FC2ブログ
テレフォン法話 (曹洞宗九州管区教化センター)の原稿です。
早くお知らせすれば良かったのですが、曹洞宗九州管区教化セーターの心の電話の担当(7月17日から31日)しています。
下記の電話番号に掛けると音声で聞くことができますが、原稿を掲載します。
092-622-6160
 「愛 語」


こちらは、曹洞宗九州管区教化センター心の電話です。
 
 私達は、日々の生活の中で言葉によってコミニケーションケーションを取っています。
ひとつの言葉で元気を貰うこともあれば逆に傷つくことさえあります。
道元禅師様は、愛語、愛情のこもった言葉を使うことを教えておられます。

 赤ちゃんは、誰がみても純真無垢で可愛いものです。赤ちゃんを見ると優しい言葉を掛けたくなるものです。赤ちゃんを見る慈しみの思いが籠った言葉が愛語であります。
対面しながら優しい思いやりの言葉やお褒めの言葉を頂くと とても嬉しくなります。また、間接的に誰かが自分のことを誉めてくれたことや、言伝(ことずて)を聞くと益々、その言葉を深く心に刻むものです。

 檀家の奥様、さつきさんは、嫁いできてお姑さんから随分といじめられて憎んだこともあったそうですが、ある時を境にお姑さんを憎む心がなくなったそうです。
それは、お姑さんが病の床に就き看病している時のことです。眠っていたお姑さんが寝言を言い始めました。
 何を言っているだろうかと、息を潜めて聞いていると、はなという実の娘の名前を呼んで「はなよ、私は、さつきを随分といじめて来た。心にもないことまで言って本当に悪かった。本当にすまなかったと思うとるとたい。私が死んだら、さつきに『すまなかった』と言うてくれんか・・・」と言います。
 それを聞いたさつきさんは、お姑さんのその気持ちを知って、思わず「ばあばあん」と叫んで抱き着いたそうです。それで、びっくりしたのがお姑さんでした。「あらまぁ、さつきだったとか・・」と恥ずかしそうに両手で顔を覆ってしまったそうです。
その時から、憎しみの心は消えて、仲良く暮らすことが出来たそうです。

 たった一つの言葉で仲直り、たった一つの言葉で生きる喜びを感じるものです。棘のある言葉は、相手から生きる気力を奪い、死に追いやることさえあります。同じ言葉を発するなら真心のこもった優しい言葉を使いたいものです。

スポンサーサイト
【2018/07/27 14:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大水害に国を挙げて対応すべきだ。
  気象庁が「災害が起きる可能性があります。早めに避難して下さい」と何度も何度も呼び掛けているときに大宴会。
 まして、翌日朝には、オウム真理教の元教祖麻原彰晃ほか幹部7人が死刑を執行されることが決まっていたはずです。
 上川法務大臣も一緒に大宴会とはも如何なものでしょうか。
 死刑執行のボタンを押したことのある刑務官が「自分が押したボタンによって、人ひとりの命を奪うことの重みを考えると嫌な役目ですよ。その重みをずつと背負っていくのです・・・」としみじみと話してくれたことを思い出します。
 7人もの死刑を執行するのですから、法務大臣としても相当大きな葛藤があったと思います。
 この笑顔の集合写真からは、なんの緊張感も感じません。
今回の大水害は、速やかに「激甚災害」に指定して政府を挙げて対応に当たるべきです。
 外遊などしている場合ではないと思います。 photo.htmphoto2.htm

【2018/07/09 01:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇土市議会6月議会における私の一般質問の要約を公開します。
「2.4.5Tダイオキシンの撤去について」
問 4月30日の読売新聞に、白山山麓に埋設されているダイオキシンの記事が載った。先日、東京のテレビ朝日から「羽鳥慎一モーニングショーで取り上げたい」と連絡があった。
宇土市の埋設地が全国放送されると風評被害が起きる可能性もある。従って、行政としてしっかりと対応していること、営林署が安全に管理していることを確認しなければならないし、更に本市としては「完全撤去」を求めていることを示さなければならない。
全国で54ヵ所に埋設されている除草剤は、ベトナム、カンボジア戦争でアメリカ軍によってジャングルの木々の葉を枯らすために撒かれた猛毒のダイオキシンを含む除草剤だ。
本市の場合、2055キログラムという「1ヵ所に300キログラム以内」という国の指示に反して7倍もの量を1か所に埋設している。
今こそ、完全撤去を実現すべきだと思う。

答 本市の基本的な考えとして、完全撤去を求めて行くという姿勢に変わりはない。
また、撤去の要望については、これまで継続して九州森林管理局長宛に提出しており、直近では平成30年2月に撤去要望を行っている。
 今回の新聞記事について、林野庁に問い合わせをしたところ、現在、政府の地震調査研究推進本部の資料等を参考にして、断層から埋設地までの距離を考慮し、どれくらい影響があるか検討しているところであり、その後、影響が懸念される埋設地については、除草剤の撤去も検討することになるとのことだった。
しかし、撤去の検討については、撤去した後の除草剤の無害化処理技術が、まだ確立していないため、そのことも考慮した検討になるとのことだった。従って、完全撤去の実現には、まだ、相当な時間がかかると思われる。
そのため、本市としては、九州森林管理局に対して、完全撤去を強く働きかけていきたい。(市長)

問 私は、科学専門の学者からダイオキシンの無害化処理は可能だと聞いている。実際に五島列島や四国では完全撤去されている所もある。埋設されてから47年、今こそ「完全撤去を実現する」という気概で臨んで頂きたい。その為に、営林署と担当課と議会も含めた協議の場を改めて設けて頂きたい。
答 国に対して完全撤去を求めていく中で協議の場を設けることは意義があることと考える。早期に実現できるよう九州森林管理局と協議をしたい。(市長)

要望 市長も私も現職の間に完全撤去実現したい。市長の答弁の実現をお願いする。
【2018/07/06 10:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
15日16時に菊池恵楓園に父の日のバラを届けました。
沢山の方々のご協力を頂き今年も届けることが出来ました。
心から感謝しお礼申し上げます。

【バラ募金にご協力いただいた方々】
命の尊厳を考える会 様
大河原啓子 様
滝口洋子 様
本田雅晴 様
堀田 実 様
西田裕美子 様
山﨑 光 様
浅枝秀正 様
藤井慶峰
上田欣也 様
芥川道子 様
坂本一生 様
神嵜 葵 様
鷹濱美春 様
飯田早苗 様
加島裕士 塾長
清田好彦
🌟ご協力ありがとうございます。
【2018/06/24 11:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄慰霊の日、相良倫子さんの魂の言葉
相良倫子さんの平和への祈りの言葉

クリックすると読めます。
【2018/06/23 18:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)


藤井慶峰の日々を綴るブログです。法泉寺のHPへ

プロフィール

藤井慶峰(ふじい けいほう)

Author:藤井慶峰(ふじい けいほう)
1954(昭和29)年5月、宇土市生まれ。
 ペットは愛犬レオとルナ(10年前に捨てられていた雑種犬ですが気が利く我が家の番犬です。レオはオスで門番をしています。お参りの人や用があって来た人は笑顔で迎えますが、怪しい人には吠えます。但し、夜は見知らぬ人には吠えますのでご注意。(噛みはしません)八幡大学第2部法律学科卒業、法泉寺26世住職 大本山総持寺布教師 曹洞宗九州管区教化センター布教師 九州四十九院薬師霊場会理事 熊本市人権啓発推進総室講師 保護司 熊本刑務所教誨師 平成義塾熊本前塾長 ハンセン病市民学会宗教部会世話人 人権啓発映画「新あつい壁」製作上映実行委員会事務局世話人  環境ネットワーク熊本会員 宇土の文化を考える市民の会世話人 不知火竜馬会会員 自殺防止ネットワーク風熊本相談所 
 宇土市議会議員(3期目)

(好きな言葉)希望は高く頭は低く   実るほど頭の下がる稲穂かな    身を削り 人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し
(尊敬する人)お釈迦様  マハトマ・ガンジー  横井小楠  坂本竜馬  吉田松陰 田中正造 西郷隆盛 小松帯刀 天璋院篤姫
(著書)美しい地球と未来を子供たちに ㈱ぱんたか刊 1300円 この本を送料・税込み1000円で差し上げます。

過去ログ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる