命と食の教育を
連日、子供たちがいじめを苦に自ら命を絶っていく。悲しい報道に胸が痛む。
なぜ、いじめはなくならないのか?
いじめは差別と同様に決して許されない行為である。しかしながら、現実社会そのものが、いじめの構造になっていると言えないか?
 競争社会だから格差が生まれることは仕方ないかもしれないが、強いものが或いは勝者が弱者、敗者をいじめて良い事にはならない。
 かつて「弱い者いじめはするな」と言って厳しく指導されたものだ。
 ところが、現実社会は「寄らば大樹の陰」「長いものには巻かれろ」で、我が志を曲げてでも強いものにへつらい、巻かれていく。そんな滑稽で情けないな大人の後姿が子供たちに「弱い者いじめ」へと駆り立てていないだろうか?
 また、幼少の時から「命の教育」がなされていないことも一つの大きな要因でもある。
 核家族化が進み、人生の終焉を病院で迎えるのが当たり前になった今日、子供たちが臨終に立ち会うことは稀である。人の死に立ち会うことによって「死」とは何かを学び取っていくのだ。「死とは何か」が分かることによって「生きる」意義が分かってくる。これを疎かにしていはいけない。
 逆にゲームの中では、相手を何人殺したかで勝敗が決まる。ゲームオーバーになればリセットして復活する。そこに「命の重さ」はない。
子供たちは、現実とバーチャルの世界の区別がつかなくなっている。
テレビのお笑い番組の中にも、いじめやいたずらで笑いを誘う愚劣な娯楽番組があるが、これも命を粗末に扱つている。いじめを奨励しているようなもの、マスコミも厳に謹んでいただきたいものだ。
 社会全体で命の教育に取り組むべきである。
 また、命を養う「食の教育」をおろそかにしていないか?
栄養バランスを考えずに空腹を満たせば良いだけの食べ物を「餌(えさ)」と言う。餌で育てるのは動物であるから動物的な人間が育っていく。「食」という字は「人を良くする」と書くように人に良いものが食べ物であり、これを粗末にすると取り返しのつかないことになるのだ。
 今こそ、命と食の教育を真剣に考え取り組まなければならない。
スポンサーサイト
【2006/10/31 10:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
人と人との不思議な出会い
 人生には様々な出会いがある。「袖摺り合うも他生の縁」という諺があるが人と人が出会うということは「他の世」つまり過去世に縁があったということだ。その真偽は別として人間が生まれて来ることは難しいのであるから当然に人と人が出会うと言うことも難しいと言う事になる訳だ。
 この世に財産と言うものが色々ある。お金、宝石、宝飾品、土地、家等、動産、不動産など色々あるが果たしてこれらのものが本当に財産であろうか?勿論、財産ではあるが一番大切なものはこれらの中にはない。私は、人間にとって一番大切な財産は「人」であると思っている。素晴らしい友人が最高の財産である。
 様々な出会いの中で多くの人々と出会う。その中で自分にとって大切な人を選択することだ。人を大切にする人、人を裏切らない人、目先の利益に左右されない人、常に将来に向かって夢と希望を持てる人、そんな人こそ本当の財産だと思う。
【2006/10/30 00:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
挨拶回り
 昨日、やっと女房と地元の挨拶回りをすることができた。
行く先々で慰労の言葉と激励の言葉をいただいた。有り難い事だと改めて感謝したい。
 ご支援いただいた方から「先日の選挙で、頑として私への支持を変えなかった人と別の候補への支持を強いた区長との間で軋轢が生じている」という話を聞き、支持していただいた方への感謝の思いは尚一層大きくなった。この人たちの期待を決して無駄にしてはいけないと思う。
 まだしばらく時間がかかるがしっかりと感謝の意を表したい。
 
【2006/10/28 10:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
熊本市の公開討論会
 昨夜、熊本市の県立劇場で開催された熊本市長選立候補予定者の公開討論会に参加した。企画したのは、大学生を中心とした日本の将来を真剣に考えている若者達だ。討論の内容も良く考えられており4人の候補者の考え方が分かり易かった。
 市長は自治体の舵取り役であり、市長によって市民生活は大きく左右される。箱物ばかり造る市長は必ず借金を増大させ後世に負担を回す。その結果、後の市長は借金返済と財政再建の為に住民サービスを削らざるをえないという悪循環に陥るのだ。
 これまでの我が国のあり方は、国から地方まで箱物と土木行政、それに伴う利権政治だったと言っても過言ではないと思う。
 政治家になること自体が「金が掛かることが常識」である限りこの体制は変わらないだろう。
 候補者のひとりは「熊本市は元気が無い」と何度も繰り返していたがその「元気」とは何を基準に言っているのだろうか?また元気なことがいいことなのか?と不思議に思った。この候補者は、政治家が元気だった、かつての口利きと利権政治の横行した熊本市に戻そうと言っているのではないか?これは言いすぎだろうか。
 今、熊本市の周辺に大型店が次々に進出している。これら店は、やがて市の中心街の商店を廃業に追い込み空洞化を招く。その後に来るのが大型店同士の潰し合いで生き残るのは半数になるだろう。そして、年老いた市民は買い物に行くことさえ儘にならなくなり、競争を生き残ったコンビにで食料品を買い求めることになりはしないか。
 「規制緩和政策」がもたらす新たな弊害でありこれからも続いていくだろう。その点、第二空港線佐土原地区に進出予定の大型店の進出にストップをかけている熊本市の姿勢は評価できる。
 現市長幸山氏の「将来に残すべきものは素晴らしい熊本の自然と水、歴史、文化・・・住んで良かったと言われる故郷熊本」という言葉に共感を覚えた。
 現代を生きる大人は、これまで「もっと豊に、もっと快適に・・」と発展を求めてきた結果、美しい自然を破壊し美しく優しい人の心を破壊してきたことを知るべきである。
 今回の討論会、参加者が予想(満員)に反して700人程度だろうか、少々少なかった。これが、政治に対する関心の低さを物語っているのかもしれないがいささか残念だった。この点は、マスコミの宣伝協力が足りなかったのかもしれない。
 ただ、若者たちが身銭を切って開催してくれた討論会と彼らの志を決して無駄にしてはならない。マスコミ関係者の方々は、この討論会の内容をできるだけ詳しく市民に伝えていただきたいものだ。
【2006/10/27 10:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
公平・公正な姿勢を望む
 今日、選挙後の臨時議会が開かれ議長、副議長、委員会構成が決まったそうだ。議長選挙は15人がH氏、白票2、N氏1票だったそうだが私の予想ではH氏は14票のはずだ。かつて白票を投じていた公明・共産の議員もH氏ということだから随分と変ったものだ。それはそれとして・・・議会としての本来の任務を遂行していただきたい。
 福島県の前知事が収賄で逮捕された。9億7千万円もの多額の賄賂を貰っていたというのだから呆れてしまう。この金は元々誰のものか・・・国民が納めた税金・血税であることを国民は忘れてはならない。「県議会がチェック機能を果たしてなかった」と新聞が論評しているがその通りだ。何のための議会なのか?存在意義を問われている。
 建設業界の人の話によると、公共工事の4パーセントが政治献金や裏金として自民党系の国会議員に納められるという。1パーセントが県議会議員へというのがこの業界の常識だそうだ。もしこの話が事実とすれば、公共工事金額の5パーセントは安くできることになりはしないか。
 入札制度の改革が電子入札・郵便入札などの手法を取り入れても談合が無くならない限り行財政改革も入札制度改革も何の意味も無い。私は、地元業者の育成と保護に対しては、地域経済の活性化や雇用の確保と言う観点からも当然配慮しなければならないと思ってはいるが、税金の無駄遣いと不正は決して許してはならない。また、行政は常に公平・公正でなくてはならないと思う。
【2006/10/23 22:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
反省の日々
 市議選が敗北に終わりいささか感情的になり過ぎていたことを反省したい。このブログにまでK君のことを批判する言葉を書いてしまった。
 k君にはK君の人生がある。このことを感情的に批判したことを反省しお詫びしたい。ブログを読んで不快な思いをされた方々にも「全て私の不徳の致すところ」とお詫びしたい。
【2006/10/21 22:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
議員の任期終了
 20日で議員の任期が終了した。これからは一市民として市政を見ていきたい。一市民の立場からは市政の詳しいことはなかなか分からないがそれはそれとしていろんな手段があるので大丈夫だ。
 先日、支援者の方から激励のメールをいただいた。名前は分からないが私の生きる姿勢をよく見ておられるようで有り難い思いがした。
 見る人は見ていてくれる・・・。そう確信した。
 私は筋が通らないことは嫌いだ。しかし、筋の通らないことばかりが通っていくのが現実だ。子供たちはその筋の通らないことをする大人の後姿を見て育っていく・・・その結果、子供社会もいじめや差別、犯罪の増加で暮らしにくくなっていくのだ。
 教育の荒廃も社会の荒廃も大人が作り出している。特に、為政者の責任が重い。利権を優先する政治家の民衆支配と欺瞞が社会を取り返しのつかない方向へ追い込んでいることを市民は自覚しなければならないと思う。
 将来、子供たちから「どうしてこんな夢も希望も持てない社会にしてしまったの」と問われた時、「私は、頑として君たちの為に頑張ってきた」と言える自分でありたい。
【2006/10/21 01:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
激励の言葉に感謝
 今夜は、選挙後の事務整理に追われている。また夜更かしすることになったが23日には決算書を出さなければならない。
 昼にはお世話になった方々を訪問しお礼を述べた。私がニコニコしてあっけらかんとしているのに先方が驚いておられた。皆さん、電話を掛ける事にも躊躇しておられて恐縮してしまった。
 人間万事塞翁が馬である。くよくよしても結果は変わらない。逆に議員という役職に縛られないから選択肢が広がったと言うことだ。人生何が起こるか分からない。吉と出るか凶と出るか・・・。
 当選しても安閑としていられない・・・政治家だ。天知る地知る我知る汝知るという中国の諺がある。人の目はごまかせても自分の良心と仏様はごまかせないと言うことだ。
 私と私の運動員は、私の職業を考えて一切の不法行為をしない。だから安心して任せられるのだ。素晴らしい仲間と支援者に手を合わせ感謝する日々である。
【2006/10/20 00:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
観音様の信者さま
 兼務している西安寺の月例法要が18日だ。昼前に行くと10名ほどのおばあちゃんたちが待っていてくれた。
 本尊様は聖観世音菩薩で身の丈2メートル50センチ程度だろうか。700年前に開創されたこの寺は檀家はないが熱心な信者さんたちのお蔭で守られてきた。毎朝、近くの信者さんが掃除をし御仏飯やお茶お水をお供えして下さっている。誠に有り難いことで頭の下がる思いで感謝してもしきれない。
 御回向して15分ほどの法話。そして、皆さんがそれぞれ一生懸命作ってくださった料理のご接待を受ける。私にとっても集まられる皆さんにとっても月に一度の法悦に浸るひと時である。
 この人たちに支えられて寺があり自分がいる。皆さんが生きがいをもって一日でも長生きしてこの愚僧に対して叱咤激励をしていただくことを願ってやまない。感謝感謝である。
 「泥水を くぐりて清き 蓮の花」共に歩んで生きたい道である。
 
【2006/10/19 01:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
期待される若き宗侶たち
 16日の午後から17日午前中にかけて博多で開催された曹洞宗九州管区布教講習会の人権学習の講師を勤めた。参加者は約30名。九州各地から集まっていたが20代の若い宗侶たちが多く、これからの成長が楽しみだ。
名前を聞いて見ると先輩の子息や友人の子息が多く、自分の歳を考えさせられた。この若き宗侶たちには様々な人生経験を積んで人々の心を支えることのできる和尚であり布教師になって欲しいものだ。
 頼もしい若者たちである。
【2006/10/18 00:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
選挙後1週間が経った
 選挙後一週間が経った。後片付けやあいさつ回り、本業にも追われた日々であった。多くの方からねぎらいの言葉と激励の言葉をいただいた。有り難く思う。
 明日は、博多で宗門の若い布教師の研修会があり、その中の人権学習の講師を引き受けている。これからその資料を作成する。
 議員をしている間は時間的な配慮から様々な講師をお断りしてきたがもう断らなくて済む。これからは講師の仕事が増えそうだから有り難い。
 12月は初めて長崎県五島市へ講演に行く。離島は天候が急変することもあり、フェリーや飛行機が欠航することが比較的多いので議員の間は、なかなか受けられなかった。これからは、要請があれば引き受けたい。
 この仕事が一番合っているのかもしれない。ゆっくり、今後のことも考えよう。
 ブログを読まれた方のご意見も聞いてみたいものだ。
 
【2006/10/15 08:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
講演
選挙後初めての講演は博多で「やさしい禅を聞く会」だった。8月から承けていたので予定通りに行った。演題は「幸福の種を蒔こう」で幸福に暮らす為の生き方を説いた。人間が成功するためには運と根気、鈍「おおらかさ」が必要である。ただ何を持って成功と言うか漠然としている。幸福感も人各々基準が違うからだ。なんでも八分目が良い。腹八分目に医者要らずという。人間の欲望は限りないから程々で足ることを知ることが大切だ。(博多からの帰途ツバメ内より)
【2006/10/13 09:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる