FC2ブログ
第21回福岡矯正管区教誨師施設研修会
  昨日から今日の午前中まで第21回福岡矯正管区教誨師施設研修会が熊本刑務所とホテル日航熊本で開催されました。
教誨師と刑務官、約120人が参加し、受刑者と向き合う教誨のあり方を研鑽しました。
教誨師は、大杉蓮さんの映画「教誨師」で少しは知られることになりましたが、地味な仕事です。
憲法で信教の自由が保証されていますから、ボランティアですが、やっている内容は決してボランティアでできる内容ではありません。このような研修会も熊本県教誨師会で企画から運営まで担当します。
教誨師は受刑者を更生させるために真剣に彼等と向き合い、寄り添っています。
教誨師を拝命して23年になりますが、心から反省して社会復帰して行った者も多数おります。
最後の教誨の時、彼等は私の手を握り涙して別れを告げます。その時、教誨師としての遣り甲斐を再認識して誇りに思います。
スポンサーサイト
【2018/11/15 00:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
きつい選挙戦が終わりました。
 9月に入ってから活動報告と藤井けいほう通信を早朝から配り続けて約5,000軒ほどのご家庭に届けさせていただきました。
選挙カーを使っての選挙運動は、1週間ですが、それ以前から実質的な選挙運動は始まっていますから「きつく長い広宣活動」となります。
 64歳の私には良い運動になりました。これがいつまで出来るか、出来るまで続けます。

 議員は、日頃の活動が大事と言われますが、本当にその通りです。
 お陰様で尊敬する王貞治元監督のホームラン数868本と同じ得票数で当選させて頂きました。
多くの皆様のご支援に感謝しております。
【2018/10/16 08:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
宇土市議会議員選挙最終日の遊説日程
おはようございます。いよいよ市議選最終日となりました。
 本日の地元轟地区の遊説日程をお知らせします。
 都合がつく方は、是非ともご来場ください。
藤井けいほう轟地区街頭演説日程表(10月13日、土曜日)
① 椿原町(椿原公民館前)9時~9時25分 (市長応援演説)
② 飯塚(飯塚公民館前)9時30~9時55分
③ 宮庄(池田新興住宅街)10時~10時25分
④ 石橋・宮庄(水源公園)10時30分~10時50分
⑤ 神原・神山(松本様宅前)10時55分~11時20分
⑥ 馬場(西岡神宮前)11時25分~11時50分(市長応援演説)
昼食休憩(事務所)11時55分~12時55分
⑦ 城・神馬団地(神馬団地入口)13時~13時25分
⑧ 栗崎(消防団詰所前)14時~14時25分
⑨ 伊無田(伊無田公民館前)14時30分~14時55分
⑩ 打越(打越公民館前)15時~15時25分
この後、宇土市街を周回します。
19時半より事務所前にてマイク納式を行います。
【2018/10/13 06:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
選挙戦の汚い作戦にご注意ください。
「○○候補は、当選確実だから、こちらの候補に入れて・・・」と電話を掛ける。また、こんなとんでもない噂を流す人達がいます。
国政選挙なら世論調査で傾向は分かりますが、宇土市議選挙ではそのような調査はありません。
特定の候補者を落とし、支援する候補を当選させる為の汚い戦術です。
 今日、伝わってきた話では、私が標的のひとりということでした。
こんな候補者に負ける訳には行きません。市政を任せることは出来ません。

 私は、前回選挙の結果から見ても「落選予定候補者」です。
 現時点で当選有力という候補者は、政党公認候補者の一人とベテラン議員のひとり、そしてこのような作戦を取る候補者と宇土市で一番人口増加率の高い地域の3人ぐらいでしょう。
 このような悪質な噂話に決して惑わされてはなりません。
あくまで、宇土市議として市民の為に働いてくれる資質と能力を有する議員として相応しい候補者を選ぶべきです。
 この4年間に議員として何をして来たか。実績を見ると一目瞭然です。
【2018/10/12 00:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
学校給食費の無償化についての私の考え方
 本日、女性の方から、私の公約のひとつ「学校給食の無償化に賛成できない。従って投票しません」という内容のメッセージが留守電に残されていました。
 私のこの件についての考えを述べて見てたいと思います。

 戦後始まった学校給食は、食糧難の時代に子供たちの栄養不足を補うために始められました。
戦後70年、今の時代はどうでしょうか。
物は豊かにはなりましたが、政治の貧困による国民の経済格差は極めて大きくなりました。
当に貧富の格差が拡大しております。
「子ども食堂」というものが、全国的に増えています。ボランティア団体や社会福祉法人などが週に1回とか2回程度、食事をまともに食べられない子供たちに提供するものです。
 子ども食堂は、とても有難いし素晴らしいことですが、果たして本来の社会の在り方なのでしょうか。
否です。
本来、子供たちは、それぞれの家庭で家族が揃って食べるものです。勿論、家庭の事情で家族が揃うことが叶わず、一人で食べることもあるでしょう。しかし、それでも家庭で食べるものです。
 現実は、経済的に三度の食事が摂れない家庭があるのです。だから「子ども食堂」というものが必要になったということです。
その点で、戦後間もない時代の学校給食と同じ意義があると思います。
子供たちが、学校給食でのみバランスの取れた食事を摂取できるという現実があり、そういう意味で学校給食は極めて大切なものとなっています。
 それ程、学校給食は重要なものでありますが、給食費を払えない家庭があることも事実です。
「給食費を払わない「。払えない」ことでいじめられる子供がいます。
 子供たちにそんな悲しく辛い思いをさせたくはありません。
 私は、子供たちは社会全体で育てるものだという思いも致しております。
学校給食を無償化して「払う払わない」という問題を解決し、子供たちが安心して給食を食べられる状況にすることが今求められていると思います。
 家庭の貧困から子供たちの未来を奪ってはならないと思います。
 宇土市は、市内に家を新築、又は新築家屋を購入して転入する人に対して固定資産税の減免措置を講じています。
 更に学校給食費が無償となれば、「子育てに熱心な町」ということで転入者も増加するでしょう。その人たちは住民税も払ってくれます。人口増による地方交付税交付金の増加も有得ます。
 水町に出来た場外車券売り場「サテライト宇土」は大変賑わっていますが売上金に応じて宇土市にお金が入ります。
今年は、3千万円を超えたと聞いております。
その分のお金が予算の組み方によって使えることになります。
完全無償化は無理かもしれませんが、市の負担金を増やして保護者の負担を軽減することも可能だと思います。



【2018/10/10 00:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる