FC2ブログ
12月宇土市議会定例会で一般質問をします。
1、 人権啓発活動の取り組みについて
1、今月15日にハンセン病元患者家族補償法が成立した。 ハンセン病問題では、本人だけでなく家族親族まで偏見と
差別によって苦しんで来られた。金銭による補償よりももっと大切な事は偏見と差別意識の解消である。
「らい予防法」が1996年4月に廃止されてから既に23年になるが偏見差別が解消されたとは言えない。
宇土市として、国や県の対応を待つまでもなく人権啓発活動になお一層の努力をするべきだと考える。
部落差別をはじめとするあらゆる偏見差別を解消する取り組みについて伺いたい。

2、教職員の労働環境改善と 教育環境の改善について
1、教師による後輩教師に対する陰湿ないじめが明らかになり国民に大きな衝撃を与えた。本市ではこのような教師間のいじめ
等はないか。

2、教師による生徒に対する体罰はないか。

3、各地で教師が18歳未満の少年少女に対する買春行為や不純性交渉事件が起きている。盗撮行為事件も全国各地で
起きている。
このような行為をする教師がその理由に挙げるのが「ストレス解消」ということがある。教師の労働環境の改善、仕事の
減量化、負担の軽減が必要ではないかと考える。宇土市として独自の対策を講じられないか。
スポンサーサイト



【2019/11/27 21:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
国立療養所菊池恵楓園創立110周年記念式典で感謝状を頂きました。
11月21日午後2時より、合志市の国立療養所菊池恵楓園創立110周年記念式典にご案内を頂き参列しました。その席で毎年母の日にカーネーション、父の日にバラを贈っていることに対して感謝状を頂きました。
 カーネーションは、私が早くから贈っておりましたが、父の日にも平成義塾熊本の仲間で薔薇の花を募金を募って贈っております。バラ募金にご協力頂く多くの皆様に対する感謝状です。76605055_1692395544229644_6289330532354359296_n.jpg
76923997_2378781362437771_2092726031906504704_n.jpg
【2019/11/21 21:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
永代供養付き納骨堂((二基目)、残り少なくなりました。残7軒分のみです。
やすらぎ県民霊園

DSCN0301.jpg
写真は、一基目の納骨堂ですが、同じものを造りました。
あと5段目(90万円・永代供養込み)が5区画と、2段目(60万円・永代供養込み)が1区画残っております。
一基目の5段目も1区画残っております。
1区画に6体分の納骨が可能です。
納骨堂や墓地、樹木葬墓地をお探しの方は、やすらぎ県民霊園にお越し下さい。
...続きを読む
【2019/10/30 14:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇土市議会だより元年10月25日発行に大変な間違がありましたのでお知らせします。
議会だよりの間違いは、令和元年陳情第一号「最低賃金の大幅引き上げと全国一律制度及び、開かれた最低賃金審議会のあり方を求める」陳情で、提出者は、熊本県労連最低賃金キャラバン熊本県実行委員会、実行委員長楳本光男様です。
議会だよりには、「大幅引き上げ」が真逆の「大幅引き下げ」と掲載されています。
とんでもない間違いです。
 この陳情に賛成したのは、福田議員と村田議員と私・藤井の3人でした。
 先程、いつも応援して頂いている市民から電話があり間違いを指摘されました。
私の所には議会だよりが届いておりませんので宇土市議会のホームページで確認して議会事務局長に連絡しました。
私は、来月号の広報「うと」と議会だよりで訂正を求めました。
次号の議会だよりで訂正されますが、余りにも時間が空きすぎますのでご報告致します。
【2019/10/29 15:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガソリンを使った凄惨な放火殺人事件に深い悲しみと強い怒りを覚えます。
 18日、京都市でビルの事務所内にガソリンを撒いて放火するというとんでもない放火大量殺人事件が起きました。
放火された会社は、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区にあるスタジオで70人の従業員が働いていたそうで、約半数の33人が亡くなり、他の殆どの人達も重軽傷を負っているということです。
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、重軽傷者のご回復を心からお祈り致します。

警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以後では最悪だそうです。
京都府警によると、身柄を確保された男は運転免許証などから関東在住の41歳で「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、放火殺人事件として調べているそうですが、何と残酷なことを、怒りが湧いてきます。
 ガソリンとは、本当に恐ろしいものです。揮発性が高く僅かな火花でも大爆発を起こします。瞬時にして周辺の物を炎で焼き尽くします。一度爆発したら水での消化は殆ど不可能です。

 灯油とか潤滑油として使うオイル等は、布とか紙に沁み込ませないと単体だけでは比較的に燃え難いものですが、盃一杯よりもス少ない量のガソリンを混ぜれば、僅かな火の気でも一気に燃え盛ります。それ程、怖いものなのです。

 どんな理由があってこのような凄惨な事件を引き起こしたのか分かりませんが、余りにも愚か過ぎます。
 犠牲者の皆様も突然、このような凄惨な事件に巻き込まれるとは、想像だにしておられなかったはずです。
本当に悲しくて遣り切れない思いがします。
 
 
【2019/07/19 00:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる