氏が並んで写っているポスターがあちらこちらにありました。
 実質的に、総裁は麻生氏に決まっていたことの証明でもあります。
莫大な時間と金をかけた衆議院選挙の事前運動として行った総裁選挙の証明でもありました。

 さて、圧倒的勝利した総裁は、小泉、安倍、福田、そして麻生氏ですが、2代続けて続けて政権を投げ出した総理大臣に続く麻生総理大臣は、解散総選挙を闘う為の内閣ですから「史上最短命内閣」になることは間違いありませんが、国民の為に、一期だけの内閣で終わっていただきたいものです。

 久間氏の地元、長崎2区でも久間氏の評判が頗る悪かったのでホッとしました。長崎の人々も自民党の悪政と失言政治家に怒りを持っておられることがよく分かりました。
【2008/09/23 07:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
福岡の児童殺害は母親の犯行・最悪のシナリオ
福岡の児童殺害事件は母親の犯行だったことが判明、今日逮捕されるそうです。
なんと悲しい悔しい結末でしょうか。

(追加)
 昼のニュースで逮捕され連行される様子が映し出されていました。
母親は「自分が病気だから子供の将来を悲観して発作的に殺した」と言っているそうですが、子供は、施設に預けることも出来ますし里親制度もあります。
 殺すことはなかった・・・怒りが込み上げてきます。
 こんな馬鹿な親の元に生まれた子供さんが可哀想です。
 
【2008/09/22 08:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
またまた千葉で幼児殺害事件
 昨日、千葉県東金市で保育園に通う5歳の女の子が殺され全裸で遺棄されているのが発見されました。
幼い子供を狙う卑劣で卑怯者には激しい怒りを覚えます。

 このような事件を起す輩は、大人の女性と会話することもできないような小心者で変人でしょう。一刻も早い逮捕と厳罰を望みたいと思います。

 女児のご冥福をお祈りいたします。(合掌)
【2008/09/22 07:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
山本美術館コンサート
20080920192634
20080920192632
20080920192630
20080920192628
今日と明日は、長崎市の皓台寺様の彼岸説教です。
 今は長崎県雲仙市愛野町の山本美術館コンサートに友人の小崎侃さんと来ています。
 山口修夫妻のギターとソプラノに合わせて小崎侃さんが絵を描きます。
 星空の下で爽やかな風の中での素晴らしいコンサートです。
 皓台寺様のご接待をお断りして小崎さんご夫妻を乗せて来ました。
 長崎までわざわざコンサートを聴きに来ることはできませんが、たまたま今日の日に当たりましたので幸いでした。
 会場には約200名近くの方々が各地からおいでくださっており、爽やかな風の中音楽と芸術を堪能していました。
 来場者の中に、西有家町に居た時からの仲間であるMさんも居て10数年ぶりの再会を喜び談笑しました。

 コンサート中に描かれた小崎さんの作品(90センチ×180センチ)二つと色紙がオークションに掛けられ希望者が買って帰られました。
(写真説明)
上から①コンサートの受付 ②館長の山本直希さん・・・元ミスユニバース九州代表です。展示作品を見に来る人よりも彼女を見に来る人が多いかもしれません。 ③右側でギター演奏の山口修さんと歌手の淳子さん。左手が歌に合わせて絵を描く小崎侃先生。④絵を描く小崎侃先生。

 山本美術館のホームページをご覧ください。
【2008/09/20 19:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
福岡市の小1児童殺害事件・・・また幼い命が狙われた
 昨日、福岡市の公園で小学校1年生の男子児童が絞殺されて発見されました。
母親が必死になって探している最中に何者かによって絞殺されたようです。
 この子のご冥福をお祈りしご家族に対して謹んでお悔やみを申し上げたいと思います。

 それにしても、か弱い子供の命を奪うと言う卑怯なことをやる犯人には激しい憤りを感じます。
 社会に対して真正面から向き合うことのできない小心者の仕業だと思いますが、社会に対して不満や怒りがあるのなら社会こそ変えようと努力すべきです。
 自らの不満を弱者に向けるのは小心者、卑怯者のやり方だと思います。

 一刻も早く犯人が逮捕されることを願っています。
【2008/09/19 09:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
差別者・麻生太郎が正体を現した・・・水害発言
 先日、自民党総裁選挙に名を借りた衆議院議員総選挙の事前運動で名古屋市を訪れ街頭演説をした自民党五人組は、それぞれ自分の得意とする分野について発言し、自分達が小泉国民生活破壊政権の閣僚として破壊した国民生活を、さも自分達には責任がないが如く厚顔無恥な発言を繰り返していました。
 
 彼らの図太さには呆れてしまいます。

 そして、麻生財閥のお坊ちゃまが大失言を笑顔でやっちゃいました。その場面を見ていて「やっぱりこのお方は○○だ」と思いました。

 先だって、岡崎市と安城市で起きた大水害を取り上げて「岡崎や安城市だから良かったが・・・名古屋だったらこの辺りは大洪水だったぜ・・・」と暴言を放ったのです。
 被害者の立場や弱者の立場をまったく考えない無神経な発言です。

 この男、今朝のテレビ番組の中で鳥越俊太郎さんが紹介された話ですが、元自民党の実力者野中氏に対しても、差別語を発して差別し、野中氏に「麻生が総裁になることは体を張ってでも阻止する」と言わしめたそうです。

 麻生財閥と言えば、福岡県の筑豊地方で炭鉱からセメント、さまざまな業種に手を広げていますが、人間性が疑われます。
 こういう人しか総裁候補がいない自民党はもう既に「自眠倒」でしょう。
【2008/09/17 20:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
リーマンブラザーズの経営破たんは人類への警告
 アメリカの証券大手第4位のリーマンブラザーズが破綻し世界中に大きな影響を与えています。
私は、証券取引に関しては素人ですが、こんな私も、知り合いの証券マンに勧められて買った外国の証券を持っていますが、買ったのが1ドル130円位の時でしたからその後は1ドル110円台から円安になったことがありませんから目減りはしても増えたことはありません。その証券マンも「こんなに円高になるとは予想していませんでした。もうしばらく持っていてください」と言いました。
 私も「あなたを信じて買ったのだから損してもそれそれで仕方ないでしょう」と言ってそのままにしておりました。
 遂先日までなら元金程度は回収できたのに・・「まだ後で良いや・・・」と考えたのが運の尽きだつたようです(笑)
 
 世の中には、こういうマネーゲームでガツポリ儲ける人間も居れば、一瞬にしてスッテンテンになる人もいます。
 他人を騙して金儲けする輩も後を絶ちません。
 私は、リーマンブラザーズの経営破たんとサブプライムローンの問題は、世界に対する警告だと思います。

 アメリカのサブライムローンに端を発したアメリカ経済の破たんはリーマンブラザーズの経営破たんによって加速されそれは全世界へ大きな影響を及ぼすでしょう。

 政府・自民党は、結果の出ている総裁選挙に名を借りた衆議院選挙の事前運動などしている場合ではないと思いますが衆愚集団ですから経済政策の失敗によって国民生活を益々破壊して国民から見捨てられることでしょう。
【2008/09/17 20:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
三笠フーズ事故米問題・・・何処まで広がるのか・・良心を侵された経営者達
 三笠フーズの事故米不正転売事件が拡大し続けています。
買い取った業者は377社にまで上ったと報道されていました。

 病院や保育園、老人施設にまで食用として使われていたと言うことです。
焼酎や酒、お菓子や餅、煎餅など・・ありとあらゆる処に事故米は「食用米」として流通していたということですから、三笠フーズの社長や共犯者達の責任は重大です。
 また、この実態を把握できていなかった農水省も責任を免れないでしょう。

 他人の生命を危険に曝してでも金儲けをしようとする人間の浅ましさ、欲深さには呆れるばかりですがこの人間達の愚かさにも呆れます。

 「天知る 地知る 人ぞ知る(我知る 汝知る)」
 こういう詐欺行為が白日の下になった時の結果が取り返しのつかないことになるということが分からなかったのでしょうか?
 余りにも愚か過ぎます。

 中国でも、欲に眩んだ大馬鹿者が乳児用の粉ミルクにメラミンを混入させて販売し、犠牲者を出し逮捕されました。
 中国の法律では、おそらく死刑になるでしょう。彼らも愚か過ぎます。

 人間の欲というものは、真に限りなくその欲に眩む人間は真に愚かです。

 
【2008/09/17 01:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
三笠フーズ事故米不正問題に太田農林水産大臣またまた暴言
 またまた、太田大臣が「人体に影響がないからあまり騒がない・・・」「中国のギョーザ事件の60万分の1だから・・・」などと、福田総理の政権投げ出しと同様に他人事を言っていました。
 
 農林水産省の職員の怠慢か故意なのかはっきりしませんが(怠慢でも重大な過失です)大失態を指摘し謝罪することもなく「大したことは無い・・・」などと嘯く馬○大臣・・・国民を愚弄しているとしか思えません。
 自民党の総裁選挙と同じです。

 国民のみなさんは、これでも「自民党支持」と言いますか?
【2008/09/13 09:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
自民党総裁選の街頭演説は国民を欺く
 今日から、自民党総裁選挙に立候補している5人の候補者が街頭演説を始めました。
そのニュースを見まして奇怪な思いをしました。と言うのは、5人の候補が同じ広報車の屋根に並んで順番にそれぞれの考えを述べています。

 経済対策や格差是正、防衛問題などそれぞれ自分の得意とするところを話しています。
聞いている国民にとっては、5人の主張が自民党の主張に聞えてくるに違いありません。それが、自民党の狙いなのだと感じます。

 街頭演説を聴いている人達の中で、自民党総裁選挙の投票権をもった人は極少数だと思います。逆に考えれば、この街頭演説は、衆議院選挙に向けに行われているということなのです。

 総裁は、麻生氏に決まっていると言われています。
 候補者の公約はどれを聞いても極めて抽象的で本気で総裁選に勝とうとしているとはとても思えないのです。
 つまり、彼らは自民党の支持率を上げるためにだけ時間を浪費し、国会の空会を招いていると言う事なのです。

 ここに「自民党総裁選の茶番劇」という根拠があります。

 国民の皆様は、小泉純一郎という男に騙されたことを決して忘れてはなりません。今自民党がやろうとしていることは正しく、郵政解散選挙の再現だということを見抜かなければならないと思います。
【2008/09/11 19:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
川辺川ダム計画の白紙撤回を決断し表明・蒲島熊本県知事・・・その姿勢に敬意を表します
 昨夜のブログに、蒲島知事が川辺川ダム計画の中止を決断することを予告しました。

 蒲島知事は、午前10時から開かれた熊本県議会の提出議案説明の中で川辺川ダム計画の白紙撤回を求める事を正式に表明しました。

 我が国の歴史に残る「大きな決断」でありました。

 私は、今日の蒲島知事の決断とその姿勢を高く評価し敬意を表したいと思います。
【2008/09/11 10:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
「川辺川ダム建設の中止を決断」蒲島熊本県知事・・・知事の決断を予測する
 11日の午前10時から熊本県議会が開会されます。
この開会は、日本の歴史に刻み込まれる熊本県議会9月議会の始まりとなりましょう。

 議長の開会宣言に続いて演壇に立った蒲島知事は、知事選挙の公約に掲げていた川辺川ダム問題の決着をつける為に練り上げた施政方針を発表します。
 その中で、「環境面から考えても財政面から考えても川辺川ダムの建設を進めることはできないと判断せざるを得ない・・・」と川辺川ダムの中止を決断した事を表明する事になりましょう。

 以上は、本日開会される熊本県議会での蒲島知事の演説の中に織り込まれるであろうダム問題について、私が期待し予想する内容であります。

 蒲島知事は、苦渋の決断である事を表明し、42年間経っても工事に着手することのできなかった川辺川ダムは不要だからこそ着工できなかったのであり、42年間に亘ってこの問題で翻弄されてきた五木村や相良村、周辺市町村の皆様に謝罪し、国に対してダムによらない新たな治水対策と地域振興策の策定を求める事になると思います。
 
 さてさて・・・今日の午前10時は、県民が固唾を呑んで知事の発言に耳を傾ける事になります。
【2008/09/11 00:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
腐った劇団の腐った役者による猿芝居・・・自民党総裁選
 自民党総裁選挙が告示され、5人の候補者が正式に決まりました。
 二代続けて総理大臣の座を投げ捨てておいて、国民に謝罪する言葉もなく「猿芝居」に興ずる自民党は最早、国民に対して責任を放棄したと言えないでしょうか。
 10年も前から農薬やカビ毒で汚染された事故米を不正に販売していた三笠フーズ事件が発覚しても太田農林水産大臣も福田総理大臣もこの事件について正式に会見し謝罪した話しを聞いた事がありません。
 この事件は、三笠フーズが農水省の検査をうまく潜り抜けてやり続けた「大量殺人未遂事件」(メタミドホスもカビ毒も極めて高い発がん物質)とも言えます。
 今回の事件は、毒性を自覚することなく侵攻して行くという毒性の特徴から、中国のギョーザ事件よりも重大な事件だと思います。
 このような重大事件を放置して「総裁選挙猿芝居」とは・・・国民を愚弄していると言えませんか?
少なくとも、福田総理は新総理が決まるまでは現職でありますから責任を果すべきだと思います。
 記者会見で「福田総理の話は他人事のように見えますが・・・」と質問した記者が居ましたが、正しくその通りです。
 「僕は客観的に自分を見れるんですよ・・あなたとは違うんです」と切れていましたが・・・「貴方とは違う・・私は馬鹿なんです」と言う事だったのがはっきりしました。

 私も客観的に見て安倍総理も福田総理も二世の馬鹿だということがはっきり分かりました。
その二人を勝手にさせた自民党も既に政権担当能力はない。資格はないと言わざるを得ません。
 猿芝居から目を逸らして三笠フーズ事件をしっかり見ましょう。
【2008/09/10 19:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大分県教委汚職事件・・口利きした黒幕を暴け
 大分県教育委員会の教員採用試験に絡む汚職事件で点数の改ざんが明らかになった昨年度の採用試験で採用された21人の内15人が退職、6人が採用取消処分になったそうです。
 2年前までの採用者に対しては、改ざんされたデータが判別できないということで処分がされないそです。
 今回、処分された採用者の内、不正行為を誰が誰に頼んだかも分からないのに「不正」を指摘された当事者は納得行かないでしょう。
 
 誰が口利きをしたのかということもはっきりさせるべきだと思います。
口利きをして不当な利益を得たものが、この事件が早く幕引きされるのを待っているような気がしてならないのは私だけではないと思います。

 また、過去の採用についても少なくとも収賄罪の時効5年前まで遡って調査して公平公正な処分をするべきだと思います。
 そうしなければ「あいつら運が悪かった」と済まされてしまいます。
 わが町で選挙違反で逮捕、失職した議員に対して「他の議員もやっているのに・・あの人は運が悪かった」と言った市民が居ましたが、そういう考えでは決して不正をなくすことはできないでしょう。
【2008/09/10 09:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
海雲山皓台寺開創400年記念法要
 8日の午後から長崎市の皓台寺様の開創400年記念法要に参加し9日の夕方帰熊ました。
 皓台寺は、天領であった長崎のキリシタン禁教と仏教宣揚の目的をもって佐世保相浦洪徳寺住職だった亀応良鶴大和尚が建立されました。
 開山様が小さな庵を結んで布教に努めておられましたが急遽本堂を建立することになって、造船用の木材を転用した為に本堂の材木はチーク材が使われています。
 大きな寺が多い長崎でも最も格式の高い寺で、住職には幕府への参勤が義務付けられており、将軍に拝謁する時には最上位に皓台寺住職、次席が隣寺である浄土宗大音寺の住職と決められていました。
 長崎奉行も、皓台寺住職には敬意を払わなければならなかったそうです。

 皓台寺は、宗門僧侶を養成する専門僧堂として多くの碩学を輩出しております。
 私も、昭和52年4月から54年3月まで当時の住職でありました大布教師、金子帰山老師の元で修行させていただきました。

 現住職35世、大田大穣老師も宗門を代表する大布教師であり碩学であり、大本山永平寺の監院という要職を務めておられます。

 今回の法要には、全国各地からこの道場で修行した方々が約70名集まりました。
30年も経つと、若かりし頃の厳しい修行の日々が懐かしく思い出されるとともに、自分が「老僧」に近づいていくことを実感してしまいます。
 
 そして、まだまだ修行が足りないと実感するものでもあります。
 今月、20,21日は、お彼岸会の説教で再度、お伺いする事になっておりますが、ご指導をいただいた故金子帰山老師に対する報恩行の意味も込めてお話し致します。
【2008/09/10 01:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ある地区婦人会の供養と法話
 今日は、午後1時から3時まで宇土市馬の瀬地区婦人会からの依頼で、地区の物故者供養と法話を勤めました。
 この法要は、100年前から続いているそうです。この地区は殆どの家が真宗大谷派の御門徒さんですが春と秋の年2回、地区の物故者の供養と法話会を続けてこられたそうで、他宗の和尚を呼ぶのは私が初めてだっだそうです。
 約30名ほどの女性達が集っておられ他宗の坊さんの話を聞くのが楽しみな様子で待っておられました。
 私は、宇土市内外でも講演活動をやっておりますので聞かれたことのある方が「是非に・・」と呼んでくださったのであります。
 初めに、25分ほど施餓鬼供養の勤めをして、施餓鬼供養の心「慈悲行」についてお話をさせていただきました。
 一番眠たい時間に居眠りもせずに爆笑したり感動の涙を流したりと熱心に聴いていただきました。
 
 最後に質問の時間を設けましたところ80歳ぐらいの女性から「和尚さんとしても政治家としても国民の為に頑張ってください」と勿体ない励ましの言葉をいただきました。
 あり難い事でした。

 仏法とは生きた人の為に説かれたものです。
 供養というのは、釈尊の教えの中心である慈悲行の実践であり人としての行き方としての仏法を学ぶ機会でもあります。

 ご希望があれば、少人数でもお話にお伺いしますのでご遠慮なくお声掛けください。
【2008/09/07 21:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自民党総裁選劇場・・・役者7人乱立の様相・・誰が主役か
 自民党総裁選挙が益々賑やかになってきました。
今日になって、新たに3人が名乗りを挙げるという報道がありました。
 自民党としては、低迷する支持率を如何に回復させるかが総裁選の一番大きな課題ですから立候補者は多い方が良いということでしょう。

 前回の郵政解散総選挙では、「改革に反対か賛成か?」「郵政民営化に反対か賛成か?」という国民を欺く小泉純一郎元総理に踊らされた「マスゴミ小泉劇場」で自民党が圧倒的な勝利を収めました。
 その再現はならないことは分かっていても、この総裁選を盛り上げて支持率を上げようという魂胆が見え見えです。

 国民の皆さんは、自民党政治家が、どんなに言葉を駆使して美辞麗句を並べても国民の方を向いていないことをはっきりと見極める事が大切です。

 先だって、政権を投げ捨てた福田総理が「国民目線・・・」を何度口にしたでしょうか。
 口だけは「国民目線」でしたが、やっていることは自分本位、党利党略、思うとおりにならないと思ったら「他人事」のように政権を投げ捨ててしまいました。
 これが、一国の総理の取るべき行動でしょうか?

 今大多数の国民が小泉改革・自公連立政権の格差拡大、弱者切捨て政策の犠牲になって生活苦に喘いでいます。
 自公連立政権を延命させるということは、益々、国民を生活苦に追い詰めるという事をしっかりと肝に銘じておきましょう。

 「自民党茶番劇」を見る時間があったら他の番組、吉本新喜劇等を見た方がマシでしょう。
【2008/09/05 17:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自民党総裁選挙は四人の戦い・・・どうでも良いと言えば良いのだが・・・。
 自民党の総裁選挙は、自民党の思惑通り次第に盛り上がってきました。
私は、自民党総裁選挙を盛り上げる気はさらさらないのですが触れざるを得ないと考えておりますので書きます。

 4日、与謝野馨氏が中曽根安弘氏を訪ねて総裁選に出馬する事を伝えられたそうです。
 そして、石原伸晃氏が若手、小池百合子氏が女性候補ということで予想通り四人の候補者が揃いました。
 マスコミは、挙って自民党総裁選挙の報道合戦をやりますから否応なしに国民の耳目に入ります。 これが、国民に錯覚を起させるから困ったものです。

 「勝手に政権を投げ出す総理大臣を選ぶような政党の総裁選挙などほっとけ」と言いたいのですがマスコミはニュースにどうしても、大きく取り上げますから関心を集めるのは仕方ない事です。

 その影で、民主党や野党の動きが霞んでしまうのはなんとしても防がなければなりません。

 自民党のマスコミを利用した戦略に対抗する為にも、民主党は、小沢代表はじめ幹部の方々が全国各地に遊説に出かけて民主党の政策と政権交代の必要性を訴えていただきたいものです。

 国民の皆様は、一年前の福田対麻生の総裁選挙劇場の結果、誕生した福田総理が安倍総理と同様に政権を途中でいきなり放棄したことを決して忘れてはなりません。
 この総裁選挙の後に誕生する総裁も、同じことをやりかねないということを肝に銘じておきましょう。
 
【2008/09/05 00:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自民党総裁選・・・野田聖子氏は不出馬か・・この選挙を見極める
 今夜のニュースでは、野田聖子氏は麻生幹事長を支持する考えを示して総裁選には出ないそうですが、それも一理あると思います。

 一方、小池百合子氏はインタビューを受ける態度や表情から察するとやる気満々のようです。
 自民党としては、今回の総裁選挙は多くの候補者を立てて選挙を盛り上げ、マスコミをフルに利用して自民党の宣伝をすることがひとつの目的でもありますから若手から1人、派閥の幹部クラスから1人、計4人以上の総裁候補で派手にやりたいはずです。

 自民党は、無投票で決まるであろう民主党の代表選挙を批判していますが、民主党は小沢代表を変える必要がないから無投票になる訳ですから批判は当たりません。
 民主党は、次期衆議院総選挙で政権を取って国民生活第一の政治の実現を図ろうとしているのです。

 最早、官僚支配と利権政治に終止符を打つべき時が来たと言うことです。
 国民の皆様は、そのことをはっきりと見ることです。
 それが、この国と国民の未来を切り開いていくことなのです。
 
【2008/09/04 00:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
自民党総裁選挙劇場が始まりました・・・しかし、もう国民は騙されません
 福田総理が安倍総理と同様に政権を投げ出してから自民党総裁の後継選びが始まりました。
 一月前にできた福田改造内閣の人選から考えると麻生太郎幹事長が本命だと思います。
ただ、麻生内閣が誕生した場合には、中国や韓国、北朝鮮との外交関係に歪が生ずることは避けられないでしょう。
 麻生氏は、これまで創氏改名や靖国神社などについても極めて右翼的な問題発言をしては中国・韓国・北朝鮮の反発を招いてきました。
 それが、総理大臣になっていきなり改善されるとは考えられません。
 また、このお方も、二世議員で、麻生財閥の御曹司であります。
 生活苦に喘ぐ国民の苦労が理解できるとはとうてい考えられません。

 女性で名前が挙がっているのが元防衛大臣の小池百合子議員です。このお方は、いろんな政党を渡り歩いて自民党は五つ目とか報道されていました。
 この方が総理になることは私は100パーセント有り得ないと思います。小池総理誕生は、即ち小泉国民生活破壊政治の復活につながりますから自民党の人気をここまで落とした張本人小泉の後ろ盾がある小池の総理は有り得ないと言うことです。

 小池が立候補すれば、対抗して手を挙げるのが野田聖子議員です。
「小池総理は絶対にさせない」というのが郵政造反組から復党し消費者行政担当大臣になった野田氏の心情に間違いはありません。
 小泉=小池なのです。

 さて、こうして三人を見てみますとどれをとっても総理大臣に相応しいとは言えませんね。
公明党も創価学会から突き上げられて自民党に距離を置き始めたようですからいよいよ自民党政権崩壊劇場の始まりと言うことになりましょう。

 自民党は、総裁選挙を盛り上げることによって国民の支持率を上げようと考えているようですが、安倍総理の突然の辞任とその後の総裁選挙、そして、今回の福田総理辞任劇で国民は自民党の小賢しいやり方を見ていますから総裁選挙後の新内閣の支持率も僅かに上っても格段に高くなることはないでしょう。

 恐らく、10月か11月には衆議院の解散総選挙になると思います。
 国民の皆さん、もう、自民党に騙されてはなりません。
【2008/09/03 00:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
田中信孝人吉市長・・・「川辺川ダムの白紙撤回を求める」見解を表明
 昨夜のブログで予想した通り、人吉市の田中信孝市長は、川辺川ダム計画の白紙撤回を求めるという見解を表明しました。
 自然環境保護、人々の生命・財産を守ると言う観点から考えると当然に導き出される結論であります。
 仕事を作りたい国土交通省と利権政治家達は、何が何でも造りたいと考えるでしょうが、大多数の地域住民の意思を反映した今日の田中市長の意思表示であると思います。
 田中市長の勇気ある決断と意思表明に敬意を表します。
【2008/09/02 16:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自民党の崩壊が加速する・・・福田総理突然の辞任
 先ほど、福田総理が辞任する事を表明したそうです。
一年前に、安倍総理が突然に総理の座を投げ出して(職場放棄・子供がおもちゃに飽きて投げ出すのと同じ)から一年・・・またまた、投げ出すとは・・・やっぱり、福田お坊ちゃま君ですね・・・自民党の崩壊が現実を帯びてきました。
 これは、ようするに、自民党と公明党の政権ではどうにもならなくなったことを意味します。
 徳川慶喜が、幕府ではどうにもならないことが分かって「大政奉還」した時と同じことなのです。
自民党と官僚支配を終らせる時が来たということです。
 自民党は、麻生財閥の御曹司・お坊ちゃまを総理にするのでしょうが、庶民の生活をしらないブルジョアは、金持ち優遇政治を貫き庶民の生活を益々窮地に追いやる事でしょう。
 
 この際、衆議院を解散して国民に信を問うべきだと思います。
【2008/09/01 22:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
政治家としての姿勢
 民主党を離党して新党結成に動いた民主党の三議員の姿勢を見て笑った国民は多いと思います。
姫井由美子議員は、「有権者を裏切る事になる・・・」と反省の弁を語って離党を思い止まりましたが後の祭りです。
 姫井由美子の5年後の参議院議員選挙は九分九厘なくなりました。
この程度の常識しかない人間を候補者として選んだ民主党の常識も批判されれてしかるべきだと思います。
 政治家の軸足がぶれるということは、そのこと自体が有権者と支援者、支持者を裏切る事に他なりません。
 それを、他から指摘されなければ分からないような人間は、元々政治家としての資格がないということなのです。
 私は、この数年間、民主党熊本県総支部連合会4区の支部長代行、県連副代表としての職責を微力ながら務めてまいりました。
 その中で、様々な人々と出会ってきましたが、なんと軸足のぶれる人間の多い事かと呆れています。
 国民に責任を持つものは、ゆるぎない信念と筋を通す強固な意志を持たなければなりません。
 自己の利益の為にのみ揺れることは決してしてはならないと思います。
 私は、これからも国民生活最優先の政治を実現する為に頑張って参ります。

 明日は、人吉市の田中市長が「川辺川ダムに反対」という見解を市議会の施政方針演説で表明されます。
 彼は、人吉市民と五木村、周辺市町村民の為に何が最善の選択肢であるかを理解していますから結論は自ずからこうなるはずです。

 この機会に、自分の本心に逆らって「ダム推進」に加担していた人たちも素直に「ダム反対」と言いましょう。これは、ぶれることとは違いますから堂々と良心に従って行動する事です。
 
【2008/09/01 21:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。